メンターとは

メンターとは メンターの由来

トロイア戦争後のオデェッセウス(Odysseus)王の僚友『オデュッセイア(The Odyssey)』の
登場人物である「メントール(Mentor)」という男性の名前にその語源があります。

メントールは王の息子テレマコス(Telemakhos)の教育を託された賢者でした。
メントールはテレマコスにとって良き指導者、良き理解者、良き支援者としての役割を果たした人物です。

 この由来に基づき、メントールが、英語では、メンター(Mentor)と言われるようになりました。
また、メンターの対の言葉として、被支援者、被後見人、という意味の「メンティ(Mentee)」という言葉が用いられています。

またメンタリング(Mentoring)は、Mentalとは、語源的には関連性がありません。

現代では、権威を示して従わせる(中央集権制)より、人間力を重視した支援型のリーダーシップ手法の集大成とも言えます。
帝王学や人を導き、指導・支援するスキルが、語り継がれて、現代ではメンタリングと言われるようになり、個別型人材育成方式とも言われています。

メンターの特質 心構え

お役立ち精神、サービス精神が旺盛 信念は強いが柔軟、「ゆらぎの概念」を備えている。
いつもプラス受信。
いつも人を励ます。

ドリームサポーター、未来志向。
いかなる状況においても楽しみ、その分野をやり抜く。
謙虚で自然体、自他共に信頼している。
人の良さを引き出せる。
人が大好きである。

メンターになるには?メンター宣言すること 明確な目標を立てること。

メンターになる資格というのはありません。
まずメンターになるには、その分野を学び続けるメンター(指導者、先生)を見つけ、
メンティになって、目標設定を立て、最初から段階的にメンターになると宣言して学びます。
そしてお役立ち精神をもって常に人と接して、人の感謝につながる行動をします。

メンティの心構え

メンターに気づかいが出来ること。
応援したいと思わせること。
メンターのプライドを満たしてあげ、決して顔にドロをぬらないこと。
素直に、教わったアドバイスを即実行し、逐一報告すること。
メンターに何かしらの貢献をすること。
メンターに「将来が楽しみだ」と思わせること。

「ありがとう」人の感謝につながる行動とは

自分自身の存在が「ありがとう」であるために、どう振る舞うのか、人の感謝につながる行動は何かを考えます。
それこそがメンターであり、サンクスアドバイザーなのです。

自分の身体に感謝 恐れの感情の必要性

恐れ、何かに怯える、驚く、不安の感情は腎臓を害します。


でも恐れの感情があるから慎重になります。分かりやすい例が車の運転です。
怖いもの無しで車の運転をしたら非常に危険ですし、周りに迷惑をかけます。

思慮深くして周りに迷惑をかけない、相手良し我も良しの気づかいで平和的なマインド
腎臓にとって良いのですが、過剰な不安や恐れ(波長)は腎臓にとって非共鳴になる為、
腎臓を傷めるのです。
腎機能が悪い人の傾向に
不安や恐れの感情が強く、過去に起きた恐怖を忘れられずビクビクしている。
まだ起きてもいないことを恐れる。そんな人が腎臓に疾患が起きやすいと言われます。

「性格習慣病」 病気は性格がつくっている。

まさに病は気から、心は身体を支配しています。
各臓器の生理機能から学ぶことができます。
肝臓は主に分解
心臓は循環
脾臓、膵臓は代謝、吸収
肺臓は全てを担う中心
腎臓は排泄
吸収、分解、循環、代謝、排泄の機能(五大生理)です。
これらは身体の機能として私たちが意識しなくてもやってくれていますが

心に置き換えると

分解は理解すること。
循環は与えること。
代謝、吸収は新しい考えを学んで成長する、変わること。
排泄は忘れること、捨てることです。

各臓器はちゃんとやってくれているのに心が逆らって
理解しようとしない、したくない人は肝臓を痛めます。
与えない、与えることが損と考える人は心臓を痛めます。
新しい考えは受け入れない。学ばない。今のままがいいという人は胃、消化器系を痛めます。
忘れない、執着が強い人は腎臓を痛めます。

このように身体に対して心(気持ち)で自分の身体を攻撃して酸化させています。
自分の気持ちで活性酸素を発生させ電子を奪い酸化させているのです。
それでも文句ひとつ言わず休まず24時間365日働いてくれている
臓器、身体に感謝
です。
感謝こそ自己治癒能力を最も高めるマインドです。

