感謝経済との出会い④

全ては感謝、ありがとうのエネルギーから成る

全てのもの(物質の三体、気体、液体、個体)は原子で出来ているように、自然に作られたものも、

人工的に作られたものでも、そこには

『感謝のエネルギー』が存在しています。

スピリチュアル⁇

体に例えると、体は物質の三体で出来ていますが、心の入れ物でもあり、心(気持ち)によって体の状態を変えていきます。

怒りや悦び、憂い、不安、悲しみ、恐れには周波数があって、

その周波数は人間が発しています。

人間が発する周波数は強力

1919年ちょうど100年も前にロシアでテレパシー、

いわゆる「念力」による実験、研究をしていたのです。

この頃に量子力学も研究され、量子(電子の動き)は、人間の思いによって変化することが証明されています。

念が電子(物質)に影響?

花などの植物に声をかけて、言葉によって状態が変わるという話しを、よく聞きますが(紙に書いても同じ)

もし、花が通常より早く枯れたのであれば

人の思い、今の心が花、植物の物質の周波数(振動数)を乱し酸化させたのです。

条件が同じでも、感謝の思い「ありがとう」と声かけした花は、通常より長く花が生き生きしたと言います。

物は生きている(万物生成)といいますが、物を生かすも殺すも扱う人の気持ちということですね。

感謝経済との出会い③

逆境、困難から

困難、逆境からどこに向かうのか?

エネルギー理論的には必ず、

負荷は成果に

成果は負荷にを繰り返し

振り幅が大きくなるほど

負荷も成果も大きいのです。

酸化を還元 負荷を成果 不安を安心に

オウケイウェブ会長兼元氏は、

オウケイウェブを立ち上げる前に、

事業や家庭で立ち直れないような、

大きな挫折をして数ヶ月間ホームレスになった経験をしています。

焦燥感と虚無感にふけっている中、

あるホームレス仲間から中国人女性を紹介され

思いっきり顔面を思いっきり殴打されることが起こります。

喝を入れられる

殴打された原因は、

何でお前はここにいるのか?

日本籍があるのに…と聞かれて、

これまでに起きた辛い出来事について話したところ、

いきなりゲンコツで顔面を思いっきり殴打されました。

「ふざけるな!甘ったれてるんじゃないよ!」とのこと。

中国に比べたら、

どれだけ日本が恵まれているのか目を覚ませ!と言われ、

兼元氏は目が覚めたそうです。

しかし兼元氏がすごいのは、

そこから奮起して起業して、

その事業を成功させて上場させてしまう。

これはとんでもないことですね!

このとんでもないドン底状態から引き換え

どうしたら立ち上がり人生を好転させたのか。

そこにエネルギー理論という法則があるのです。

感謝経済との出会い②

物質経済(人物金)から感謝経済に

世の中は物が流通することで経済が成っていますが

全ては感謝で出来ています。

本来の経済は「ありがとう」の感謝と

信頼と愛情で成り立っています。(一部の国や組織を除き)

感謝は目に見えないため

その価値は測れません。

でも確実に存在しないと経済は廻りません。

経済活動、仕事を通じて「感謝!」を感じるときは

感謝✨を感じるとき

苦難、困難や逆境などの苦しいときから

抜けだせた、救われた、軌道に乗ったときです。

困難も無く全てが順調で、

なにもかも上手く運んでいるときは

感謝どころか、恩までも忘れてしまうのが人間です。

感謝したことは、どうしても忘れてしまします。

特に平和で恵まれた大国、日本で生活していると、

ちょっとした逆境でも不幸に感じたりします。

まして日本に住んで、日本人なのに

日本のことを悪く言う人が、あまりにも多くいるのは本当に残念です。

感謝を見えるようにしたい

そこでオウケイウェブがやろうとしている感謝経済

ブロックチェーンのテクノロジーを使って、

良いことをした人が評価されるように、

他人から自分に(自分から他人にも)

