全てはゆらぎで出来ている エネルギー理論

エネルギー理論(ゆらぎ)とは、

大まかに言えば、宇宙がつくられた原理原則で、大自然の山や川、海

森羅万象の成り立ちも、生命体も生態系が保たれているのは全て「ゆらぎ(波動)」エネルギー理論で創造されました。

もし、この法則から外れることがあれば退化し崩壊していきます。

私たちの体も、世の中も、自然も宇宙もエネルギー理論(ゆらぎ)でつくられ

ゆらぎは宇宙の波動で「創造のための閃き」です。

不便を便利に、不足不満を満足に、不快を快適に、病気を健康にしたい!

不幸を幸せに、苦を楽にしたいと考えたとき、その思いは波動になって

ゆらぎと周波数が合ったとき気づき、インスピレーション、閃きがあり新たなものが創造されます。

このように、相反する二つのもの(相対)が無いと、新しいものをつくる

エネルギーを生み出しません。

バランスの法則(相対の法則)

全てのもの、自然現象や生命体は、全て「2つのもの」で出来ています。

植物も雄シベと雌シベ、生物はオスとメス、人も男と女がいないと種の保存は出来ず絶滅します。

相対を辞書で引くと

他との関係の上に存在、あるいは成立していること。」

例えばプラス+とマイナスー、左右、上下、表裏、陰陽、明暗、男女などが例に挙げられます。

物質の根源が、原子の陽子の+と電子のーで構成されているように、

全てのものは相反する2つがバランスをとって成り立っています。

目に見える、ものや人などの物質だけではなく、

社会の道理(倫理)や働きもエネルギー理論、ゆらぎで出来ています。

苦難は幸福の狭き門

苦と楽は一体で、苦だけも、楽だけもありません。二つで一つの一対です。

2つを分けることはできず、片方が欠けたら成り立たず崩壊(酸化)してしまいます。

楽は苦のタネ、苦は楽のタネ

ずっと楽しいことが続くことが、幸せではありません。

幸せを気づかせてくれるのは、相反する辛い出来事です。

また楽ばかり求めると、同じだけの苦が返ってきます。

逆に、やりたくないこと、苦しいを進んで行う。

今まで、やれなかったことを努力してみると、次第にやれるようになり楽しくなってきます。

最初はなかなか、できなかったことが、ふとしたことでコツをつかんで出来た瞬間があります。

補助輪無しで自転車に乗れたときや、

上手くスキー板に乗れた瞬間。

ゴルフで良い感じにショット出来たことなど。

成長して次の段階に上がる瞬間が

「ゆらぎ」でありエネルギー理論なのです。

参照著書 世界は「ゆらぎ」でできている

悲観の臓器⁈肺⑵ 心の起源❓

心はどこにあるのか⁈

心の始まりは、胎児がお母さんの母体で形付けられる時期に

お母さんの精神状態によって、大きく影響を受けると言います。

第6〜7週、この時の胎児は、形が作られ出し、臓器も徐々に構成される段階にあります。

「心は脳にある」と言われる西洋思想の学者がいますが、

東洋思想の「心は腹わた(五臓六腑)にある」の方が正しいのかもしれません。

胎児にとって初めての対人関係と言えるのが、母親の感情、心は波動として

胎児に送られます。

この時期、母親の感情、波動が

悲しみや不安、迷いで心が不穏な状態だと、胎児はまともに影響を受けてしまいます。

胎児はその波動から、自然に悲しみの感情を避けるようになります。

ベルタ葉酸マカプラス

心の抗体の始まり

人も自分も悲しませたくないという思いが、気を使う子供、

反応が早い子供、敏感で神経質な子供にしてしまいます。

分かって欲しいのに誰も分かってくれない、敵か味方かも分からない、

アレルギーの反応と同じことが心と体でも起きてしまいます。

皮膚や粘膜で起きているアレルギー反応は呼吸器(肺、鼻、皮膚)の本来持っている固有の振動数と、

心の状態から発生している振動数との非共鳴から起きていて、

原因は心から起きていることが理解出来ます

しかも、

肺機能低下、呼吸器系障害、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー、便秘精力減退など起こしやすいというのが

胎児から悲観的、被害妄想癖、なんで私だけ⋯、なんでこんな目に⋯、マイナス思考、いつもクヨクヨ、メソメソの心の波動を引きずっているとは驚きですね⋯

続く

モグキューブ

悲観の臓器⁈肺⑴

悲観すると肺を悪くするの?

