感謝経済との出会い⑩

相対の法則  対立の原理

与えるから与えられる

自然が男女、オスメス、昼夜、陰陽、明暗、裏表、上下、左右で出来ているように片方だけはありません。

片側があって、片側の存在が成立ちます。

全てはこの法則、原理で出来ていて例外はなく、

この原理から外れると消滅して行きます。

支えるから支えられる

感謝する、感謝される

現象に限らず、世の中も相対で出来ています。

順調困難、良好逆境、

善悪、健康病気、

するされる、与える与えられる、

成果負荷、幸不幸などなど

対立する状態で成り立っています。

例えば幸不幸でいうと、

ずっと幸せという状態は幸せか⋯?というと微妙で、

幸せが当たり前になってしまっている状態、とてもそれは不幸だと言えます。

幸せを本当に感じるときは、対立する不幸があってこそです。

不幸な出来事によって、何気ないことでも幸せを感じさせてくれるのです。

誰もが望まない逆境も困難も病気も同じことで

順調、良好、健康と表裏一体で片側だけを望むことはできません。

与えて与えられる。感謝するから感謝される。

「感謝されること」は「感謝すること」と一体で、

切り離すことは出来ず、同じだけ大事です。

多くの人から感謝されている人は、そんな自分の恵まれた環境を感謝します。

与えられるから与える。のではなく

まずは与えて与えられる支えるから支えられる、
感謝しないと感謝されないということです。

相対の法則、対立の原理奥が深いです。

感謝経済との出会い⑨

報われる、報われない

「頑張ってもても報われない…」と感じている人がいます。

でもこれは「報い(報酬)」

例えば

自己承認、自分を認めて欲しい。

よく思われたい。

高く評価して欲しいなど見返りを期待しているからです。

見返りのためにやると

「ここまでやっているのに分かってもらえなかった…」

と思ってしまいがちになります。

まずは自分のために

「人のため」だけでも「自分のだけ」だけでもNGです。

奉仕活動、ボランティアも、休みの時間を注いで

「何があるの?」

「何も無いなら家で休んでいたい」と思う人もいるでしょう。

確かに奉仕活動は、見返りを求めるものではないですし、

感謝されたいからやるものではありません。

でも、そう思う人でも奉仕活動をした後に、

ほとんどの人が「やって良かった」という満足感を得ます。

「人に役立った」と実感したとき

「人から必要とされた」

「喜ばれた」など

人から感謝されると自信につながり、自尊心が芽生えます。
それがボランティアハイというものです。結局、自分のためになるのですね

きっかけはなんでも良いですから

友達から誘われた。

たまたま地域のボランティアに参加した。

最近、私は小学校の通学路の見守りをやりました。

1日人から「ありがとう」と言ってもらえるか。
自らも人に「ありがとう」の声かけができるか。
何でもいいから自分の魂(ハート)が喜ぶことをする。

それが感謝経済の根底に成っているのです。

メンターシップ=お役立ち精神を養うには

メンターの特質

◯お役立ち精神、サービス精神が旺盛。


自分がやって欲しいことと、相手がして欲しいことは違うことが多くあります。
こっちは良かれと思ってやったら大失敗⋯なんてこと、よくある話です。
その前に
「何かお役に立てることありますか?」
「私でよければ力になりますが、何をしたらいいですか?」
「何か手伝えることありませんか?」のような
相手が何を求めているかを知ること、先ず聴くこと(傾聴)
相手の感謝につながる第一歩です。

◯信念は強いが柔軟、「ゆらぎの概念」を備えている。


「絶対にこれだけは譲れない!」信念を最後まで通す!
という人がいますが、一つ間違えるとただの頑固者です。
信念は大事です。でも自分の判断を見直すことも大事です。
ある人が
「自分で自分のことを決めるほど、あてにならない」と言っていました。
メンターは考え方に偏りがないよう
周りの意見と自分の考えとの相対で判断します。
「確かにそうだよね」
「あなたの言う通りだよ」
「なるほど、そういうことね」の言葉を入れると人間関係が変わります。

◯いつもプラス受信。いつも人を励ます。


当然ですが
自分の夢や願望を支えてくれる人(ドリームサポーター)や
将来は希望に満ちているの信念を持った未来志向の人
みんなが求めています。
「いつも頑張ってますね」
「いつも力もらえてます。ありがとうございます」
「私も見習いたいです」
人を讃える、賞賛することの習慣をつけると
自然に自分の方に関心が向いてきます。

◯いかなる状況においても楽しむ。


その分野をやり抜くこと。続けることです。
何でもいいからルーティンにすることです。
仕事でも休日でも、同じ時間に起きるとか
「朝起きたら先ず水を飲む」とかでもいいのです。
小さなことでも積み上げると山になります。

