サンクスアドバイザー

サンクスアドバイザー

ものは、それを生かす人に集まる

ばかやろうの力 ばかやろうの文字、言葉を使ったり、見たりしても 私たちの体を構成している原子に影響して体や扱うものを劣化させると言います。 例えば靴やカバンの道具などもそうです。 扱う人の思い(念)によって変わります。 手...
「ゆらぎ」の概念を持つ

「ありがとう」感謝の力(波動、エネルギー)は無限大

「ありがとう」の力 感謝の力 「ありがとう」の言葉で心も変われば、体も、もの(物質)も、起きている事態も変わりますし人生も変わります。 相手の念からも働く 「ありがとう」の水の原理 他から見て自分自身の存在が「ありがとう」であるために、人の...
サンクスアドバイザー

メンターとは

メンターとは メンターの由来 トロイア戦争後のオデェッセウス(Odysseus)王の僚友『オデュッセイア(The Odyssey)』の 登場人物である「メントール(Mentor)」という男性の名前にその語源があります。 メントール...
サンクスアドバイザー

何が起きても良かったと感謝出来ると⑴

考え方、捉え方+出来事=結果、経験 日常に起きる出来事に出くわした時、 感じ方、捉え方は人それぞれの考え方によって違います。 例えば 私の最近起きた出来事で、 母親が入院して薬の副作用で幻覚、幻聴でパニックになり病院を脱走して行方...
サンクスアドバイザー

自分の身体に感謝 恐れの感情の必要性

恐れ、何かに怯える、驚く、不安の感情は腎臓を害します。 でも恐れの感情があるから慎重になります。分かりやすい例が車の運転です。 怖いもの無しで車の運転をしたら非常に危険ですし、周りに迷惑をかけます。 思慮深くして周りに迷惑をか...
サンクスアドバイザー

自分の身体に感謝 悲しみの感情の必要性

悲の臓器 肺 悲観的というとネガティブな情感ですが、 酸化と還元に置き換えると 悲しみは酸化、喜びは還元と言えます。 失った悲しみと、満たされた喜び。二つは一対(いっつい)です。 ずっと楽を求め喜びだけを追うと(悦)、心臓を...
サンクスアドバイザー

自分の身体に感謝 憂(うれ)いれば崩れる

憂いの臓器脾臓、膵臓 憂いとは 疑う、迷う、不信、心労、取り越し苦労などで、全て力を奪うものです。 症状に出るのが胃です。五臓六腑でいう脾は胃と口につながっています。 心と身体はセット(相対)です。 心は波動を持っていて(...
サンクスアドバイザー

ハートフルなメンター、サンクスアドバイザー

1「自分の身体に感謝」 【固有の振動】 体はそもそも原子(主に水素、炭素、酸素、窒素)で出来ていて、その他の微量元素と組み合わさって(分子)皮膚や筋肉、骨、内臓が作られています。 原素の一つひとつに固有の振動が有って、各臓器にも固有の...
サンクスアドバイザー

サンクスアドバイザー基本的真情(考え方)とは

1「自分の身体に感謝」 感謝の基本の一つ 当たり前に機能している体に感謝することは大事なことです。 美味しいものを食べて飲んで美味しく感じ、分解して吸収することで体が保たれ、 代謝し排泄され循環しています。 そしてこれらは全て私た...
タイトルとURLをコピーしました