悲観的、被害妄想癖、なんで私だけ⋯、なんでこんな目に⋯、マイナス思考、いつもクヨクヨ、メソメソしている人は

肺機能低下、呼吸器系障害、喘息、アトピー性皮膚炎、便秘精力減退など起こしやすい

悲しみの波動メソメソ、クヨクヨするのは良くないの?

確かにそうですが、悲しみのない人生なんてありません。

悲しむ、憂いの心の振動数に反応するのが肺です。

悲しんでいる人は呼吸に影響し息が浅くなり、ため息が出ます。

息が浅くなると体内が低酸素状態になり、

肺以外で呼吸している皮膚に負担がかかり皮膚にストレスがかかり、

肌のトラブルが起きます。アトピー性皮膚炎などがそうです。

皮膚は体の壁となり形をつくります。

体を覆う壁は皮膚ですが、細胞でいう壁は細胞膜です。

胎児は最初は液体でした。胎児が液体から個体(昇華)になるときに

最初に形として作られた細胞膜が壁になって

体を形成する皮膚ができます。

実はこのときに胎児の情緒が決まるといわれていて、

胎児のときに妊婦である母親の感情が胎児に伝わるのです。

敵か味方か、良いもの悪いもの、善悪の判断がここからつくられます。

ベルタ葉酸マカプラス

いかにお母さんの心が大事なのか理解出来ます。

悲しみもエネルギー⁈

悲しさを身にしみてこそ、人の痛みがわかるようになるのです。

悲しいことは人生の中で避けることはできないことなのです。

そうであれば、悲しみをしっかりと受け止めて情感のあふれる、人間味豊かな人になることです。それが悲しみをエネルギーすると言うことなのです。

それをせず、悲しみから目を背ける、見ないことにすると無関心になります。

またはその逆に過剰に気を使う、気遣いが過ぎて早ガッテンする。知ったかぶりをするなど人間関係にも無理がかかります。

悲しみの感情は自分だけの世界に入りがちで、

あまり人のことを考えられない状態に陥ります。

アトピー性皮膚炎の人になぜか、このような人が少なくないのは事実です。

続く

モグキューブ

気と体の波長(波動、調子)を合わせる

気合い⋯能力以上の力を発揮するには

気を合わせるとは、前回にも述べた

心、感情(波動)と体の(波長、振動数)を合わせることができたら

気が入った状態、まさに元気満々、根気、勇気で能力を全開できます。

このことを知らずに、意味不明に⋯

「元気出して行こう!」といっても空元気です。

心と体を合わせる!ことが

体力、体の力を能力以上に発揮することで

元気の「元の気」とは本来、体が持っている働きが、フルに発揮されている状態です。

元気は正気とも、真気または神気ともいいます。

これは東洋医学の用語からきて、東洋医学の考え方は

自然と体を合わせることです。

この縮図そのものが私たちの体にあります

循環、還流、消化、吸収、分解、解毒、代謝、燃焼、排泄、昇華

自然界も体も同じことをやっています。

モグキューブ

気合い!とは何か?

