すべては引きかえの法則のもとに

全ては引きかえの法則のもとに

何かを得るには何かを出す、捨てる、掃き出す…

「出すのはイヤだ」「捨てられない」「出来たらタダで、もっと安いところで」
この考えが習慣として体にしみついてしまうと、どうなるのか?

何と消化器系、内分泌系、脾臓と膵臓に影響が出ます。

これらは価値観の臓器と言われ(本当です)食べたものを吸収しやすく
液体化します。でもそこで終わらない。そこで主にタンパク質、脂質、糖質を
見極め消化吸収しやすいよう臓器が消化液を分泌します。

その量なんと約8リットルです。少しでもそれができなくなってしまうと
糖尿病や胃潰瘍、口内炎、膵炎を起こします。消化して吸収することは、
選ぶことが必要で、体に対しては食べ方、食べるものを選びます。

「腹が満たされれば何でもいい」という価値観では消化器系を傷めて当然です。
それとよく噛まず味わうことなく早食いでも同じです。

それでは心ではどうでしょう。体の栄養は食べものですが、
心の栄養は良い話と感動です。
しかし人によって話しを聞かない、全然感動しない無感動の人がいます。
これは価値観の違いで、話しの内容から価値を見出さないからです。

いわゆる無価値観、自他共に価値観を見出せない、大事にできないのです。

「すべては出した結果が今の状況」です。今、得られていないのであるなら
出していないのです。価値を見出せないのです。

体の身になるように食べるものを選び、よく噛み味わうと消化液が分泌され
分解して低分子になりよく吸収しやすくなります。

これと同じように
良い話も悪い話も選べて、よく聴き理解できるように価値観を高めます

無価値観になるといろんなことが受け入れられなくなり、
他人にも自分にも許しの感情が乏しくなります。
「これはイヤ」「これもイヤ」「許せない」「認めない」

まずは自分のこれまでの凝り固まった考え方を全部出して
掃き出しましょう。捨てましょう。出さないと新しいものは入りません。

得るは捨つるにあり、心も体も同じ理(ことわり)、法則なのです。

YURAGI 量子整体とは

前回電子書籍で出版した「大事な人が病気になったとき知って欲しいココロとカラダの原則」では
心が体に与える影響を紹介しました。
身体の各器官、臓器は自然の法則に従って機能し狂いなく正確に働いてくれています。

その働きが5大生理の【吸収、 分解、代謝、循環、排泄】です。

一方で心では吸収=学ぶ、受け入れる、分解=選ぶ、循環=与える、代謝=変わる、
排泄=分けることです。

この両方が正しく出来ている人は体と心が共鳴していて元気(還元力)が高い人ですが、

学ばない、選ばない、与えない、変わらない、分けないなどの考え方の人は
心と体に非共鳴を起こし邪気(酸化)が高まります。

体調が悪いと体だけに目が行きがちですが、体には心が備わっていて心身一体ですから、
なぜ体調が悪くなったのか原因は当然、心にも要因があるのです。
体の不調は心にも原因があることを知らせ
るため症状として現れたのです。


(そんな内容になってます)

肉体は年をとれば衰え成長しませんが、
心は学ぶ、成長する、理解する、イヤなことは忘れて変わり続ける、
感謝し謙虚になることなどで心は、いくつになっても成長できます。
これが心と体が共鳴しているということで、見た目も若く見られるのです。

しかし、「学ぶ?今更勉強なんて」「なんで私が与えるの?」「何の得があるの?」などと、
変わりたくない、正しく解釈しない、そんなの必要ないなどの体の働きと心の働きを間逆にすると、
非共鳴になり体を酸化させ老化を促進させます。

そして、それらを非共鳴から共鳴にリセットさせるのがゆらぎ療法、量子整体の目的です。

笑いもゆらぎです。重篤な癌患者にお笑いの番組を観せるとガン細胞が消滅したという例が多くあります。
これは病気になるような非共鳴の周波数を笑いによって、共鳴にリセットした結果、自己治癒力が高まったためと言われています。

