全てはゆらぎで出来ている エネルギー理論

エネルギー理論(ゆらぎ)とは、

大まかに言えば、宇宙がつくられた原理原則で、大自然の山や川、海

森羅万象の成り立ちも、生命体も生態系が保たれているのは全て「ゆらぎ(波動)」エネルギー理論で創造されました。

もし、この法則から外れることがあれば退化し崩壊していきます。

私たちの体も、世の中も、自然も宇宙もエネルギー理論(ゆらぎ)でつくられ

ゆらぎは宇宙の波動で「創造のための閃き」です。

不便を便利に、不足不満を満足に、不快を快適に、病気を健康にしたい!

不幸を幸せに、苦を楽にしたいと考えたとき、その思いは波動になって

ゆらぎと周波数が合ったとき気づき、インスピレーション、閃きがあり新たなものが創造されます。

このように、相反する二つのもの(相対)が無いと、新しいものをつくる

エネルギーを生み出しません。

バランスの法則(相対の法則)

全てのもの、自然現象や生命体は、全て「2つのもの」で出来ています。

植物も雄シベと雌シベ、生物はオスとメス、人も男と女がいないと種の保存は出来ず絶滅します。

相対を辞書で引くと

他との関係の上に存在、あるいは成立していること。」

例えばプラス+とマイナスー、左右、上下、表裏、陰陽、明暗、男女などが例に挙げられます。

物質の根源が、原子の陽子の+と電子のーで構成されているように、

全てのものは相反する2つがバランスをとって成り立っています。

目に見える、ものや人などの物質だけではなく、

社会の道理(倫理)や働きもエネルギー理論、ゆらぎで出来ています。

苦難は幸福の狭き門

苦と楽は一体で、苦だけも、楽だけもありません。二つで一つの一対です。

2つを分けることはできず、片方が欠けたら成り立たず崩壊(酸化)してしまいます。

楽は苦のタネ、苦は楽のタネ

ずっと楽しいことが続くことが、幸せではありません。

幸せを気づかせてくれるのは、相反する辛い出来事です。

また楽ばかり求めると、同じだけの苦が返ってきます。

逆に、やりたくないこと、苦しいを進んで行う。

今まで、やれなかったことを努力してみると、次第にやれるようになり楽しくなってきます。

最初はなかなか、できなかったことが、ふとしたことでコツをつかんで出来た瞬間があります。

補助輪無しで自転車に乗れたときや、

上手くスキー板に乗れた瞬間。

ゴルフで良い感じにショット出来たことなど。

成長して次の段階に上がる瞬間が

「ゆらぎ」でありエネルギー理論なのです。

参照著書 世界は「ゆらぎ」でできている

感謝経済との出会い15

日本は感謝「ありがとう」で創造する国

日本の社会は感謝で成り立っています。

日本に住んでいれば誰とでも連絡が取れますし、

情報を制限されることもありません。

治安も良く、安心して一人で夜に歩くことも出来て、

全く問題が無いと言えませんが、法治国家として

時代の流れに合わせ法律改正されながら成長しています。

日本の底力

不満から満足
不便から便利
不通から開通
不安から安心
負荷から成果のように
酸化と還元を繰り返して段階上げて
不可能を可能にしてきました。

東京は関東大震災と東京大空襲の間の23年で

2回も焼け野原になりました。

しかも戦後焼け野原から復興して19年で

東京オリンピック招致と日本人の底力は計り知れません。

勤勉な国民性  日本人と八百万の神信仰⁈

日本人は約束を守る。納期を守るのは当たり前。

電車、バスも時間通りに来て、到着も正確です。

日本人にとってそれが当たり前であり、普通なのです。

それはどこから来ているのでしょう。

日本人は古くから暦と共に生活を合わせ

暦歴とは宇宙の周期で極めて正確です。

日本人の尺度や感性の原点は「和暦」

二十四節気(太陰太陽暦)の季節の巡りによって人は生かされていて

自然と一体で森羅万象と共に共存していると考えます。

そして同じ様に、すべてのものに神が宿る。

そう信じられ暦歴と調和することが

「八百万の神」信仰です。

これは日本人の、豊かな自然を繊細に感じ感謝する、

畏敬の念そのものです。

八百万の神の正体    二十四節気は宇宙の周期

日本人が素直で勤勉なのは

自然と調和することは時間(暦)と調和することと考えたことです。

それが自然に対しての敬意であり感謝なのです。

日本人が時間を重視する意味がここにあるのです。

感謝経済との出会い14

感謝経済のスイッチまずはやってみる