気合いが入らない⋯と腎臓が弱る⁈

ビビリ屋、いつも恐れを抱き、希望なんてない、悪い予感が心を支配してビクビク、オロオロしている人は

腎機能低下、ネフローゼ、膀胱炎、リウマチ、関節炎、骨粗鬆症、貧血、薄毛など起こしやすい。

腎臓の役割は排泄、分別です。

体は従順にそれをやっているのに、

心が、気が入らない。失敗を忘れられず前に進めない。トラウマ。恐れ。ビビって恐怖に縛られていると

心の波動と腎臓自体の波動とが非共鳴を起こします。

体の問題を治療より心のあり方を見直す

慢性的に腎臓が弱い。体温が低い。関節痛がある人は症状に対して

治療するより、心のあり方を見直すことの方が大事でしょう。

私の周りにも腎臓病を患っている人がいます。

その人の思考の癖をよく分析してみると、いつも悪いことばかりに目を向けています。

体の調子も、

今日は脚が痛い。

膝が痛い。

体が重い。

足がむくむ。

昨日は寝られなかった。

寒気がする。

などなど

常に体の不調を見つけ訴えていると、ますます悪い方へ向かいます。

逆に

悪かった、弱かったこともエネルギーに出来る

弱かったり悪かったことを無かったことには出来ません。

それより、弱みは強みにできるのです。

今日は体が重いけど脚は痛くないな。

今日は膝の調子が良い。

昨日はよく寝られた。

とか

前は悪かったけど、

今日は楽だ、調子が良い。

前より良くなって来ている。

このように今日は調子が良いことに目を向けられれば、

体は少しづつでも、良い方に解放して行くようになっています。

悪い方にだけ目が向く、フォーカスしてしまう癖がある人

良い方に向かっていることも気づけません

良いと思えるのは

前に悪いときもあったから、今が良いことに気づけるのです。

気持ちをそこにおく、意識する。合わせること。気を合わせる。気がつくこと。

それを気合いと言います。

逆に、気がつかないことが、気が抜けているのです。

そのことを心で納得できると、

体、腎臓の波動(機能、働き)と共感、共鳴でき、腎機能が高まるのです。

モグキューブ

気力 気の力✨エネルギーとは

気の力というと、やる気とか元気、勇気、根気を思い浮かべます。

気力とはエネルギー、酸化の力?と言えます。

酸化の力とは還元力とも言え、原子の陽子から電子がスピンアウトして

陽子の(+++)の力(酸化)が強くなってマイナスの電子を引き寄せ(還元)ます。

エネルギーの強い人は気力も旺盛です。

現状では満足していない 不便を不便のままにしない

不満をかかえている

もっと向上したい

このままではいけないなど、強い酸化の状態です。

還元からはエネルギーを生まない

世の中はドンドン進化しています。

この進化のエネルギーのもとは、もっと便利にしたい!という強い不満、酸化です。

みんながみんな「今で満足」と感じて便利を追求しなかったら、

移動手段は徒歩か馬車です。車も飛行機も道路も開発されていません。

誰かが頭の中で「なったらいいな」「あったらいいな」などの

不安を安心に、不便を便利に、不満を満足にしたい!という

エネルギーの強い人、気力のある人の酸化を還元する人がいたから

今があるのです。

パレートの法則 2:8の法則

世の中はプラス思考と言われる人は2割弱だと言われます。

しかしこの2割の人のエネルギーで社会全体が動き、進化していくのです。

その差は簡単で

あきらめる人か、あきらめない人かだけの違いだと言います。

贅沢すぎる5000 妊活

人それぞれの波動がある

波動と人柄

人間1人1人個性、顔、姿、声が違いますが、これは目で見て、聞こえます。

それ以外に雰囲気の違いというのがあります。

見た目だけ、いくら美人やイケメンで容姿端麗でも

とても残念な人がいます。

冷たかったり、傲慢だったり、自分のことしか考えてなかったり

雰囲気は内面から放たれるもので、それが波動ともオーラとも言えるのです。

内面から放たれるもの。

内面から放たれるものは、その人のこれまで生きてきた

思考の習慣、価値観や考え方、思いです。

この形のない思い考え方、価値観が、形のある体を通じ振動して

波動、オーラを放っています。

祈り国家安寧を願う天皇陛下

例えば、日本の皇室の方々を目の前にしたことがある人の

話を聞いたことがあります。

とにかく、半端無いオーラだそうです。

神々(こうごう)しい、畏れ多い⋯

言葉では現せないようなものだそうです。

天皇陛下は祈りの存在で、

日本の国が平穏無事で、国民の幸せを願う国の象徴ですから

一生一度でいいから、その半端無い波動に触れてみたいですね。

私の知人で飲食店を数店舗経営する居酒屋グループの中村文也会長がいます。

その方は10年以上ブログで人生相談、恋愛相談をやっていて

幸せになる知恵、考え方を発信しています。

中村文也会長を波動測定器にかける機会があり、私の予測通り健康的で若かったのです。やはりアウトプットが良ければ、インプットも良い

与える人は与えられるのですね。



性格、思考が体をつくる

病気がそれをさせる⁈

人の話を聞かない、頑固で話を折る、屁理屈を捏ねて文句を言う、それでいて自分は動かない、変化を嫌う、いつもダラダラ、グダグダしている人は

統計上消化器系疾患、糖尿病、内分泌系低下、ホルモンのアンバランス、胃潰瘍など

消化器系の脾臓、膵臓、胃、口、粘膜全般が弱くなります。

憂いとは、迷い、疑い、不安が混合した感情です。その感情が波動になって

消化器官、脾臓、膵臓、胃などに影響(これらの固有の振動数と非共鳴)します。

消化器官の役割と機能

消化器官は食べたものを消化して栄養を吸収、代謝させます。

私たちの体は食べたものからつくられています。

しかし、その体の主の心が消化しない(正しく捉えない)、

吸収しない(頑固、偏屈)、代謝しない(変化、成長しない、学ばない)