このように体だけを視たのでは分からないことが、量子論では共鳴か非共鳴かで説明することができます。

心が電子の状態(量子)を身体に伝え、身体を変えます。これは、自らはもちろん、
心からのアプローチをして身体を変えることが出来ますが、

他人の体にも正常な各器官、臓器が持つ波動に共鳴させることもできます。
それが量子整体ゆらぎ療法です。

体には毒を作る機能が備わっているのはなぜでしょう


体には毒を作る機能が備わっているのはなぜでしょう。

体内でつくられる毒の正体は原子のレベルまで小さくすると
電子を奪い暴れまくる活性酸素になります。活性酸素は猛毒です。

活性酸素が恐ろしさが世にでたのが阪神大震災で話題になった
挫滅症候群(クラッシュ症候群)です。

1995年1月17日の阪神・淡路大震災でがれきの下に埋まった状態から救出された人が数時間経った後に症状が急に悪化し、死亡した例は多数に上りました。

これが俗にいう「クラッシュ症候群」(別名:クラッシュシンドローム・挫滅症候群)と呼ばれるもので、この時はまだ一般に広く認知されていませんでした。

概算の記録で少なくとも372人が発症し、そのうち50人が亡くなっていいます。これを契機に日本ではクラッシュ症候群が認知されるようになり、災害医療のあり方も大きく変わりました。

クラッシュ症候群は、がれきなど重いものに腰や腕、腿(もも)などが長時間挟まれ、その後圧迫から解放されたときに起こります。

筋肉が圧迫されると、筋肉細胞が障害・壊死を起こす。それに伴ってミオグロビン(たん白質)やカリウムといった物質が血中に混じると毒性の高い物質、活性酸素が蓄積されます。またこの時におかれた恐怖とストレスもあって大量の活性酸素が発生します。

その後救助される時に圧迫されていた部分が解放されると、血流を通じて更に活性酸素が急激に全身へ広がり、心臓の機能を悪化させて死に至るのです。

たとえ一命をとりとめたとしても、その後腎臓にもダメージを受け、腎不全で人工透析、最悪亡くなってしまう場合もあります。

また活性酸素は電子を奪いDNAをキズ付け細胞にある遺伝子情報を狂わせ癌を誘発します。

そんな極悪人のような活性酸素は体を酸化させる最悪の犯人と言われていますが、
実は体になくてはならない役割を持っています。

体の中に菌やウイルスが侵入した時に活性酸素が菌やウイルスをやっつけてくれます。
免疫機構に癌細胞を攻撃するNK細胞という免疫細胞は、活性酸素をつかって癌細胞を
死滅させます。

ストレスがなぜいけないのかは、体内で活性酸素を発生させるからですが、そもそもは極度な恐怖や緊張した時に、怪我で出血しても血が固まって大量に出血しないように体は守られています。

まだまだありますが長くなるので…

身体には毒を作る機能が備わっている?

吐き出される息にどんな成分があるのか、とても興味深いお話しを見つけました。

私たちの息は吐く息では、79-80%が窒素、19-21%が酸素、3-5%が二酸化炭素だそうですが(その時の状況で微量には変化する)。それらに水素が溶け込んで主に4つの元素で成っています。

心が私たちの身体におよぼす強大な力についてお話します。

『ハーバード大学のエルマ・ゲイツ博士が発表した、衝撃的な実
験結果をご紹介します。
(参考:『眼からウロコが落ちる本』<笠巻勝利 著、PHP文庫>を参照)

人間が吐きだす息を冷却すると沈殿物ができるのですが、人間の心の状態
によって、沈殿物の色が違うことがわかったのです。

・健全な精神状態の時に吐く息の沈殿物は 無色
怒っている時に吐く息の沈殿物は 栗色
・悲しんでいる時に吐く息の沈殿物は 灰色
後悔している時に吐く息の沈殿物は 淡紅色

そして、人間が怒っている時の息の沈殿物(栗色)を水に溶かしてネズミ
に注射したところ、わずか数分でネズミは死んでしまいました。

どうやら怒りの感情は、人体内に毒素を作るようですね。

激怒して、怒りのあまり顔色が悪くなったり、気分が悪くなる人が
います。
また人は、怒りのあまり気絶することもあります。

一方、明るい気持ちは免疫力を高めると言われています。

「明るく笑って生きることが健康の秘訣」とか
「怒りは健康の敵」ということは、多くの本にも書いてあります。

また、「明るく朗らかな人柄」は、長寿のお年寄りに共通することでも
ありますね。』

などとありました。私が興味を持ったのは
自ら毒を作れてしまう機能を備えていることです。
毒を作ることって何で必要なのか?

