波動はエネルギー⑨

身体を会社、家庭に例えて

会社にはいろいろな部署があります。

営業部や管理、技術開発、経理事務、人事などなど

トップである社長は(大企業は別として)、

名前や顔、部署で何をして貢献しているのか、役割を知って時に労う。

それが社長の役割と言えます。

2代目の社長は当然ながら、最初は受け入れてもらえません。

少しずつスタッフの名前や考え方、

役割、貢献度に対して敬意を示し、

日頃から目をかけ労うことで、

初めて社長として認めてもらい、会社が動き出します。

もし、

名前も覚えない、何をしているのかも把握せずでは、

無視と同じで、そんな社員が頑張って働くわけがありません。

社長として認めていない。

社員と社長との波長は非共鳴となります。

家庭も同じ

奥さんが家庭で何をしてくれているのか、

家族の役割、大切さ

全く把握せず、感謝も敬意もなしでは、

いつか家庭崩壊するのは必然です。

これと身体と自分の関係とでは、

無関係、別物と言えるでしょうか。

「無関係だ」「それと身体は別物」と思う気持ち、その波長は、

内臓(五臓六腑)につながってますから、

非共鳴で影響を受けることは間違いないでしょう。

全ては同じもので出来ていて、つながっていますから


波動はエネルギー⑧

気から身体を治す…⁈ どうすればいいのでしょう?

という質問をいただきました。良い質問です。😃✨

世の中は相対、2種類の人の考え方があります

例えば、

同じ出来事に出会(でくわ)したとき、

結果に対して

良い方にフォーカスする人。

悪い方にフォーカスする人がいます。

「病は気から」の考え方からすると、

起きてしまった結果に対して、

悪い方にばかり受け取るのは、病んだ考えと言えます。

ものは考えよう

確かに、

理不尽な出来事に見舞われた人。

何で私が😱…

絶望的な😭経験を持たれる人がいます。

それでも、

良い方に目を向ける思考を、

やり続けていくと、(酸化と還元の繰り返し)

段階が上がっていき、視界が拡がり、

それまでの問題が、やがて問題で無くなるのです。

自分の段階(波動)が上がると、問題は問題で無くなるということです。

最初の質問に戻ります。

気から身体を治す。どうしたら?

そんなのは無理!理解出来ない!