体は心の容れ物ですから、容れ物は完璧ですが心、感情が容れ物(体)を傷めます。

性格が病気をつくる 病気がそうさせる

私の気づいたことで、糖尿病の人の共通点があります。

それが、糖尿病なのに食べてはいけないものを食べる。

制御がきかない。言うことを聞かない。間違いを直そうとしない。

人の話を全く聞かない。

極度の偏屈、頑固⋯全ての糖尿病の人とは限りませんが

大方、当たっているでしょう。

なるべきして病気はなります。それは生活習慣によってではなく

性格、思考、感情、心、気によって病になるのです。

贅沢すぎる5000 アスリート

生活習慣病は性格習慣病

心の臓器 心臓

都合の悪いことは後回しに、嫌なことは目を背け、快楽主義、ご都合主義で、いつもワクワク、ドキドキを好む人は

心筋梗塞、心疾患、動脈硬化、血管系の疾患、免疫力低下、口内炎、感染症など起こしやすい。ということが統計上言われています。

心臓は血管、小腸、舌とつながっています。

血管は心臓の一部と言えますし、舌の形は心臓に似ています。

そして小腸と心臓の共通点は癌にならない事です。

不思議ですね

心臓の役割、機能は24時間365日無休でポンプを働かせて血液の循環、栄養を運ぶことと筋肉の運動と連携して、静脈、リンパ腺を通じてリンパ液を還流させます。

与える臓器、心臓

都合の悪いことは後回しに、嫌なことは目を背け、快楽主義、ご都合主義の性格の人が心臓疾患や動脈硬化になる人が統計上多いのか、

それは体の機能として心臓、血管が循環、還流の与える、廻し向けるなどの働きをしているのに

体の主である人の考え方が、

都合の悪いことは後回しで与えることをしない、

廻し向けない、楽しさ重視で苦しいことはしたくないという

心臓、血管の固有の振動数と非共鳴する感情を波動で送っているからです。

心と体の波動の共鳴とは

簡単素直に心臓、血管と同じ循環、還流

みんなに与える、廻し向けることをすれば良いのです。

与えない、やってあげることが損、出来るだけ自分は「労せず得をえたい」

やってもらうことが得と考える人は

心臓、血管が持つ波動とは対峙します。このことから

いつも考え方、心で体を痛めているのです。

だったらどうしたらいいか?

それを明らかにして解決させられる知恵を学ぶのが

サンクスクラブ波動Ewebスクールなのです。

病気は体からのメッセージ 感情が体の波動に影響

生活習慣病ではなく性格習慣病

外に怒りをぶつけ、社会や世の中に対しての不満が強く、いつもイライラ、ムカムカしている人は

肝機能低下、肝疾患、筋肉の緊張、捻挫しやすい、慢性的に眼精疲労、視力低下、など起こしやすい。

都合の悪いことは後回しに、嫌なことは目を背け、快楽主義、いつもワクワク、ドキドキを好む人は

心筋梗塞、心疾患、血管系の疾患、免疫力低下、口内炎、感染症など起こしやすい。

人の話を聞かない、頑固で話を折る、屁理屈を捏ねて文句を言う、それでいて自分は動かない、変化を嫌う、いつもダラダラ、グダグダしている人は

消化器系疾患、糖尿病、内分泌系低下、ホルモンのアンバランス、胃潰瘍に注意。

悲観的、被害妄想癖、なんで私だけ⋯、なんでこんな目に⋯、マイナス思考、いつもクヨクヨ、メソメソしている人は

肺機能低下、呼吸器系障害、喘息、アトピー性皮膚炎、便秘精力減退など起こしやすい

ビビリ屋、いつも恐れを抱き、希望なんてない、悪い予感が心を支配してビクビク、オロオロしている人は

腎機能低下、ネフローゼ、膀胱炎、リウマチ、関節炎、骨粗鬆症、貧血、薄毛など起こしやすい。

心から体に、体だから心にも影響を与える

心、感情が体の固有の振動数に非共鳴させ、体の各所に弊害を与えますが

体からも、心、感情に影響を与えます。

過度な運動をして怪我、筋肉を痛めると怒りっぽくなります。

快楽重視で遊びまわって生活が乱れると、気分がますますが躁(そう)になります。

暴飲暴食して胃を痛めると、憂い、迷い、判断力を失います。

浅い息、ため息ばかりしていると考え方が悲観的になります。

慢性的に体を冷やす、極端な減塩をする、運動不足、汗をかかないと気力が低下して臆病になります。

このように心と体は目に見えない波動によって密接に関係しています。