実は毒は使いようによっては妙薬になるからです。

化学的な分子構造からしても薬は毒とも言えるのです。
不思議にも私たちは体調を崩したとき薬を飲むと回復するのはなぜでしょう。

続く

五情の怒り、喜び、憂い、悲しみ、恐れは酸化という科学反応


私は
五臓(五つの臓器)と五情(五つの感情)の関係なんてよく理解してませんでした。
怒り💢肝臓
喜び✨心臓
憂い🌧脾臓、膵臓
悲しみ💦肺
恐れ😱腎臓
なんのこと⁉️そう思われた方も多いでしょう。

しかし感情(心)が臓器(体、物質)に与える影響は量子論が理解出来れば答えは簡単です。

五情の怒るから、悲しむから、恐れるから得られるものがあれば、逆に失ってしまうものもあります。
五臓はどっちも備えているのです。

すべてをエネルギーに変えてしまう力を持っているのが全知全能である五つの臓器なのです。

これこそが酸化するから還元出来る。量子論の酸化と還元の法則そのものです。
マザーハンドプルーフでは日常で起こる出来事、人間関係や仕事の問題を酸化と還元に置き換えて、再現性のある科学の法則で考えて問題解決できるスキルを身につけるセミナー、講習を行なっています。

五情の怒り、喜び、憂い、悲しみ、恐れは酸化と捉えれば、必ず還元に向かう
ことができます。

恐れは無意味にビクビクすると取越し苦労をして心が疲れてしまいますが、
大きなことを成し遂げた人ほどビビりだと言います。

大業を成し遂げたビビり代表は天下人徳川家康です。
自らを臆病者と公言するほどのビビりだったのは有名です。
もし徳川家康が度胸が有って命知らずだったら、徳川家は存続していません。
五情をエネルギーに換えて酸化を還元に引きかえできるのです。

続きはまた

断捨離の臓器?、見極め見守りの臓器?、受容の臓器?、恐れの臓器?、いくつもの顔を持つ腎臓さんを人で見立てたら、(1)

まず腎臓さんが私たちの体で何をしてくれているのか?主に体内の水分の濾過をしています。

私たちの体の60〜70%は水分で、体重50キロであれば約35リットル弱が水分です。

その内の血液、細胞間液、リンパ液、その他分泌液が体を循環していて常に巡っていて、酸素や栄養を運び老廃物の二酸化炭素や代謝物を回収して体外に排泄します。

気体の二酸化炭素は吐く息で排泄されますが、液体としては尿で排泄されます。
その量1日約1.5リットルですが、腎臓さんを通過し濾過する体の水分は1日160リットル強です。

わずか1%…と思われますが、それだけ要らないものだけ振り分けて綺麗にして体の水分が使われているのは腎臓さんのおかげです。

要らないものを見極めて捨てていく断捨離の臓器です。

「捨てる」ことは本当に必要なものを見極めることでもありますが、何から何まで捨ててしまうのではなく 、99%最後の最後まで見守りして1%捨てることから受容の臓器ともいわれています。

総合して人格にすると忍耐があって我慢強い、よく気がついて反応する。

腎臓さんが恐れの臓器といわれているのは、単に腎機能が低下すると意味もなくビクビクしやすくなるだけではなく、
恐れによって起こる、このままではいけない!という危機感のエネルギーも秘めています。

極度な恐れに襲われた時、副腎からノルアドレナリンという興奮物質を出して危機を脱出します。

火事場の馬鹿力を発揮するのも、怪我の際に出血して血を固めるのも、恐れの感情から生み出す産物で、恐れがあってこそ力を発揮できるのです。

続く

本の紹介(2) 引きかえの法則

 

続き

欲しいが強くなればなるほど反発が生まれ離れていくのです。
「欲しい」のであれば「与える」。「貰いたい」のであれば「してあげる」。
与えて与えられる。してあげて貰える。これが引きかえの法則です。

このように、引きかえの法則(吸引と反発、酸化と還元、相対の理論)を
日常のすべての事例に当てはめ意識していれば、人間関係、夫婦、親子間で起こる問題や
他人を嫉妬したり羨んだりすることもなくなり、
冷静に物事を見ることもできて、落ち込むことが無くなります。

なぜなら、負を背負っても「その裏にプラスもある」と直ぐに気持ちを切り替え、発想の転換で次の正につなげることができるからです。

良いことも悪いことも同じくらいあるのが人生です。そしてこれは平等なのです。
そして、お金を得ることは、体をふくめ時間と労働、知識と経験という代償を差し出します。
よくよく考えると、今、自分が存在しているのは、今まで多くの人の代償の上に存在していることに気付かされます。