自分の身体に感謝 憂(うれ)いれば崩れる

憂いの臓器脾臓、膵臓


憂いとは
疑う、迷う、不信、心労、取り越し苦労などで、全て力を奪うものです。
症状に出るのが胃です。五臓六腑でいう脾は胃と口につながっています。

心と身体はセット(相対)です。

心は波動を持っていて(電子の波)イライラすれば荒い波長になり
穏やかであれば緩やかな波長になります。
ガンマー波(γ)、やシータ波(θ)、アルファ波(α)などがそうで
これらが身体に作用していることは知られています。
五情の怒り、喜び、憂い、悲しみ、恐れも固有の振動(波動)があって、
身体に影響を与えていますが悪い影響だけではありません。

悪いことには意味がある

憂いの疑う迷うことも、取り越し苦労のような意味のない苦労ばかりだと
本当に胃を痛めてしまいます。
憂い、迷いを断ち切り、「よし!」と切り替えることです。
悶々と堂々巡り。くよくよすること。決められないでいることは

そこでいつまでも止まっていることで事態は変わりません(酸化します)
だからといって何も考えず浅知恵で即、動くことも危険ですから
憂いも必要なことなのですね。
身体とは、本当に多くの教えがある感謝のかたまりなのです。

ハートフルなメンター、サンクスアドバイザー

1「自分の身体に感謝」

【固有の振動】

体はそもそも原子(主に水素、炭素、酸素、窒素)で出来ていて、その他の微量元素と組み合わさって(分子)皮膚や筋肉、骨、内臓が作られています。
原素の一つひとつに固有の振動が有って、各臓器にも固有の振動を持っています。
体は心の容れ物ですから心と体は常に共鳴、非共鳴し合ってます。

b.心臓

心臓は血液の循環をして酸素や栄養を全身に運びます。
五情は悦(喜)に属し、楽しい時にドキドキ、ワクワクする喜び、活力、やる気は心の臓器、心臓で感じています。

しかし世の中は相対で出来ていますから、楽しいこと、喜びだけではありません。
人生は苦しい、喜べないことの方が多いのです。
でも苦しいこと、喜べないことがあるから、その分楽しい、喜びを感じることが出来ます。

心臓を害する行為

嫌なことに目を背けて楽しいことだけ(悦)にふけることです。
嫌なことを忘れるために楽しむ。
ウサを晴らすことは、そもそも楽しむ意味が間違ってます。
楽しいことだけを追っていくと、苦しいことが同じだけ追ってきます。

この世の中は相対で出来ていますから苦しいだけも、楽しいだけもありません。
この真理に逆らうと心臓を病みます。

辛いことを楽しさで紛らわす生活を長くして、辛いことが解決した途端、心臓に異常が…という話がよくあります。
心で心臓の固有の振動に非共鳴を与え続けた結果です。

このように体から学ぶことか多くあります。
体への感謝を忘れないようにしましょう。

サンクスアドバイザー基本的真情(考え方)とは

1「自分の身体に感謝」

感謝の基本の一つ
当たり前に機能している体に感謝することは大事なことです。
美味しいものを食べて飲んで美味しく感じ、分解して吸収することで体が保たれ、
代謝し排泄され循環しています。

そしてこれらは全て私たちの意識が及ばないところで働いてくれている体の機能なのです。

五臓と五情

a.肝臓「怒」分解
b.心臓「悦」ー循環
c.膵臓、脾臓「憂」吸収、代謝
d.肺臓「悲」吸収、循環
e.腎臓「恐」排泄

【肝臓に感謝】

a.肝臓機能

肝臓機能は主に「体では分解」です。
肝臓機能は栄養が吸収しやすいように分解することです。
例えば、アルコールは体にとって毒素ですが分解酵素で水と酢に分解して無毒化します。
つまり、体に悪いものも良いことに(酔ってリラックス)替えてしまう、ありがたい臓器なのですね。感謝です。

肝臓の五情は「怒」に属し
東洋医学ではむやみに怒る。癇癪を起こすと肝臓を害するといいます。
しかし「怒」は単に悪い面だけではなく良い面も持っています。
それは「このままではいけない!」という向上心から来る「怒」です。

今起きている自分の状況に対しての不満足、不足の事態を変えるのは「怒」のエネルギーです。
やみくもに怒ることが肝臓に悪いというのは、その事態に対しての解釈(納得)が出来ていないから腹が立つのです。

心にも肝臓と同じ分解する機能を

体に対し「肝臓機能は分解」をしていますが、心にも肝臓と同じ分解する機能がないと肝臓に負担をかけます。
体は心の容れ物ですから心と体は常に共鳴、非共鳴し合ってます。
今起きている不足の事態に腹を立てず「自分を伸ばしてくれるありがたい出来事」だと解釈、心で分解、納得すれば肝臓にも良い(心身共に共鳴)と考えましょう。
怒りも向上心がある怒りなら機能は体をサポートし頑張ってくれます。