難しいでしょう。

それでも

身体について学び、深く知ること。

身体の臓器が何をやってくれているのか意識する。そして

それを習慣にする。

知れば知るほど驚くことばかり、身体には感謝しかありません。

それに気づき反省して、身体に感謝すれば

心と体は波動でいう共鳴(仲良し)していくのです。

続く、


波動はエネルギー⑦

波動理論で不可能を可能に

波動理論エナジー学会のミッション

「気からのアプローチで体は改善出来るのか」

病は気からと言うなら逆に、

気から病は改善出来るのか。の検証を始めようとしています。

この話をすると

「面白いね」という人😃もいれば、

「それが何になるの」😑という人もいます。

もっと具体的に進めていくうちに、

「どうやってやるの」😏

「性格気性は変わらないから無理」😫

「誰も協力してくれないでしょ」😒

と進めれば進めるほどネガティブな意見が出て来ます。

波動理論の相対の法則で考えれば、予定通りの進み方です。

世の中は相対ですから、

良いという意見と、悪いという意見があって当然です。

酸化↗️と還元↘️

世の中は相対で、酸化と還元を日常に置き換えることが出来ます。

上手くいかない。誰かに反対された。壁に当たることを酸化。

上手くいく。良い意見をもらえた。克服出来たことを還元。

何でも事を始めようと進めるほど、良い意見も、悪い意見も出て来ますし、

上手くいったり、いかなかったりして、

それを繰り返す事で段階が変わります。

この段階が変わるのとエネルギーが上がるのと同じです。

しかし、多くの人は酸化ばかり続くと止めてしまうからエネルギーも高まらないのです。

商売、仕事もそうですが、上手く行っている時こそ要注意で、悪いタネを蒔いてます。↘️

逆に

上手くいかない時こそ工夫したり、反省したりするものです。↗️

酸化は日常に置き換えると

苦難、困難、逆境、不安、不足になりますが、

実はこれらが無いとエネルギーを生まないのです。

強い苦難ほど↗️↗️↗️高いエネルギーを生み出すのです。

この酸化↗️と還元↘️を繰り返していくと、そうした波動が発せられてエネルギーが高まるのです。

そして、ここからが本当の引き寄せが起こります。

酸化(+++)が強くなるほど、必要なものを引き寄せます。

先人が

「狭き門より入れ、滅びに至る門は大きく、その路は広し、これより入る者多し。

命に至る門は狭く、その道は細く、これを見出す者は少なし」


波動はエネルギー⑥

波動を高めれば健康に成れる

簡単に波動とは

物質(全て)を構成する基本的素粒子である電子の振動です。

その振動は陽子(+)の影響を受けます。

この陽子こそがエネルギーです。

意思、心が物質、体に影響するのもここから来ています。

量子力学の「波は物質の状態⋯」これだけを聞くと

全く不可解ですが、下記の図で示すように

明らかに体は心から影響を受けますし、逆に体からも影響を受けます。

ニワトリが先か、卵が先か論になってしまいますが、

体力に見合った運動で、体が丈夫になれば

メンタルもベストになって、

よく考え、与えるゆずることができ、変化を恐れず学ぶ。

忘れる、ゆるすことができるようになります。

体から心にも

胃が痛むと決断力が鈍る。

腎機能が低下すると不安になり恐れ、ビクビクする。

肝臓を病むと、短気になり些細なことでイライラする傾向があるとか。

しかし、それが分かれば、知らずに負のスパイラルにハマって

病むことがないよう感情を少しでも気にかけて

やがてコントロール出来るのです。

どうやって感情から体にアプローチするのか?

波動理論エナジー学会では心、気(感情)からのアプローチで

体を健康にすることは可能かを検証して実証例を挙げて

公開していきます。

続く

波動はエネルギー⑤

合同セミナー健康医学の真実12月14日報告続き

波動理論エナジー学会ミッション

波動理論エナジー学会(2020来春)の研究活動

活動ミッションⅠ

体の機能(分解、循環、代謝、吸収、排泄)

同じことを

心でも(よく考え、与える、変化を恐れず、学び、ゆるし、こだわらない)出来たら、

人は健康になれるのかの検証。

このことを話すと多くの人が共感、賛同してくれます。

身内や親しい人が重い病気になった時、

体に良いものを好意で薦められます。

しかし一番大事なところは

それをつくったのが、生活や食生活のバランスもありますが、

日常で起きるストレスに対して反応する感情の積み重ねが、

心の歪みの波動が、体の波動に影響を受けます。

ただ、むやみに怒る💢腹を立てれば、

副腎からアドレナリンが分泌され活性酸素も発生し細胞を傷つけます。

ちなみにアドレナリンはコブラ🐍と匹敵する猛毒です。

それだけ怒りは莫大なエネルギーですから、

使いようによって自分を超えた力を発揮してくれるのですが、

使い方を間違えると自分で自分の体を😱😰😭ということです。

こうした自分の傾向からつくられた体の結果(病)だけを診て

いくら体だけに良いものを与えても、自分のストレスに対する

反応を変えなければ元の木阿弥です。

疾病信号

病気は生活の赤信号です。病気は生活や心の歪みで起こったものと考えて

体が知らせてくれた、有り難いお知らせなのです。

波動理論エナジー学会ミッションⅠの検証は、

世の中何となく「病は気から」

ストレスが体に影響を与えることは知っています。

これらを知っていても、なかなか出来ないという問題を見据え

気から病を改善出来るか?

どうしたら出来るのか?を

研究、検証し形式知化していくことが波動理論エナジー学会のミッションⅠです。

続く

波動エネルギー④

合同セミナー健康医学の真実12月14日報告続き

波動理論エナジー学会とは

人間の生理機能の「生理」とは、生命の理(ことわり)と言えます。

大きく分けて、

分解、循環、代謝、吸収、排泄などです。

これらの役割りを、五臓を中心に各器官と連携、共鳴して、

助け合って生命を維持しています。

どれをとっても無駄がなく、

知れば知るほど奇跡と言えるくらい、体の機能は素晴らしいものです。

心と体の波動共鳴

もし心でも体と同じ機能が出来たら、

例えば、

分解=よく考える
循環=与える
代謝=変化を恐れない
吸収=学ぶ
排泄=忘れる、ゆるす ことになり、

体と心の波動共鳴といえます。

波動理論エナジー学会では被験者を募り、

量子検測機やその他検査等の結果からテーマを決めて

実際に心の共鳴の分解、循環、代謝、吸収、排泄(手法は別紙にて)を行なって

実際にそれによって検査結果が改善し、健康になれるのかを検証し、

研究と実例を積み上げ、多くの人の健康に貢献することを目的とします。

続く


全てはゆらぎで出来ている エネルギー理論

エネルギー理論(ゆらぎ)とは、

大まかに言えば、宇宙がつくられた原理原則で、大自然の山や川、海

森羅万象の成り立ちも、生命体も生態系が保たれているのは全て「ゆらぎ(波動)」エネルギー理論で創造されました。

もし、この法則から外れることがあれば退化し崩壊していきます。

私たちの体も、世の中も、自然も宇宙もエネルギー理論(ゆらぎ)でつくられ

ゆらぎは宇宙の波動で「創造のための閃き」です。

不便を便利に、不足不満を満足に、不快を快適に、病気を健康にしたい!