「してもらったこと」感謝したことを、

数値化して残せることが出来たらと考えました。


感謝経済との出会い①

「ありがとう」を可視化できたら…

https://www.okwave.co.jp

最初は何のことか⁈ピンと来ませんでしたが、

考えれば考えるほど奥が深くて、これからの日本の社会に不可欠な活動と確信しました。

この「感謝経済」を構想したのが

株式会社オウケイウェブの兼元謙任会長です。

私と同じ愛知県出身で同じ年齢、若い頃には、無一文になって一時期ホームレス生活になるほど波乱で、かなりの苦労されてます。

https://www.okwave.co.jp/about/book

しかし、その逆境をエネルギーにして起業。

まさに兼元会長は

エネルギー理論を実証

「強い酸化(挫折、困難)は大きな還元に出来る」ことを証明しています。

世界初のQ&Aインターネットサイト開設

世界初「Q&Aプラットホーム」を立ち上げ上場企業までに成長。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3808.n

今でもオウケイウェブは

創業21年目 QAサイト世界シェア1位です。

年間利用者7000万件からの

O(教えて)とK(答える)のビックデータを元に

A I(人工知能)を使って企業から個人の悩みに答えています。

【オウケイウェブ ミッション】

『互い助け合いの場の創造を通して、

物心両面の幸福を実現し、

世界の発展に寄与する。』にあるように

O(教えて、知りたい)とK(答える、答えたい)

教えて欲しい、知りたい人

答えられる、教えたい人とのニーズを結びます。

そして

知りたいことに合致した答えをしてくれた人に

お礼として『OKチップ』が付与されるしくみになっています。

感謝経済 オウケイウェブ これから目が離せません

5人の法則(つるみの法則)⑶

『変わりたかったら環境を変える』

習慣化されている環境に浸かっていると
知らず知らずにクセが身に付きます。

「うちはガン家系だから私も⋯」という人がいます。
でも、それは無いそうです。
二人に一人がガンになる時代ですから。

食習慣が体をつくる⁈

食べたものが栄養になって体が作られます。
各家庭それぞれ食習慣があって、
味付けや好みは決まってきますから
各家族で、顔かたち、体型も似てくる訳です。

食べ物の好みは長い習慣から成っていますから
なかなか変えられるものではありません。
生活の大半を家庭で過ごしますから
家庭での食習慣や生活パターンなど
受ける影響をコントロールすることは困難でしょう。

成りたい人がいる環境を求める

「痩せたかったら、太った人とメシを食うな」
これはあるトレーナーから聞いた話です。
体は「何で出来ている」ことを知って
必要な栄養の
タンパク質、脂質、炭水化物、繊維質、ミネラル
バランス良く適応量、摂取して健康体が維持されます。

体型、スタイルを気にしない人は
好きなものを好きなだけ食べるため
栄養バランスも気にしないようです。
そうした人と共に食事をすることは
どうしても太りやすくなるということになります。


そして、良い食べ物、良い食べ方が健康な体をつくるように
良い話し、良い考え方、良い情報をインプット(正しい聴き方)することが 健全な心根(こころね)を形成します。
続く

一般社団法人ブロックチェーンメンターバンク公式サイト

新しいお金の未来が変わる 
金融リテラシー、ヘルスリテラシー、感謝経済リテラシーのアドバイザーを養成

トークンエコノミーからサンクスエコノミー

お金(法定通貨)は国、政府で発行されますが
トークンは特定の事業者が集まって価値をつけた
ポイントまたはクーポン(割引券)のようなものです。

実際に値引きで低価格競争してデフレーションを招くより
売上の一部を宣伝を兼ねて、お客さんにトークンという形で
還元することで経済を回していくというのがトークンエコノミーです。
代表的なものがTポイントカードです。

これにブロックチェーンのテクノロジーが加わると
今まで無形で価値をつけられなかったもの(例えば感謝や感動したこと)を有形化、
可視化することができ価値をつけられ実体経済として流通されるようになります。