全ては「ありがとう」から

「感謝されたい」というのは

「自分を良く思って欲しい」

という自己承認欲求です。

自己承認欲求を否定することはできません。

例えば誰か気になる人がいて、

その人に優しくする、

気をつかうなど、

相手に気に入られるよう振る舞うことは、

人間社会でごく普通の行いです。

実際に行って相手に気に入られるかどうかは(やり方にもよる)

結果がどうであれ、やってみてこそ経験値が付くのです。

感謝経済でありがとう集め

オウケイウェブ 感謝経済プラットフォーム

ありがとう。感謝すること。感謝されることには、

絶大な力、エネルギーがあります。

今の世の中はこのエネルギーが働いていて、
全てのものが創造されています。

このエネルギーから外れるもの、

感謝が無い。ありがとうが存在しないところには崩壊の道が開かれ消滅していきます。

それだけ感謝のエネルギー、力は絶大です。

感謝のエネルギー、力がすごいという原点は

人の念が国をも創造する。

これは分子レベルで起きている現象ですが、

人の念(今の心)が物質に影響を与える一つの例です。

人の念が酸化させる
これは水分子に与える影響で例外はありません。

お茶を点てる。コーヒーを淹れる。

お米をとぐ。料理を作ることも。

農業も工業も製造も、

建築、土木、街景観も全て

人の思いで創造されています。
全ては同じもので構成されている
これらは感謝「ありがとう」というお互いの敬意、畏敬の念があってこそで、

まさに日本の風土、民度にはそれがあって日本国が成っているのです。

天皇家に対する日本国民の思い。

天皇陛下の国民に対する思いが象徴しています。

これが

無関心、邪念「ばかやろう」怨み、つらみからは何も生まれませんし、何も出来ないのです。

感謝経済との出会い12

やらない善より、やる偽善の方が良い

ゴミ拾い、清掃ボランティア、公園の清掃、

トイレ掃除をやったことがある人なら分かりますが、

最初は何か「人のために良い人でしょアピール」しているような、

最初はなぜか照れくさいと感じます。

でもやってみて、

それは全くの勘違いだと気づきます。

やっていくうち「自分のためにやっている」と感じはじめます。

ボランティア、奉仕活動をして

確かに人に喜ばれますが、

やった後、それ以上に自分が清々しくなっています。

そう考えると

「良い人でしょアピール⁈」って一体なんでしょう?

互いに助け合うのが日本の風土

困った時にはお互い助け合う。

日本は災害国家で地震、津波、噴火、台風と

数年に一度は壊滅的な災害に見舞われます。

しかしその度に、助け合って復興し立ち直ります。

外国であるようなスーパーを襲撃したり、物資を取り合ったりしません。

逆に「お先にどうぞ」というように相手にゆずります。

良し悪しにつけ個人が前に出ないシャイなところが日本人です。

ですが集団になると力を発揮するのです。

実は「良い人でしょアピール」みたいで照れくさいというのは

羨ましいの裏返しで、本音は良い人になりたいと考え、

積極的に奉仕活動、ボランティア活動に参加して

人のためになりたいのです。

私は東日本大地震でボランティア活動に行った時

正直、本音は「自分は良い人に思われたい」

ありがとう

「人のために役立ちたい」と半々で、

明らかに、やる偽善のスタートでした。

結果的に何度も呼ばれて13回足を運び

少しでも役に立てたのではと感じます。

感謝経済との出会い11

やらぬ善、やる偽善

オウケイウェブの感謝経済プラットフォームは、

ブロックチェーンのテクノロジーを使って

感謝やありがとうの敬意を目に見えるようにします。

その人、その企業、組織が

「どれだけ感謝されているのか」

「どれだけありがとうをもらえたか」の評価を公開するものです。

企業は評価を公開することで、宣伝広告をPR出来てイメージアップにより集客、求人などに役立ちます。

企業はこれら広告宣伝に多額な費用を投じています。

個人評価を高めることでも

個人に関しても、就職の際に他者貢献によって得た評価を見せられるため

履歴書より効果的で本人の強みになります。

これは就職活動に限らず、婚活にも活かせますし、

日頃から人に尽くすことで具体的に「ありがとう」集め活動が出来ます。

人に感謝されるには

これを聞いて違和感を感じる人もいるでしょう。

感謝されたいから、「ありがとう」を言われたいからするの?

