全てはゆらぎで出来ている エネルギー理論

エネルギー理論(ゆらぎ)とは、

大まかに言えば、宇宙がつくられた原理原則で、大自然の山や川、海

森羅万象の成り立ちも、生命体も生態系が保たれているのは全て「ゆらぎ(波動)」エネルギー理論で創造されました。

もし、この法則から外れることがあれば退化し崩壊していきます。

私たちの体も、世の中も、自然も宇宙もエネルギー理論(ゆらぎ)でつくられ

ゆらぎは宇宙の波動で「創造のための閃き」です。

不便を便利に、不足不満を満足に、不快を快適に、病気を健康にしたい!

不幸を幸せに、苦を楽にしたいと考えたとき、その思いは波動になって

ゆらぎと周波数が合ったとき気づき、インスピレーション、閃きがあり新たなものが創造されます。

このように、相反する二つのもの(相対)が無いと、新しいものをつくる

エネルギーを生み出しません。

バランスの法則(相対の法則)

全てのもの、自然現象や生命体は、全て「2つのもの」で出来ています。

植物も雄シベと雌シベ、生物はオスとメス、人も男と女がいないと種の保存は出来ず絶滅します。

相対を辞書で引くと

他との関係の上に存在、あるいは成立していること。」

例えばプラス+とマイナスー、左右、上下、表裏、陰陽、明暗、男女などが例に挙げられます。

物質の根源が、原子の陽子の+と電子のーで構成されているように、

全てのものは相反する2つがバランスをとって成り立っています。

目に見える、ものや人などの物質だけではなく、

社会の道理(倫理)や働きもエネルギー理論、ゆらぎで出来ています。

苦難は幸福の狭き門

苦と楽は一体で、苦だけも、楽だけもありません。二つで一つの一対です。

2つを分けることはできず、片方が欠けたら成り立たず崩壊(酸化)してしまいます。

楽は苦のタネ、苦は楽のタネ

ずっと楽しいことが続くことが、幸せではありません。

幸せを気づかせてくれるのは、相反する辛い出来事です。

また楽ばかり求めると、同じだけの苦が返ってきます。

逆に、やりたくないこと、苦しいを進んで行う。

今まで、やれなかったことを努力してみると、次第にやれるようになり楽しくなってきます。

最初はなかなか、できなかったことが、ふとしたことでコツをつかんで出来た瞬間があります。

補助輪無しで自転車に乗れたときや、

上手くスキー板に乗れた瞬間。

ゴルフで良い感じにショット出来たことなど。

成長して次の段階に上がる瞬間が

「ゆらぎ」でありエネルギー理論なのです。

参照著書 世界は「ゆらぎ」でできている

感謝経済との出会い11

やらぬ善、やる偽善

オウケイウェブの感謝経済プラットフォームは、

ブロックチェーンのテクノロジーを使って

感謝やありがとうの敬意を目に見えるようにします。

その人、その企業、組織が

「どれだけ感謝されているのか」

「どれだけありがとうをもらえたか」の評価を公開するものです。

企業は評価を公開することで、宣伝広告をPR出来てイメージアップにより集客、求人などに役立ちます。

企業はこれら広告宣伝に多額な費用を投じています。

個人評価を高めることでも

個人に関しても、就職の際に他者貢献によって得た評価を見せられるため

履歴書より効果的で本人の強みになります。

これは就職活動に限らず、婚活にも活かせますし、

日頃から人に尽くすことで具体的に「ありがとう」集め活動が出来ます。

人に感謝されるには

これを聞いて違和感を感じる人もいるでしょう。

感謝されたいから、「ありがとう」を言われたいからするの?

偽善的に感じる…。

確かに

私も7年前、東北の震災の被災地にマッサージのボランティアに行きました。

別に使命感に燃えて行ったのではなくきっかけは、

ある方に誘われたのと

会社のイメージアップになるかとの偽善的な考えでした。

でも実際に行ってみて、驚いたのは被災地の惨状に関わらず、

私たちのことを明るく迎え入れてくれたことと、

私たちが来てくれたことに喜ばれたこと、

感謝されたことです。

それから気を良くして結局13回も岩手を含め宮城県の仮設住宅にボランティアでマッサージに行きました。

やらない善、やる偽善

同じ善なら、やる偽善の方が何かを得ます。
やらない善は何も得るものは無く、その差は大きいのです。

被災地の方に喜ばれましたが、

同じくらい私も喜びを得られたのです。

感謝したいのは私たちの方だと感じました。

ありがとう東北

波動と波長⑥

酸化はエネルギーに エネルギー理論

不安定、または不満、不足、不安、困難、逆境、怒り、悲しみからの

酸化の状態(現象)からは

協力しあい、多くの学びや気づきのエネルギーを得ます

不便とは便利になりたいという意味を含みます。

不便だけも、便利だけも存在しません(相対の法則)