肝臓を病んでいる人は、
自分に起きている事態を受け入れることが出来ず、ただ怒っています。
その事態は全て自分に原因があると捉えれば(心の中で分解)肝臓機能も改善するのですが⋯
やはり病は気から来ているのですね。

次は【悦の心臓】に感謝です。

人から必要とされる生き方

嫌なことは忘れていい

私たちは良くも悪くも忘れるように出来ています。
脳科学でもいわれていますが、思い出したくない辛い経験は、思い出さないように
普段はフタがしてあって忘れていますが、何かの拍子で開いたりして
落ち込む。パニックになる。無気力になるなどトラウマや、長く続けばうつになります。
ですから忘れるという脳の機能は大事かつ、ありがたい機能なのですが⋯

忘れてはいけないこと「感謝したこと、感謝されたこと」

最も忘れてはいけないことは
それは感謝したことです。
感謝したこととは、自分に対してやって貰ったこと。お世話になったこと。そして育てて貰ったことです。
これを忘れて感謝しないことはʕ•ᴥ•ʔ以下ということになります。

ワンちゃんでも3日飼ったら恩を忘れないと言います。
しかし脳の機能もあって、ついつい大事なことも忘れてしまいがちです。
忘れられた人は寂しいですよね⋯

それと感謝したことと同じくらい感謝されたことも忘れてはいけません。
でもあまり主張し過ぎると恩着せがましいとウザがられますから要注意です。
なぜ「感謝されたこと」を忘れてはいけないのでしょうか。
これも脳科学で人に役に立っていると自覚して生きている人と、そうで無い人とでは

認知症のリスクが高まるだけではなく、体の酸化と関係し老化や病気にも大いに関係すると言われていて
「自分なんて⋯」と自己承認欲求が落ちていくことで体の酸化が始まるのです。

自尊心(自分は必要とされているという意識)

退職して会社をリタイヤすると、急に老け込んで輝きが無くなった人をよく見かけます。

社会のつながりが会社や仕事しか無いと孤立してしまいます。
仕事でしか人から必要とされていなかった⋯そうなってしまう前に
感謝経済の活動に参加することです。

人から必要とされる生き方が必ず見つかります。
ブロックチェーンメンターバンク 北原貴之

一般社団法人 ブロックチェーンメンターバンク (BCM)認定 サンクスアドバイザー

BCMサンクスアドバイザーとは

一般社団法人ブロックチェーンメンターバンクではメンターシップ(お役立ち精神)溢れる人
暗号通貨の知識全般と取り扱い(決済)方を学び、人に教えるところまで行います。

また暗号通貨の根幹であるブロックチェーンの技術を応用することで何が出来るのか、
ここでは「感謝経済」を中心に関わり活動します。

感謝経済とは

「感謝したこと、感謝されたこと」をお互いに記録(スタンプ)しブロックチェーン化することで
感謝するから感謝されるの「ありがとう」相関関係が広がります。

私たちは良くも悪くも忘れるように出来ています。
だから生きていけるのですが、人間関係は感謝したことと感謝されたこと幸せの相関関係(巡り巡って)があって信頼関係が保たれていることを忘れてはいけません。
もしそれを忘れて無くしてしまえば、恩も義理も何もない殺伐とした世の中になってしまいます。
BCMサンクスアドバイザーはブロックチェーンのテクノロジーを活かし
「ありがとう」の感謝でつながる世の中を創造し、
全ての人が感謝経済で経済的にも精神的にも健康になれることを目指します。

一般社団法人ブロックチェーンメンターバンク 北原貴之

メンターシップ=お役立ち精神を養うには

メンターの特質

◯お役立ち精神、サービス精神が旺盛。


自分がやって欲しいことと、相手がして欲しいことは違うことが多くあります。
こっちは良かれと思ってやったら大失敗⋯なんてこと、よくある話です。
その前に
「何かお役に立てることありますか?」
「私でよければ力になりますが、何をしたらいいですか?」
「何か手伝えることありませんか?」のような
相手が何を求めているかを知ること、先ず聴くこと(傾聴)
相手の感謝につながる第一歩です。

◯信念は強いが柔軟、「ゆらぎの概念」を備えている。


「絶対にこれだけは譲れない!」信念を最後まで通す!
という人がいますが、一つ間違えるとただの頑固者です。
信念は大事です。でも自分の判断を見直すことも大事です。
ある人が
「自分で自分のことを決めるほど、あてにならない」と言っていました。
メンターは考え方に偏りがないよう
周りの意見と自分の考えとの相対で判断します。
「確かにそうだよね」
「あなたの言う通りだよ」
「なるほど、そういうことね」の言葉を入れると人間関係が変わります。