これらの未来のお金のような価値があるものがトークンとして利用される時代が、
そこまで来ています。
こうした知識を読み解き記述できる能力を「リテラシー」と言います。

金融リテラシー、ヘルスリテラシー、感謝経済リテラシーを学ぶ
簡単にIoT、スマホでのキャッシュレス決済と
大きく変化する未来のお金に対して正しい知識(金融リテラシー)と
経済の健康、心と体の健康(ヘルスリテラシー)を
身につけていけるよう
1から気軽に聞けて答えて学べるコミュニティで
いずれは人に教えられるまで向上させる
サンクスアドバイザーを育成します。

トークンエコノミーとサンクスエコノミー(感謝経済)⑵


ブロックチェーンが資産を担保

View All:

ブロックチェーンのテクノロジーを使うと

トークンのようなクーポン(割引券)やポイントなどに企業が発行し価値を定めたものにも

暗号通貨のように「価値を付け扱われる」ようになります。

それだけブロックチェーンが信用、信頼されているのは

過去のブロックのデータの全てを引き継いだ(チェーン)新しいブロックが誕生する際に

ビットコインのブロックチェーンにはトランザクション(取引)

「AさんからBさんにお金が支払われました」という

【一定の数の第3者の監視、承認が必要】とすることと

データがみんなで共有されているため改ざんが出来ないようになっています。

取引履歴がいくつか集まってブロックが作られますが、

データをみんなで共有、改ざん不可能

ビットコイン以外でも、いろんなことが「ブロックチェーン化」出来るのです。

ありがとうのトランザクション(善意のやりとり)

例えば

「AさんはBさんに善意を施しAさんに感謝しました」

「Bさんはスマホの取り扱いを分かりやすく説明してくれて感謝されています」

「Aさんは分からないことを、いつも親切に教えてくれます」

などの日常で起きている「ありがとう」の出来事、感謝したことを

お互いブロックチェーンに記録することが出来るようになり、

ありがとう、善意、善徳を見える化(可視化)することが出来るようになるのです。

感謝スコア(感謝指数)、ありがとうポイントに価値がつく

賛否はありますが

「感謝されたくて故意にやる善意には善徳は無い!」と言う人もいますが

何もやらないより、実際にやる偽善の方が意味があるというものです。

価値というのは、

それに価値があると信じた人たちで価値がつくものです。

サンクスエコノミー(感謝経済)いいね!という人、

「ありがとう」という無形なものを有形にして価値を高めることができたら

「今日会う人みんなに喜んでもらおう」

「何をすれば喜んでもらえるか」

「どうすればいいか」

改善、工夫、反省を繰り返し

感謝スコア(感謝指数)、ありがとうポイントを高めることができるのです。

続く

トークンエコノミーとサンクスエコノミー(感謝経済)⑴

トークンと暗号通貨

暗号通貨、資産(仮想通貨)を始め出すと
必ず「トークン」という言葉にぶつかるでしょう。

トークンって何?

たとえば私たちが普段生活の中でよく利用するサービスもトークンの一種として存在しています。
それがポイントサービス。

「楽天ポイント」「TSUTAYAポイント」
ラーメン店のスタンプカードもトークンの一種です。
今思えば夏休みのラジオ体操に早起きして
スタンプを捺してもらい文具を貰ったのもトークンの原型ですね。
要するに貯まったポイントに価値が担保されていて
「商品との引換券」「買い物をする時の割引券」クーポンみたいなものになります。

トークンエコノミーとは

どこのお店もやっているポイントカード
全部持っていると財布がパンパンになりますよね
それを一枚のカードにまとめられたら⋯
それを実現させたのがTカードです。

どの道、宣伝広告費を使うのなら大手の企業と一緒に乗っかろう。ということです。

暗号通貨、資産とは

先にトークンの説明をしましたので、簡単に言えば
トークンに「ブロックチェーンのテクノロジーを加えた」ものが暗号通貨と言えます。

ブロックチェーンとは?