◯謙虚で自然体。


メンターは自他共に信頼しています。
「自信が無い」という人がいますが
自信ってなんでしょう?
自信とは字の如く「自らを信じる」ですから
自分で自分のことがあてにならない。と言っているのです。
自分が信じられないと、人も信じることが出来ません。
ではどうしたらいいのでしょう。
それは
自分のメンターを探すこと、求めることです。
一般社団法人ブロックチェーンメンターバンク 北原貴之

念は通じる 念とは波動(エネルギー)?⑺

『類友の法則』成功しそうな人と環境と行動を共にする

「類友の法則」とは波長、気が合う人とのつながり

簡単に「自分と似ている人が友達・知り合いとなっている」ということを示す言葉です。
類友というのは何でつながっているのか?
それが「波長」と言われるもので、「気が合うこと」と同じです。
「類友の法則」を語るとき、
「人生を変えたければ、付き合う人を変えましょう」
しかし、これでは言葉足らずです。
付き合う人を変えたとしても、
「自分自身と向き合い変わろうとしない(行動しない)人が、
いくら付き合う人を変えようとしても変わらない」ということです。

必要なのは実践・行動 環境を変える

環境は大事です。
例えば、数千万、数億円稼いでいる人たちと知り合いになったとします。
その人たちの話を聞いていると、確かに、目から鱗の話ばかりで、
パラダイムシフトができるからです。

成功者と知り合うことと自分の成長とは全く違う、陥りやすい錯覚

「今日はいい話を聞くことが出来て充実した時間を過ごせた」
成功者の波動に触れることが出来て、
そんな気分になれたことだけで満足してしまいます。
それだけで同じように稼いでいる人になったと錯覚してしまったら危険です。
夢だけを楽しむだけで終わってしまうのです。

行動しないで空想、妄想の理想の世界だけを描くことは
楽で楽しいかもしれませんが「夢のまた夢」です。
楽を追うと同じだけ苦が追って来ます。
そこで「自分はどうだろう?」と向き合うことです。

現実と夢や目標、理想が遠くかけ離れていた時、
誰でも酸化(落ち込む、くさる、へこむ)します。
それでもしっかりと苦と向き合う(今の自分の現状と向き合う)ことです。

寝てみる夢を追うのは楽です。
しかし、現実に夢を叶えるのは、それに見合うだけの行動と苦が伴います。
成果(還元)を出すには負荷(酸化)から先に振り子を振ることです。
先に楽を求める。先に成果を求めるのは法則に反しているのです。

続く

念は通じる 念とは波動(エネルギー)?⑹

パレートの法則

「世の中は2対8で構成されている」

世の中を10として
「2割の人は自家発電型」の気づくのが早い、
プラス思考、前向きな人でツキを引き寄せる人です。
環境を自分でつくっていくことが出来る、
世の中を創造していく【成功する要素がある人】
です。
8割の人は、そうでない相対の人で、
人に環境をつくってもらう人です。

また8割のうちの
2割は「人の足を引っ張る人」
悪い方にしか考えない超マイナス思考、
悪い方に人を巻き込む人、やる気を奪う(最悪の)ツキを逃す人がいます。

中間の6割の人

2割の自らツキを引き寄せる自家発電型の人
反対の
2割の人の足を引っ張る最悪の人との間に
環境によってどちらにでも行ける
中間の6割に日和見的な存在があります。
細かく分けると《2:6:2〉ということですが、
大雑把に言うと3:4:3(さしみ)の法則と同じですね。

私たちの腸に1,000兆いると言われる腸内細菌も全く同じで
2割善玉菌2割悪玉菌
6割が日和見菌で腸内環境を保っています。
同じように人が集まる組織、会社、団体、社会、世の中も不思議と
このパレートの法則と同じ構成です。

もう決まっている⁈

2割のツキを引き寄せ成功する要素がある人は先天的素質(もう決まっている)があって
実はなろうとしても、なかなか成れるものではありません。
だったら…もうダメなのか…
そうではありません!
6割の人が【成功する人】になるには方法があります。
(2割の悪玉菌的な人は救いようがありませんが)
それは
良い環境に身を置くこと、
環境を変える、選ぶことです!

悪玉菌的な人のいる環境や
会話の内容、言葉を避けること
です。

努めて良い環境、前向きな会話
希望的、肯定的な言葉が飛び交う
「場」環境に身をおきましょう。
そして成功しそうな人と環境を共にすることです。
人は環境でしか変えられませんし、成長出来ません。

成功している人、成功しそうな人と組むことです。
「何をやるか」も大事ですが
「誰とやるか」というのが、もっと大事なのです。

続く

他人からの感情によって物質、人も変化する?