◯いつもプラス受信。いつも人を励ます。


当然ですが
自分の夢や願望を支えてくれる人(ドリームサポーター)や
将来は希望に満ちているの信念を持った未来志向の人
みんなが求めています。
「いつも頑張ってますね」
「いつも力もらえてます。ありがとうございます」
「私も見習いたいです」
人を讃える、賞賛することの習慣をつけると
自然に自分の方に関心が向いてきます。

◯いかなる状況においても楽しむ。


その分野をやり抜くこと。続けることです。
何でもいいからルーティンにすることです。
仕事でも休日でも、同じ時間に起きるとか
「朝起きたら先ず水を飲む」とかでもいいのです。
小さなことでも積み上げると山になります。

◯謙虚で自然体。


メンターは自他共に信頼しています。
「自信が無い」という人がいますが
自信ってなんでしょう?
自信とは字の如く「自らを信じる」ですから
自分で自分のことがあてにならない。と言っているのです。
自分が信じられないと、人も信じることが出来ません。
ではどうしたらいいのでしょう。
それは
自分のメンターを探すこと、求めることです。
一般社団法人ブロックチェーンメンターバンク 北原貴之

メンターの語源 由来 メンタル(精神的な)とは違います⋯

改めて

メンターとは

仕事や人生における「指導者」「助言者」「教育者」「理解者」「支援者」を指します。
企業や組織におけるメンター制度(メンタリング))では、
先輩社員(メンター)新入社員や後輩(メンティ)
お役立精神で「日々の業務のヤル気や目標達成的なサポートをする制度」と捉えられています。

メンターの由来

メンターはもともと、「オデュッセイア」という、古代ギリシャの長編叙事詩の中に出てくる
「Mentor(メントール)」という人物に由来しています。
Mentorは、オデュッセイアに登場する王の子息テレマコスに対し
教育や助言を与える賢者でした。
トロイの戦争で王のオデッセウスは10年間、国を離れていましたが
帰国した時は王子テレマコスは文武を備えた立派な成人になっていた事を大いに喜び
「Mentor(メントール)」を賞賛したという謂れから

その後、Mentorは英語で「メンター」と呼ばれるようになり(精神的なメンタルとは関係ありません。)仕事や人生をよりよくするための支援者として、
対象者への指導や助言をする人のことを指すようになりました。

メンタリングで感謝経済を

メンターは支援が必要な人に対して指導や助言をする人のことを指し、
一方、メンターから指導や助言を受ける人を「メンティ」と言います。
助言を行う先輩が「メンター」、助言を受ける後輩が「メンティ」といえますが
人間関係の全てに、このメンタリングを当てはめることが出来たら
素晴らしい世の中が実現します。
意識して(メンタリング)、全ての人に感謝されるお役立精神で接するメンターになる事を目指し、
それを手本とするメンティがメンターになる拡がりが出来たら素晴らしい世の中が出来るでしょう。
それが感謝経済社会です。
一般社団法人ブロックチェーンメンターバンク 北原貴之

メンタリング方式(Peer-to-Peer=個人間)

メンターがメンティに支援と指導、情報を共有してお互いのスキルを高め合うことで
場の力が上がり人が育つ環境が生まれます。

メンタリングとは メンタリング方式(Peer-to-Peer=個人間育成方式)

メンタリングとはメンター(支援する人)とメンティ(支援される人)との関係性で、
メンティがいずれ支援する側になってメンターになる自立支援型の人材育成法です。

2003年アメリカで自尊心が持てない若者たちを支援しようと連邦政府や州政府の方針としてメンター募集の全国的なキャンペーンを実施する「メンタリング月間」が国をあげてはじまりました。
応募したメンターは地域の青少年の非行、非暴力、麻薬撲滅のためのボランティア活動に現在も活躍し大きな成果をあげています。
当時メンターに支援を受けたメンティだった若者たちは現在メンターとなって若者を支援しています。
この拡がりが伝統になっていくのがメンタリングです。

メンタリングの面白いところは「私もメンターになります」といえば誰でもメンターになれるというものです。
難しい資格や専門知識が無くても「誰かの役に立ちたい」とメンター宣言すればメンターになれます。
お役立ち精神を持って行動し人に喜んでもらうことがメンターシップなのです。

一般社団法人ブロックチェーンメンターバンク 北原貴之