不便と便利は表裏一体で、不便と便利を常に繰り返します。

繰り返すと段階が変わる(段階の法則)

不便という酸化のエネルギーが世の中を便利にして行きます。

不安定は安定に、不安は安心に、

酸化は還元に向かおうとします。(酸化還元の法則)

まだこれからも便利に向かっています。

最近問題になっている高齢者が起こす事故も

便利なはずの車なのに不便なものになってしまいました。

しかし、その問題から解決の手立てを見いだし

車同士ぶつからないような技術が開発されようとして

事故がなくなる世の中に向かおうとしています。

この世に車が出来て、道路も整備され、100年前の馬や徒歩が

交通手段だった頃と比べたら、随分便利になりました。

便利が不便に、不便が便利に

不便にも、便利にも必ず問題があります。

問題も酸化です。

問題も酸化と捉えることができたらエネルギーに成って

問題を解決しようと向かいます。

私たちの身の回りに起こる酸化

不便や不安、不足、問題は、しっかり向き合えば

必ず便利、安心、満足して解決して、また次の酸化に向かい

これを繰り返して段階を変えていきます。

5人の法則(つるみの法則)⑵

5人の法則(つるみの法則)⑵

前回の続き

「周りの5人の平均があなた」

知らず知らず周りの人の価値観、考え方、習慣に影響され

心地良く収まっているため環境に流されてしまいます。

今よりもっと経済を、生活を身体を良くしたい。

そうであれば「環境を変える」ことと「自分が理想とする人、なりたい人を見つける」ことです。

要するに、いつも理想の自分を考え見本となる人を探すことです。

「自分のメンターを見つける」こと

自分の周りにはそんな人いないです…

という人がほとんどでしょう。それよりまずは「見つけよう」とする思いがないと始まりませんが。

でも大丈夫です。

ユーチューブの動画や本などから見つける

便利な世の中になり、本だけではなくインターネットの動画から、有名人の名言を繰り返し見ることが出来ます。

スポーツ界で結果を出したイチローや孫正義氏など経済界の著名な人の考え方をいつでも聴くことが出来るのです。

こう言ったツールをフルに使って

5人のうちの1人にすれば、自分の脳を毎日アップデートし成功者の価値観を知ることが出来ます。

自分の脳に刷り込む

私の周りの成功している人や上手く行っている人の共通しているのは

何かにつけて感謝していることと、起きた出来事に対して意味を見出しそれに対し「ありがたいこと」に結論づけることです。

また悪いニュースを見ないこと。ゴシップ系の週刊誌や他人を中傷した話題には全く興味が無く避けますから、その手の人は寄って来ません。

「この本読むといいよ」「この動画良かった」など人にすすめ周りの人全て、 自他共に良い影響を受けるものしか選ばないのです。

いつもその反対をする人は、自分にも他人にも悪い影響を受けるものを拡散します。自分だけではなく他人にも毒を吐いて回るのです。

こうした人がいたら離れるべき、まして5人の中にいたら、ゆっくり距離(いきなりだと角が立ちますから)をおきましょう。

そして人だけではなく、観てはいけない動画やテレビや雑誌、情報を避けるだけでも生き方が変わり人生が変わります。

続く

5人の法則(つるみの法則)⑴

5人の法則(つるみの法則とも言う)