見た目で運も変わる?

何度も紹介しています

「ありがとう」に置いた水と「ばかやろう」に置いた水との違いを
氷の結晶で見られます。
ありがとうの氷の結晶は美しい六角形の形が出来て、
ばかやろうの氷の結晶は歪(いびつ)な形になります。

なぜ結晶に違いが出来るのでしょう?
全ての物質は原子で出来ていて
酸化と還元で考えると答えは簡単に解けます。

なぜ水が言葉(文字)によって変化したのか

測定者が「ありがとう」という文字を見て脳が意味を理解して、
水を還元させたと考えられます。
逆に「ばかやろう」という文字を見たとき脳は、その意味を理解して水を酸化させたのです。
水を変化させたのは測定者の感情(波)
体から水分子(H2O)の持つ固有の振動数(物質の周波数)に対し
ありがとうは共鳴、ばかやろうは非共鳴を与えたのです。
まさに感情(脳)が電子の状態(物質)を変えたという量子の世界です。

酸化と還元で
私たちの体は60~70%水分ですから
脳(思考)から電子に影響して身体に及ぶことが納得出来ます。

人は見た目で判断 運にも関係⁈

メラビアンの法則をご存知ですか
人は第一印象の殆どが相手の脳にインプットされてします。

相手に「この人は仕事出来そう」「誠実そうだな」「頼れそうだ」
周りの目(測定者)が判断させることで「ありがとう」の水のように
自分が好転する方向に変えることができます。
「あの人は成功するよね」そう周りから言われている人が
本当に成功しているのは、このことと運が深く関係しています。

反対に「あの人は無理でしょ」「ダメダメありえない」「絶対成功なんて無理!」
言われるパッとしないイメージを周りに全開している人
「ばかやろう」に置いた水を見た測定者と同じ波動(念)が伝わり
与えた印象通り何をやっても上手くいきません。
まさに与えたものが与えられるのです。

このことから、上手くいく上手くいかないは
自分の力だけではなく、
周りの人に与える見た目、印象がとても大事なことが理解できます。
出来る人は自分の運だけではなく、人の念も使って運をあげているのです。

肝臓と怒りという感情

酸化はものを劣化させる犯人

実は酸化は生命活動で無くてはならない働きなのです。
酸化しないと還元しませんから、

私たちの体で起きている生命活動も生活、人間関係でも酸化が必要なのです。

肝臓と怒りという感情

怒りの感情は体にとって良くはありませんが、私たちは体も心も酸化を還元するように出来ていますので
日常で起きていることの怒りの感情をエネルギーに換えるようにも出来ているのです。
怒りから逃れることはありません。

日々出来事が起きていて世の中はものすごい勢いで流れています。
そんな中で理不尽なことや不条理なことが起きていて、
それに対し自分の在り方を考えます。

怒りは他に向けられたものばかりでは無く、自分の無力さにも怒りを感じるものです。
時代の流れについていけない、
私は携帯が変わる度に、機能についていけなくて、自分に腹が立ちます。
単に怒りの感情は良くありませんが、

「だから何とかしたい!」
「もっと良くなろう!」
「負けたくない!」これらは向上心を掻き立てる思いで、原動力は怒りです。
肝臓を人に見立てたとき、単に肝臓さんは怒りっぽくて怒りに弱いのか…
違います!怒りに対して相対の『強いと弱い』を持っていて、
怒りをエネルギーに換える力も大いに備えているのが肝臓さんです。

支配的、意欲旺盛、率先垂範
その反面、思い通りにいかないジレンマ、他との温度差を感じるなど
「何とかしたい!」という、それをエネルギーにする、不可能を可能にする。
怒りを前向きな怒りに出来る性格の人は肝臓さんは大好きです。

怒りの感情をこじらせる人

腹が立ったからといって怒鳴る人。
わめき散らす、自分の思いを押し通す人。
怒りをエネルギーに出来ず、怒りの感情をこじらす人は肝臓にとってはNGです。
肝機能疾患、背中の筋肉の張り、腰痛、胆管炎、虚脱感、喉の渇き
手のふるえ、皮膚の痒み、鼻血、お腹の張り、食欲不振などの
症状があった場合、病院に行くのと同時に自分の性格、考え方も見直しましょう。

性格で病気が(・・?決まる⁈

病は気から

病の原因は宇宙で一番小さな素粒子の世界、電子の状態(量子)から起きていると言われています。
そして私たちの体は原子(素粒子)の集まりで出来ています。
その数はなんと!

量子は素粒子の一つのパーツと言える
電子の動き、反応、状態のことを量子と言いますが、これが感情から陽子に影響を受けるのです。

陽子は感情からどんな影響を受けるのか?