偽善的に感じる…。

確かに

私も7年前、東北の震災の被災地にマッサージのボランティアに行きました。

別に使命感に燃えて行ったのではなくきっかけは、

ある方に誘われたのと

会社のイメージアップになるかとの偽善的な考えでした。

でも実際に行ってみて、驚いたのは被災地の惨状に関わらず、

私たちのことを明るく迎え入れてくれたことと、

私たちが来てくれたことに喜ばれたこと、

感謝されたことです。

それから気を良くして結局13回も岩手を含め宮城県の仮設住宅にボランティアでマッサージに行きました。

やらない善、やる偽善

同じ善なら、やる偽善の方が何かを得ます。
やらない善は何も得るものは無く、その差は大きいのです。

被災地の方に喜ばれましたが、

同じくらい私も喜びを得られたのです。

感謝したいのは私たちの方だと感じました。

ありがとう東北

感謝経済との出会い⑩

相対の法則  対立の原理

与えるから与えられる

自然が男女、オスメス、昼夜、陰陽、明暗、裏表、上下、左右で出来ているように片方だけはありません。

片側があって、片側の存在が成立ちます。

全てはこの法則、原理で出来ていて例外はなく、

この原理から外れると消滅して行きます。

支えるから支えられる

感謝する、感謝される

現象に限らず、世の中も相対で出来ています。

順調困難、良好逆境、

善悪、健康病気、

するされる、与える与えられる、

成果負荷、幸不幸などなど

対立する状態で成り立っています。

例えば幸不幸でいうと、

ずっと幸せという状態は幸せか⋯?というと微妙で、

幸せが当たり前になってしまっている状態、とてもそれは不幸だと言えます。

幸せを本当に感じるときは、対立する不幸があってこそです。

不幸な出来事によって、何気ないことでも幸せを感じさせてくれるのです。

誰もが望まない逆境も困難も病気も同じことで

順調、良好、健康と表裏一体で片側だけを望むことはできません。

与えて与えられる。感謝するから感謝される。

「感謝されること」は「感謝すること」と一体で、

切り離すことは出来ず、同じだけ大事です。

多くの人から感謝されている人は、そんな自分の恵まれた環境を感謝します。

与えられるから与える。のではなく

まずは与えて与えられる支えるから支えられる、
感謝しないと感謝されないということです。

相対の法則、対立の原理奥が深いです。

感謝経済との出会い⑨

報われる、報われない

「頑張ってもても報われない…」と感じている人がいます。

でもこれは「報い(報酬)」

例えば

自己承認、自分を認めて欲しい。

よく思われたい。

高く評価して欲しいなど見返りを期待しているからです。

見返りのためにやると

「ここまでやっているのに分かってもらえなかった…」

と思ってしまいがちになります。

まずは自分のために

「人のため」だけでも「自分のだけ」だけでもNGです。

奉仕活動、ボランティアも、休みの時間を注いで

「何があるの?」

「何も無いなら家で休んでいたい」と思う人もいるでしょう。

確かに奉仕活動は、見返りを求めるものではないですし、

感謝されたいからやるものではありません。

でも、そう思う人でも奉仕活動をした後に、

ほとんどの人が「やって良かった」という満足感を得ます。

「人に役立った」と実感したとき

「人から必要とされた」

「喜ばれた」など

人から感謝されると自信につながり、自尊心が芽生えます。
それがボランティアハイというものです。結局、自分のためになるのですね

きっかけはなんでも良いですから

友達から誘われた。

たまたま地域のボランティアに参加した。

最近、私は小学校の通学路の見守りをやりました。

1日人から「ありがとう」と言ってもらえるか。
自らも人に「ありがとう」の声かけができるか。
何でもいいから自分の魂(ハート)が喜ぶことをする。

それが感謝経済の根底に成っているのです。

感謝経済との出会い⑧

自身の価値を高めるために

人に価値あるもの(感謝、感動)を与えて、
人から「ありがとう」と言ってもらえて感謝されることをすること。(具体的に)
それを地道に積み上げることを続ける。(繰り返す)