暗号通貨の中核となる「取引データ」技術です。
取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、
複数のトランザクションをまとめたものをブロックと言います。
「ブロック」にして全部ひも付け(チェーン)されて公開されています。
全て人のパソコンでデータが共有されているため不正改ざんされない
公開式取引台帳
とも呼ばれています。
暗号通貨、資産としての信用と担保があるのはブロックチェーンのテクノロジーがあるからです。

ブロックチェーンのテクノロジーによって

トークンに特性の価値を付けることが出来るようになり
これまで形に出来なかった無形の感謝や感動というものを
ブロックチェーンのテクノロジーで
トークン化して流通させるサンクスエコノミー、感謝経済が可能になるのです。

続く

実践 感謝経済学⑵

感謝されたくてやること

「人から感謝されたいからやるのは間違っている!いやしい人間がすることだ」とお叱りを受けました。いやしい?とは
【いやしい】をgoogってみたら、
程の低い、下劣な⋯だとか
ちょっとショックでした⋯
でもそんな考えもあるんだと(T_T)
確かに
恩着せがましく「やってあげた」を連発して感謝を要求する人は頂けませんね。

でもそれが
感謝経済の創造、感謝経済学ではありません。

リスペクト(尊敬)されている人

社会的に認められて尊敬に値する人は感謝されています。
普通の人が
尊敬されるには⋯社会的に認められるには
感謝されること、善徳を積むことです。
人の感謝につながることを考え(思考)行動に移し繰り返し継続していく
段階が上がっていきます。

段階の法則 いきなりは無理

音楽でも、スポーツでも初心者から始めて
出来ない、やれない、分からない、満たされない、ジレンマ(T_T)から始まります。
これを【酸化】と表現できます。
酸化は物質を構成する電子がスピンアウトして不安定な状態です。

その状態だから恒常性(ホメオスタシス)が働き
不安定(酸化)から安定(還元)に向かうのです。

酸化と還元を繰り返す。思考と行動。
アウトプット、インプット。
問題と工夫を繰り返し段階が上がってレベルアップします。

「ありがとう」の価値は高められる

人の感謝につながる実践を繰り返すことで
与えられるものの価値を高めることができます。
どうしたら自分が与えられる価値を高められるか?
酸化と還元を繰り返す。
それが感謝経済学です。

実践 感謝経済学

感謝されるには?


どうしたら感謝されるのか?
どうしたら人に「ありがとう」と言ってもらえるのか?
の感謝につながる行動、言葉遣い、尊敬、共感を得るには?
以上を考えなくてはならず大きなテーマでもあります。
それが感謝経済学です。

感謝されたくてするのはいやしいことか?

ある人に怒られました。

「どうしたら感謝されるのか?
人から感謝されたいからやるのは間違っている!いやしい人間がすることだ」
とお叱りを受けました。
確かに「感謝されたくてやっている」のは、ちょっと違うのかな?と感じますよね。
でも、いやしい人間とは言い過ぎだと思いますが

何のために

「感謝されたいから」になるとおかしいと思いますが
自分の価値を高める。
成長させるためにであれば
人から感謝されるように
考え行動すること、実践することはすごく大事なことでしょう。

感謝を知る 学ぶ 感謝経済学

お母さんが子供に一番最初に教える言葉
「ありがとう」だそうです。
「ありがとう」は日本人の基本的な心情です。
そして、いつか最後に目を閉じる時、
家族に「ありがとう」と言って御別れ出来たら
幸せな一生を遂げたことになります。
人間は「ありがとうに始まりありがとうで終わる」のですね。

人生でどれだけの人に感謝し、感謝されて
「ありがとう」をいくつもらえたか

例えば目標
1日に10回以上「ありがとう」言ってもらえるように頑張ろう。
そのために何をすればいいかを考えます。
それが実戦 感謝経済学です。