「周りにいる5人の平均があなたです。」

私も最近初めて聞きました。

アメリカの起業家ジム ローンの名言だそうです。

考え方、価値観、好みのもの、意見などから

経済状況(収入や健康状況)にも影響を受けるとか

まさに「環境が自分を作る」ということですね。

そして目標を立てたとき大事なのが

周りの環境を分析して変えていくことが重要なのです。

分かりやすい例が

元ライザップのパーソナルトレーナーの人が

「痩せたかったら、太った人とメシを食うな!」と

太った人には耳の痛いことを言ってました。

確かに太った人の原因、要因は7~8割が食習慣です。

そして栄養に対して多くの人が無知だと言えます。

私もメタボ体型ですが柔道現役20代のときと体重は変わっていません。

しかし柔道を引退してから結婚し30代手前99.9キロになってヤバいと感じて

本格的にジムに通いだしました。

そこでストイックに体のことを学んでいる人たちと(今でも25年来の付き合い)

トレーニングをして25年続け

運動生理学やトレーニング学、栄養学を体で学びました。

まさに最高の環境がそこにありました。私を含め周りの人は筋肉オタクなのです。

自分の理想とする人と付き合うことの大切さを感じる経験です。

続く

ものは、それを生かす人に集まる

ばかやろうの力

ばかやろうの文字、言葉を使ったり、見たりしても
私たちの体を構成している原子に影響して体や扱うものを劣化させると言います。

例えば靴やカバンの道具などもそうです。
扱う人の思い(念)によって変わります。

手入れとは敬意、感謝

メジャーリーガーのイチローは道具を大切にするので有名です。
グラブやバットに対し感謝の念を込めて手入れしているため、長年使いこなしているグラブでも新品のように綺麗です。
もしイチロー選手が道具を粗末に扱っていたら、あの結果はなかったでしょう。

手入れをしない汚れたボロボロの靴を履いた営業マンの成績結果は見えてます。

道具に感謝しないで扱っていると、「ばかやろうの念」で道具も酸化し劣化させます。

ばかやろうの力おそるべし


日常で腹を立てて、思わず「ばかやろう」と言いたくなる場面が多々ありますよね。
いつも「ばかやろう」を言われるような事をやっている人も、言っている人もお互い危険です。年齢より老けていますし(酸化)、いつもイライラして
いつも悪いことを引き寄せます。

これは体の酸化度にも言える事で、体内が酸化すると(+)になります。
そうなると皮膚の表面は(–)に電荷し空気中のプラスイオンを引き寄せます。
(冷蔵庫やテレビなどの電磁波がホコリを引き寄せるのと同じ原理です)
プラスイオンは
カビの菌、ウイルス、細菌、花粉、ホコリ、ダニの死骸、タバコの煙、酸化物などです。
これと同じように悪い縁も寄って来がちです。

イライラ、悶々、不安、憂い、望まない酸化させることを知らないうちに自分から引き寄せているのです。
これも「ばかやろう」の威力ですね。

念は通じる 念とは波動(エネルギー)?⑹

パレートの法則

「世の中は2対8で構成されている」

世の中を10として
「2割の人は自家発電型」の気づくのが早い、
プラス思考、前向きな人でツキを引き寄せる人です。
環境を自分でつくっていくことが出来る、
世の中を創造していく【成功する要素がある人】
です。
8割の人は、そうでない相対の人で、
人に環境をつくってもらう人です。

また8割のうちの
2割は「人の足を引っ張る人」
悪い方にしか考えない超マイナス思考、
悪い方に人を巻き込む人、やる気を奪う(最悪の)ツキを逃す人がいます。

中間の6割の人

2割の自らツキを引き寄せる自家発電型の人
反対の
2割の人の足を引っ張る最悪の人との間に
環境によってどちらにでも行ける
中間の6割に日和見的な存在があります。
細かく分けると《2:6:2〉ということですが、
大雑把に言うと3:4:3(さしみ)の法則と同じですね。

私たちの腸に1,000兆いると言われる腸内細菌も全く同じで
2割善玉菌2割悪玉菌
6割が日和見菌で腸内環境を保っています。
同じように人が集まる組織、会社、団体、社会、世の中も不思議と
このパレートの法則と同じ構成です。

もう決まっている⁈

2割のツキを引き寄せ成功する要素がある人は先天的素質(もう決まっている)があって
実はなろうとしても、なかなか成れるものではありません。
だったら…もうダメなのか…
そうではありません!
6割の人が【成功する人】になるには方法があります。
(2割の悪玉菌的な人は救いようがありませんが)
それは
良い環境に身を置くこと、
環境を変える、選ぶことです!

