相似の原理、法則はどこにでもあります⑤


早朝6時半~マイナスイオンいっぱいの熱田神宮にて清掃ボランティア活動に参加しました。
熱田神宮の御神木の楠木は弘法大師空海が植樹されたとかで、

そんな御神木に「ゆらぎ」を感じました。

樹齢千年をこえる木でも、はじまりは種から芽が出て苗木から大きくなります。
木が成長する課程で興味深い話を聞いたことがあります。

木が成長する課程と、人間が成長する課程も同じ科学の法則があるとのことです。
これも相似の原理、法則です。

木は成長するために根を張ります。
木は土から養分をもらうため(還元)です。
土にとっては、木に栄養を吸われるから酸化になりますが

木は養分をもらう換わりに、枯れ葉(酸化)を
落として土に返し、土は還元します。

木が成長して、やがて生き物、鳥や虫、動物が集まり生命の憩いの場、調和ができます。

与えて与えられる。酸化と還元を繰り返してお互い成長していきます。

木の幹は徐々成長して、太く堅くなっていきますが
若い木は柔らかく強い風が吹いても、倒れないようになっています。

風の存在は木に絶対必要で、風を受けて(酸化)木がしなるほど
根が土に、しっかりとはって、木は倒れにくくなるのです。

木が大きくなっても、風当たりが強い枝の先の若い木の枝は柔らかくできていて
風を受けても、木がしなって大きく動き、少々なことがあっても折れないようにできています。
またそれにより幹は、しっかりして根をはり、全体に栄養を循環させているのです。
まさに「ゆらぎ」ですね。
これと同じことを相似の法則で人もやっています。
熱田神宮で「波」「交わり」「あそび」「ゆらぎ」を大いに感じたのでした。
人もこのように生きなさい。というメッセージを御神木を通じ教えられました。

相似の原理、法則はどこにでもあります④

一体「ゆらぎ」ってなに?

簡単に説明してと言われますが

一言でいうと「ゆらぎ」は良い状態に至る「波」です。
ますます分かりませんよね。

または
二つ(相対)が「交わり」新しい何かが生まれること。

そして
柔軟なのに強硬。正確で几帳面だが融通がある。
繊細で緻密だけど、杜撰(ずさん)で大雑把(おおざっぱ)
いい加減だがちょうど良い加減、良い感じという
「あそび」です。

「波」「交わり」「あそび」「ゆらぎ」があります。

混沌、はっきりしない、でも「あうんの呼吸」があって
詫び寂びがある日本人には「ゆらぎ」というマインド
備わっている人種みたいです。

イエスかノーか、白か黒かという考え方になると「ゆらぎ」がなくなります。
天才バカボンのパパの名言「これでいいのだ」
どんな不条理で理不尽な結末でも、混沌とした状況をまとめてしまう
これがまさに「ゆらぎ」です。


「波」「交わり」「あそび」
波は波長で
気が合う、馬が合う。というのですが、難しくいえば量子の動き、周波数です。

交わりは縁で
人も誰かと関わらないと、何かと関わらないと生きていけませんし
成長できません。科学(化学)で置き換えるなら触媒です。

あそびはゆとりで
なにごとも融通が利かないと、ちょっとしたことで
折れてしまいます。工学で緩衝、衝撃の緩和など

心も体もいっぱい、いっぱいで余裕が無いと、
うつ病になる可能性が高くなります。
「これでいいのだ」の「ゆらぎ」を持ちましょう。

すべてのものが「ゆらぎ」で出来ています。

相似の原理、法則はどこにでもあります③

肝臓は怒り…とは?
還元力のある人はより還元体質になり、
酸化していく人はより酸化する
その違いは

「ゆらぎ」があるか、ないか

その違いです。

皆箕之さんは、ゆらぎ、ゆらぎと言うけど一体「ゆらぎ」ってなに?
簡単に分かるように説明してと言われますが

もし世の中にゆらぎが無くなったら
現代がまさにそうで、信じられないことが起きています。
テロや宗教戦争
身近な話では自分の勝手な価値観を押し付けるクレーマー
最近の運動会で、平等主義でかけっこに順位をつけてはダメだという教育者
どこかの国で、クマのプーさんはパンツをはいていないから、わいせつ物として
放送も出版も禁止になったとか(笑)

とにかく「ゆらぎ」という考え方、価値観がなくなると
「確かにそうだよね」「そういう考え方もあるよね」がなくなります。
「白か黒かハッキリしよう」「その考え方はあり得ない」
「それは認めない」
のように
相対が無いから「ゆらぎ」がありません。

でも

私たちの体は相対でできています

から
息を吸ったら吐きますし、取り込めば排泄します。
内側と外側、左右、上下、裏表、古くなれば新しく変わります。
相対がないと「ゆらぎ」はありません。

しかし心、考え方で「ゆらぎ」を認めないようなことを
していると体が非共鳴を起こします。
自然に逆らうということです。

そうすれば酸化するのも当然です。

続く

相似の原理、法則はどこにでもあります②

酸化した体は(+)に傾く

健康な人の体は電子(-)が陽子(+)の質量より余分にある状態
体内が(-)優先になります。
すると体液がアルカリ性に傾きますので、
体の機能も発揮され還元力がある体といえますが