感情は感情は怒り、悦び、憂い、不安、悲しみ、恐れなど、
それぞれ心、感情には固有の振動(波)があります。

体も物質で筋肉や骨、皮膚、各臓器、各組織、各細胞は原子から成っていて
各細胞は固有の振動を持ちます。
固有の振動は陽子の振動です。
そして意思、感情の周波数から陽子(固有の振動)に影響します。
それが非共鳴になって
感情の乱れが陽子の乱れた振動、非共鳴によって電子の軌道に影響
スピンアウト(酸化)しやすくなり、
またスピンイン(還元)しにくい状態になります。

心の乱れが酸化しやすく還元力が落ちやすくなるという。
体は心から影響を受けているとはっきり証明できるのです。

陽子(+)は無意識、意思、感情の素粒子
電子(−)は状態、現象の素粒子です。
これだけでは感情が乱れる度に電子は影響を受けっぱなしになるので
もう一つの素粒子、+にも−にも電荷している中性子があります。

中性子は意識で選択の素粒子です。
感情が高まるのを制御、コントロールするのが中性子の存在といえます。

悪いことは良いことのきざし エネルギー理論⑷全ては酸化から

悪いことは良いことのきざし エネルギー理論⑶全ては酸化から
の続き

感情 悲しみが必要なのは

人の悲しみの心を理解出来て気持ちを汲める人こそが
魂を持っている「人」なのです。
私たちは心の中に鬼がいます。
一般的に「あの人は鬼だ⋯」と云われるような人は
慈しみの心、慈悲心が無い
人の気持ちが分からない、気持ちを汲まない。
悲しみの感情が無い人のことを言います。(鬼子母神が鬼だったように)

鬼というのは実際に実在するものではなく
人の心の中に存在する醜い人の姿に想像上で描いたものです。
そして鬼が云われて改心したのが人の姿です。
「云われ」とはお釈迦様の真理、説法、縁です。
それが魂という字なのです。

悲しみから学べること

辛いこと、悲しいことがあって初めて人の気持ちが汲めるようになり
慈悲の心、慈しむことができ
人に優しくなれるのですが、「優しい」という字は「優秀」の優で「優(すぐ)れる」とも書きます。
しかし学ばない人もいます。
それが
悲しみの感情をこじらせることです。
拗(こじ)らせるとは
よく使うのは
病気を治しそこねて長引かせる。「風邪を拗らせる」ですが
物事をもつれさせ、処理を難しくする。めんどうにする。
「問題をらせる」ことです。
悲しみという感情から何も学ばず、感傷に浸るだけになると
東洋医学では肺を患うと言います。
肺を患っている人は(タバコが原因もありますが)
悲しみ、辛いことの感情を上手く消化しきれていないのかもしれません。

続く

エネルギー理論で悩みを解決

OKWAVEご存知ですか
http://message.okwave.jp/whyokwave/index.html

日本最大のQ&Aサイトで各種の専門家が質問に答えてくれるというものです。
私は今月の3日から『エネルギー理論で人生の悩みを解決』登録して質問に答えました(^^;;


人の悩みにに答えることはアウトプットとインプットを同時にやるため勉強になります。
まさにエネルギー理論です。

例えば

20代?男性の悩み
Q
最近、不幸続きで良いことがありません。
特に去年は最悪でした。
今年こそはと思い神社にもいき、手を合わせました。
それなのにダメダメです。
おみくじも大吉だったのに。

不幸は気持ちの問題だときき、ポジティブな考え方を持ち生活しているのですが、
嫌なことばかりでポジティブでいることが辛くて溜まりません。

運をよくするにはどうすればよいでしょうか?
最近では占いも信じているのですが全く意味をなしません。

だとか
A 私答えは
私もそういう時期が長くありました…
「悪いこと続きで八方塞がりだ」と長いトンネルに入ってしまった感で素直に人のいうことを聴くことが出来ないでいるとき

ある方のお話で一番腹に落ちたのは
悪いことも、良いことも
ずっとは続かないこと
常に動いているという振り子の法則です。

息を吸う吐く、昼と夜、季節が巡り暑さ寒さが当たり前にあるように
良いことも悪いこともある。
相対の法則です。
世の中は全て交互に同じことが同じだけ
起きています。
当たり前すぎて気づけていないだけなんです。

私もそれに気づき悪いことがあったら喜びます⁈
なぜか?
振り子の法則で必ず反対の良いことがあると信じて良いことを探しますから(こじつけてでも)意識がそこに向くのです。

運の良い人と呼ばれる人は同じような気構えです。

冬来たりなば春遠からじ…です。
悪いことは良いことのタネ
悪いことがあるから良いことに気づけるのでは…

ベストアンサー

ベストアンサーに選ばれると

ランクずけされていきます。