悪玉菌的な人のいる環境や
会話の内容、言葉を避けること
です。

努めて良い環境、前向きな会話
希望的、肯定的な言葉が飛び交う
「場」環境に身をおきましょう。
そして成功しそうな人と環境を共にすることです。
人は環境でしか変えられませんし、成長出来ません。

成功している人、成功しそうな人と組むことです。
「何をやるか」も大事ですが
「誰とやるか」というのが、もっと大事なのです。

続く

念は通じる 念とは波動(エネルギー)?⑸

ツキを引き寄せる人

人間の体も地球も同じ物質?で作られています。
しかも完璧なまでに
当然ですよね、私たち人間は進化して50〜70万年前に誕生した地球人ですから。
そして同じ物質というだけではなくしくみ、働きも同じなのです。

エネルギー理論 しくみ、働きとは 引き寄せ

この世の中で一番エネルギーが強い存在は「地球」です。
それが万有引力で、私たちが立っていられるのも
地球の引力によって引き寄せられているからです。

何か足りてない。とは「酸化」

酸化とは、原子から電子がスピンアウトする反応(反対が還元)です。
簡単に、全ての物質は原子から成っていますが
原子は(+)の陽子(–)の電子とがバランスをとって物質(現象)を保ちます。
陽子の(+)は引き寄せる力、エネルギーです。
エネルギー(+++)の力が強いほど引き寄せる力も強烈です。
これは人間の念も同じで、
「何とかしたい!」
「このままでは終わりたくない!」
「目標達成して成功したい!」
「夢を叶えたい!」

など酸化といえる状態は電子(–)を引き寄せ現象を創ります。

電子は現象を創造する。

https://youtu.be/-EYmgL8kD2g
↑動画↑ここをクリック意識したことを、なぜ引き寄せたのかを科学的に検証

イメージする
意識、フォーカス
すると、それが現象化するのは電子が関係する。
これは「ツキを引き寄せる人」と大いに関係します⋯

続く

念は通じる 念とは波動(エネルギー)?⑵

念について 念力(エネルギー)とは酸化?


「念力で何でも引き寄せることが出来る」と言っている人がいました。
「こんな人と出会いたい」「こんな仕事をしたい」「こんな生活をしたい」
という願望や夢、希望を持つことは、その時点でまだ叶っていないのですから
満たされない不満でもあるし、不足、不安定です。
これは原子から電子(−)が奪われ不安定になった酸化(+)という状態です。

酸化しないと引き寄せられない。エネルギー理論

「なんで夢と願望に原子が関係するの?」
それは
広大な宇宙と相対の小宇宙と呼ばれる極々超ミクロの原子の世界、量子と関係します。

私たち地球人は地球で生まれました。
地球は(+)の陽子で莫大なエネルギーで全てのものを引き寄せています。
私たちが立っていられるのも地球に引き寄せられているからです。
N極S極の(+–)の中性子陽子の(+)電子の(–)月


私たちは同じしくみで創られていて、しかも同じ物質でできているのです。

この宇宙の調べ(波長)、真理、法則、原理原則に従えば失敗することはありません。
もし失敗と云える事が起きたとしても、その出来事は
次の花や実をつけるために一旦は酸化し、
枯れて土に還り自らの養分とする自然のサイクルに過ぎないのです。

何でも引き寄せる事が出来る

続く

念は通じる 念とは波動(エネルギー)?⑴

念とは

「念を押す」「相手に重ねて注意する」
という意味で、言葉で伝える行為になります。
「念願」となると「心にもち強く願うこと」
まさに「念力」です。

また仏教の念仏(今の心が仏)のような心の状態や、
思いの力をあらわすよう念には強弱があって、
その心の強さに波動というエネルギーがあると言えます。

心の振動の強い人間(思いの力が強い)とは?

これは自然の法則「水は高い所から低い所へ流れる」と同じで、
波動もまた、強い振動の人間から弱い振動の人間に伝わるのです。

念力(エネルギー)とは酸化?

「念力で何でも引き寄せることが出来る」と言っている人がいました。
「こんな人と出会いたい」「こんな仕事をしたい」「こんな生活をしたい」
これを叶えることが「念願」でこれを常に心に置くことを「念頭」と言います。
これらを科学で解くとエネルギー理論の酸化還元の法則で説明することが出来ます。
続く

念は通じる 念とは波動(エネルギー)?⑵