量子論 お金はエネルギー

引き寄せの法則

エネルギー理論とは

エネルギー理論 やる気を引き出す3つの提言。「やる気とその気を使い分ける」いきなり「やる気」にはなりません。「やる気」にさせるには、やる気の前の段階、「その気」がある。と言います。この話は私が20代にセールスをやっていた頃、師匠がいまして...
量子論 お金はエネルギー

不安(酸化)というエネルギー 「何とかなるさ(還元)」では「なるようにしかならない」

「何とかなるさ」と「何とかしたい」 老後、お金の不安、心配事(酸化)があったとき「何とかなるさ(還元)」と聞くと少し気が楽になります。 心配して事態が変わるものではありません。 確かに「なるようにしかならない」のですが これで終...
引き換えの法則

「何とかしたい!」を何とかするには 「あげられる人」になる

「何とかしたいを何とかする」は「酸化を還元する」こと 「お金がかかることは⋯」と言ってあきらめる やりたいことにフタをする。 確かに「先立つ物」はお金です。 「先に出すから入る」ということで「出入り」と云います。 (入り出とい...
引き寄せの法則

「何とかしたい!」は「何とかなる!」

問題は問題ではない 問題があることより、問題がないことのほうが問題だ。 そんな話を聞いたことがあります。 科学でいう酸化がないのは法則に反しますから崩壊します。 体に例えると 細胞にも寿命があって、だいたい内臓は 約2〜3か...
量子論 お金はエネルギー

「何とかしたい!」酸化を還元するエネルギー 引き寄せ

お金は酸化を還元させることができるエネルギー 何をするのにでも「先立つもの」が必要です。 お金が無いと始まりません。だからお金のある人にみんな引き寄せられます。 エネルギーの高い人はお金と人やものを引き寄せ、 エネルギーの低い人...
量子論 お金はエネルギー

「何とかしたい!」の酸化は還元できる

「あきらめ」という酸化 酸化はエネルギーにもなりますが 「あきらめ」という酸化はエネルギーを生まないどころか腐っていきます。 なんで、あきらめるのか? それは何もしないでいた方が楽だと勘違いしているからです。 「何とかし...
量子論 お金はエネルギー

あったらいいな で出来る進化していくお金

アナログの金 デジタルの金 これまで人類が掘り出した金は約14〜15万トンといわれます。 現在も金は採掘されていますが 世界にある金の鉱山を合わせても採掘出来るのは年間2,000〜3,000トンで あと20年で取れなくなる...
引き寄せの法則

あったらいいな(酸化)で経済(お金)を引き寄せる

酸化とは 全ての「もの」や「しくみ」は原子からなります。 「もの」は 空気 水 山 生命体 動植物、もちろん私たち人間も 今、手にしているスマホもカバンも服、時計も全部原子でつくられています。 そしてこれらの ...
量子論 お金はエネルギー

あったらいいな…世界共通のお金ビットコイン

インターネットは世界中につながっている 水道、ガス、電気、電話のインフラが整っていない国や地域でもインターネットだけはつながっています。 しかし問題は銀行が近くにありませんから、 銀行口座、クレジットカードを持てない人がほとんどで...
量子論 お金はエネルギー

あったらいいな⋯ お金はエネルギー【酸化と還元】

お金はそもそもエネルギー 石を特殊な形に削ったものを物と交換出来るようにしたのが貨幣のルーツで 貝殻や鉄銭、銅銭や金貨、銀貨、紙幣に進化しましたが 現在に至るまで 「これは問題があるぞ⋯」「だったらこうしよう」「また問題が起...
タイトルとURLをコピーしました