【代償】を辞書では
1 本人に代わってつぐなうこと。
2 他人に与えた損害に対して、金品や労力でつぐないをすること
3 目的を達するために、犠牲にしたり、差し出したり、失ったりするもの。
4 欲求などが満たされないとき、代わりのもので欲求を満たそうとすること。

そもそも、私たちが日本の国に住んでいられることも、とても有り難いことなのです。
こうして安心して過ごせるのも、過去に日本の国を守るために命を懸けた多くの人たちの犠牲があったから今があるのです。

それを知らずに何かあると、やらされた、とばっちりを受けた、割に合わないことをされた、理不尽な思いをした、 どうして私だけが、そんな経験が誰でもありますが、総合して私たちが今あるのは、誰かの犠牲が無いと存在しません。

自分が人にやって貰ったことと、人にやってあげたことの数を比べたら分かります。

世の中は自分が何かをして貰った分だけ、引きかえに誰かに何かをさせて貰う、何かを差し出すように出来ています。これが真理です。

最近は言ったもの勝ちクレーマーモンスターペアレンツ、こんな人が増えています。もし人に、やってもらうことが得なことで、やって貰わなければ損だという考えがあるなら、この引きかえの法則を知って下さい。

「タダでやってもらう」「無償で手に入れたい」という考えはやめましょう。
自分にしてくれた分は必ず、どこかで誰かにしなくてはならないように出来ています。これが引きかえの法則です。法則ですから絶対に逃れられません。

それを理解して引きかえの法則が納得できると、困難、災難が無難に、絶望が希望に、苦難は幸福の入り口と感じることが出来るのです。

 

本の紹介(1) 引きかえの法則

 

あなたは、してもらう人?してあげる人?エネルギー好転の原理とは
量子論 引きかえの法則 超ド級スーパーポジティブ人間になれる法則はこれだ!
著者 皆実之 一はじめに
第1章 エネルギー好転の原理
1【酸化から始まる】量子論的に全てを考える
2【何かを引きかえにするとは】与えたものが与えられる
3【幸せ感と快楽との違い】幸せの引きかえは努力、快楽との質の違い
4【苦難は幸福の狭い入口】酸化と還元は波
5【自ら酸化に向かうこと】酸化としっかり向き合う第2章 感性を高める共鳴と非共鳴
1【素粒子の動き(量子)】悪いだけのものは無い
2【固有の振動数、波とは】電子の軌道、波
3【体は心(思考)からつくられている】電子が物質(体)をつくる
4【心からも言葉からも物質は影響を受ける】言葉で電子がスピンアウトする
5【引きかえの法則と共鳴、非共鳴】電子の波、周波数
6【様々な感情、気質がカラダに非共鳴を起こす】量子と性格習慣病
7【共鳴力が最高の自己治癒力を高める】量子と恒常性第3章 奉仕、ボランティアをすること
1【先に差し出す】仏教は科学 視えないツケ(業)を説いている
2【巡り巡って自分に還ってくる】世の中の動きと電子の動き
3【出さないと酸化する】エンドロピー増大の法則
4【相対を繰り返す】エネルギーを高めるために
5【豊かな自然こそが学びを育む】自然も引きかえの法則がある最終章
1【環境という場の量子、正と負】引きかえの法則の実践は与えること最後に

引きかえの法則をご存じですか?
引きかえの法則を意識することは、究極のプラス思考です。それは
「すべては相対から出来ていて、みんな平等で人生プラスマイナスゼロなのだ!」
これが理解できれば、嫌なこと、つらい事、理不尽なことがあっても戸惑って迷うことなく自分を冷静に保つことが出来ます。

何かを手に入れる、得ることは、それによって、「喜びと悲しみ」「楽しみと苦しみ」「得ると失う」「良いことと悪いこと」など、もう一つの代償を一緒に受け入れなければなりません。すべては何かと引きかえにして成り立っているのです。

楽しいだけ、喜びだけはありません。光には影があり、裏がない表はありません。右だけも、左だけもありません。必ず相対があります。
恋い焦がれた彼女ができたとします。その時は嬉しいでしょうが、彼女と付き合うことは、嬉しさの反面、彼女の聞きたくない話や見たくはないところが必ずあるのです。
これを受け入れることが「付き合う」ということなのです。(彼氏ができた~も同じ)

愛情が深くなる程、自分の気持ちを「分かって欲しい」「気づいて欲しい」
「関心を持って欲しい」「欲しい」「欲しい」になってしまいます。
欲しいというのは、意欲と捉えることもできますが、科学で例えるなら、
それは吸引になり、吸引には反発が生じます。

次へ