対して不健康な人は、その反対の
陽子(+)の質量より電子(-)が足りない酸化という状態になります。
体内が(+)優先になると体内が酸性に傾き、
低体温症、慢性疲労、肩こり、その他の弊害を招きます。

体内が(+)優先になると体の表面はマイナスに電荷します。
すると空気中のプラスイオンが体をおおいます。
プラスイオンは酸化物質ですから電子を奪おうとします。
ただでさえ酸化しているのに、より酸化するのです。

プラスイオンが体に付着するため、それと体の脂が結びついて
過酸化脂質になって加齢臭の原因
になります。
また、カビの菌や花粉、ウイルスも寄って来ますから、
アレルギー反応や風邪もひきやすくなります。
肌もくすんでハリもなく老けて見えます。

プラスイオンは酸化物質ですが、
この原理は相似の法則で
体が酸化して体内が(+)に傾くとプラスイオン的なことが
どんどん寄って来ます。

例えば
悪い縁、悪いこと、悪い話、これらの酸化させるようなことを引き寄せるのです。
ありがたくはないですよね。

このように
還元力のある人はより還元体質になり、
酸化していくひとはより酸化するのです。
その違いは

続く

相似の原理、法則はどこにでもあります①

量子論では、すべては原子の集まりで、

人間の体は(+)に電荷した陽子(-)に 電荷した電子の集まりです。
ここで元気で健康な人と、そうでない不健康な人との違いがでます。

健康な人の体は電子(-)を陽子(+)より余分に持っています。
体内が(-)優先になると体液がアルカリ性に傾きますので、
体の機能も発揮され還元力がある体といえます。

体を量子で考えると体内が(-)優先になって体の表面は(+)に電荷します。
すると空気中のマイナスイオンが体を被(おお)いプラスイオンから守ってくれます。

プラスイオンとは空気中をただよう、
活性酸素。過酸化窒素。カビの菌。花粉。ホコリ。ダニの死骸。ウイルス。
タバコの煙です。
これらは電子(-)を奪おうとする酸化物質です。

マイナスイオンとは空気中にただよう水分子などに
余分に電子(-)を持った還元物質なので、
プラスイオンに電子(-)を与えて酸化物質を還元して無毒化します。

還元力のある人は肌も綺麗で若く見られ活き活きしています。

その反対が…

 続きます。

相似とは すべて同じ理(ことわり)

相似とは すべて同じ理(ことわり)

私たちの体には60兆個もの細胞があって
その細胞の10〜20億分の1の小さな世界
原子では、電子(−)と陽子(+)で素粒子が吸引と反発。
酸化と還元を繰り返しています。
性格習慣病
電子(−)と陽子(+)  吸引と反発  酸化と還元
これらの相対で、すべてが始まっています。

地球上の全て原子で出来ていますから
同じ機能を持ち、働きを備えています。

原子の素粒子の動きは世の中の動きと同じ
相似が働いています。

私たちの体と心も同じしくみ(相似の原理、法則)で
創られています。

息を吸ったら吐きます。
栄養を取り込めば排泄します。
古くなれば新しく変わります。
疲れたら休みます。
寝たら起きる。
良いと思えば続ける。悪いと感じたらやめる。
当然ですが体はそのようにできています。

体だけではなく、すべて同じ理(ことわり)世の中の動きそのものです。
夫婦、親子、人間関係でもやっています。
それが相似なのです。

今日は難しくなりましたねm(**)m
相似の原理、深いです。

相似の原理、法則

今週は相似についてです。

広辞苑【相似】そうじ 相似の法則 相似の原理 相似律
1 形や性質が互いによく似ていること。「相似した構造の建物」
2 一つの図形を拡大または縮小した関係にあること。
3 異種の生物の器官で、発生的には異なるが、機能が同じであるために形態が似ている現象。→相同

例えば
車に例えると
正規の10分の1サイズの模型部品で車を試作して
10倍のサイズで作ると正規の大きさに出来る。
当然ですが(それが法則です)

飛行機やロケット、または新しいビル建物も
いきなり作るのではなく試作します。

100分の1でも1000分の1の試作でも、
100倍、1000倍にすれば正規と同じものが出来て、
構造や強度、機能、働き、精度も比例します。

当然、それが何なの?と思われそうですが
私たちの体と心も同じしくみ(相似の原理、法則)で
創られています。

細胞の10〜20億分の1の原子では、
電子(−)と陽子(+)で吸引と反発。
酸化と還元を繰り返しています。

それと同じことを世に中も
夫婦、親子、人間関係でもやっています。
全て相似です。

地球上の全て原子で出来ていますから
同じ機能を持ち、働きを備えています。
原子の素粒子の動きは世の中の動きと同じ
相似が働いています。

「一事が万事」
これは相似の法則を簡単に例えた教えですね。