プロスポーツ選手はファンに

感謝や感動を与えて、報酬というかたちで受け取ります。

そう考えると私たちも仕事をして

給料を受け取っているのも同じで、

自分の報酬、給料は感謝や感動をかたちにしたものだと、

言えるかもしれませんよね。

評価する側、評価される側

「上司は僕の仕事を認めてくれない」と嘆く社員がいます。

しかし、仕事は上司に認めてもらうためにやるのではありません。

上司に気に入られるよう、認められるよう、

それに集中しては本来の仕事の目的が見失われてしまいます。

仕事は自分のためにやるもので、人から評価してもらうためではありません。

自分が与えられた仕事を与えられた以上にやれば、

上司も驚き感動し認めざるを得ないでしょう。

もし、それでも認めてもらえないのであれば⋯上司の問題ですね。

それについては自分の問題からは外れます。

感動を与えること=価値を与えること

プロスポーツ選手が「ファンのために」と言いますが、

必死になっている時はそれどころじゃありません。

確かにファンの応援が後押しになってパワーになりますが、

ファンの見る目ばかり気にしていては良いプレーは出来ません。

プロスポーツ選手、競技者はその場その場で必死にプレーしたときにファンに感動を与えるのです。

感謝経済との出会い③

逆境、困難から

困難、逆境からどこに向かうのか?

エネルギー理論的には必ず、

負荷は成果に

成果は負荷にを繰り返し

振り幅が大きくなるほど

負荷も成果も大きいのです。

酸化を還元 負荷を成果 不安を安心に

オウケイウェブ会長兼元氏は、

オウケイウェブを立ち上げる前に、

事業や家庭で立ち直れないような、

大きな挫折をして数ヶ月間ホームレスになった経験をしています。

焦燥感と虚無感にふけっている中、

あるホームレス仲間から中国人女性を紹介され

思いっきり顔面を思いっきり殴打されることが起こります。

喝を入れられる

殴打された原因は、

何でお前はここにいるのか?

日本籍があるのに…と聞かれて、

これまでに起きた辛い出来事について話したところ、

いきなりゲンコツで顔面を思いっきり殴打されました。

「ふざけるな!甘ったれてるんじゃないよ!」とのこと。

中国に比べたら、

どれだけ日本が恵まれているのか目を覚ませ!と言われ、

兼元氏は目が覚めたそうです。

しかし兼元氏がすごいのは、

そこから奮起して起業して、

その事業を成功させて上場させてしまう。

これはとんでもないことですね!

このとんでもないドン底状態から引き換え

どうしたら立ち上がり人生を好転させたのか。

そこにエネルギー理論という法則があるのです。

感謝経済との出会い②

物質経済(人物金)から感謝経済に

世の中は物が流通することで経済が成っていますが

全ては感謝で出来ています。

本来の経済は「ありがとう」の感謝と

信頼と愛情で成り立っています。(一部の国や組織を除き)

感謝は目に見えないため

その価値は測れません。

でも確実に存在しないと経済は廻りません。

経済活動、仕事を通じて「感謝!」を感じるときは

感謝✨を感じるとき

苦難、困難や逆境などの苦しいときから

抜けだせた、救われた、軌道に乗ったときです。

困難も無く全てが順調で、

なにもかも上手く運んでいるときは

感謝どころか、恩までも忘れてしまうのが人間です。

感謝したことは、どうしても忘れてしまします。

特に平和で恵まれた大国、日本で生活していると、

ちょっとした逆境でも不幸に感じたりします。

まして日本に住んで、日本人なのに

日本のことを悪く言う人が、あまりにも多くいるのは本当に残念です。

感謝を見えるようにしたい

そこでオウケイウェブがやろうとしている感謝経済

ブロックチェーンのテクノロジーを使って、

良いことをした人が評価されるように、

他人から自分に(自分から他人にも)

「してもらったこと」感謝したことを、

数値化して残せることが出来たらと考えました。