不幸を幸せに、苦を楽にしたいと考えたとき、その思いは波動になって

ゆらぎと周波数が合ったとき気づき、インスピレーション、閃きがあり新たなものが創造されます。

このように、相反する二つのもの(相対)が無いと、新しいものをつくる

エネルギーを生み出しません。

バランスの法則(相対の法則)

全てのもの、自然現象や生命体は、全て「2つのもの」で出来ています。

植物も雄シベと雌シベ、生物はオスとメス、人も男と女がいないと種の保存は出来ず絶滅します。

相対を辞書で引くと

他との関係の上に存在、あるいは成立していること。」

例えばプラス+とマイナスー、左右、上下、表裏、陰陽、明暗、男女などが例に挙げられます。

物質の根源が、原子の陽子の+と電子のーで構成されているように、

全てのものは相反する2つがバランスをとって成り立っています。

目に見える、ものや人などの物質だけではなく、

社会の道理(倫理)や働きもエネルギー理論、ゆらぎで出来ています。

苦難は幸福の狭き門

苦と楽は一体で、苦だけも、楽だけもありません。二つで一つの一対です。

2つを分けることはできず、片方が欠けたら成り立たず崩壊(酸化)してしまいます。

楽は苦のタネ、苦は楽のタネ

ずっと楽しいことが続くことが、幸せではありません。

幸せを気づかせてくれるのは、相反する辛い出来事です。

また楽ばかり求めると、同じだけの苦が返ってきます。

逆に、やりたくないこと、苦しいを進んで行う。

今まで、やれなかったことを努力してみると、次第にやれるようになり楽しくなってきます。

最初はなかなか、できなかったことが、ふとしたことでコツをつかんで出来た瞬間があります。

補助輪無しで自転車に乗れたときや、

上手くスキー板に乗れた瞬間。

ゴルフで良い感じにショット出来たことなど。

成長して次の段階に上がる瞬間が

「ゆらぎ」でありエネルギー理論なのです。

参照著書 世界は「ゆらぎ」でできている

悲観の臓器⁈肺⑵ 心の起源❓

心はどこにあるのか⁈

心の始まりは、胎児がお母さんの母体で形付けられる時期に

お母さんの精神状態によって、大きく影響を受けると言います。

第6〜7週、この時の胎児は、形が作られ出し、臓器も徐々に構成される段階にあります。

「心は脳にある」と言われる西洋思想の学者がいますが、

東洋思想の「心は腹わた(五臓六腑)にある」の方が正しいのかもしれません。

胎児にとって初めての対人関係と言えるのが、母親の感情、心は波動として

胎児に送られます。

この時期、母親の感情、波動が

悲しみや不安、迷いで心が不穏な状態だと、胎児はまともに影響を受けてしまいます。

胎児はその波動から、自然に悲しみの感情を避けるようになります。

ベルタ葉酸マカプラス

心の抗体の始まり

人も自分も悲しませたくないという思いが、気を使う子供、

反応が早い子供、敏感で神経質な子供にしてしまいます。

分かって欲しいのに誰も分かってくれない、敵か味方かも分からない、

アレルギーの反応と同じことが心と体でも起きてしまいます。

皮膚や粘膜で起きているアレルギー反応は呼吸器(肺、鼻、皮膚)の本来持っている固有の振動数と、

心の状態から発生している振動数との非共鳴から起きていて、

原因は心から起きていることが理解出来ます

しかも、

肺機能低下、呼吸器系障害、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー、便秘精力減退など起こしやすいというのが

胎児から悲観的、被害妄想癖、なんで私だけ⋯、なんでこんな目に⋯、マイナス思考、いつもクヨクヨ、メソメソの心の波動を引きずっているとは驚きですね⋯

続く

モグキューブ

悲観の臓器⁈肺⑴

悲観すると肺を悪くするの?

悲観的、被害妄想癖、なんで私だけ⋯、なんでこんな目に⋯、マイナス思考、いつもクヨクヨ、メソメソしている人は

肺機能低下、呼吸器系障害、喘息、アトピー性皮膚炎、便秘精力減退など起こしやすい

悲しみの波動メソメソ、クヨクヨするのは良くないの?

確かにそうですが、悲しみのない人生なんてありません。

悲しむ、憂いの心の振動数に反応するのが肺です。

悲しんでいる人は呼吸に影響し息が浅くなり、ため息が出ます。

息が浅くなると体内が低酸素状態になり、

肺以外で呼吸している皮膚に負担がかかり皮膚にストレスがかかり、

肌のトラブルが起きます。アトピー性皮膚炎などがそうです。

皮膚は体の壁となり形をつくります。

体を覆う壁は皮膚ですが、細胞でいう壁は細胞膜です。

胎児は最初は液体でした。胎児が液体から個体(昇華)になるときに

最初に形として作られた細胞膜が壁になって

体を形成する皮膚ができます。

実はこのときに胎児の情緒が決まるといわれていて、

胎児のときに妊婦である母親の感情が胎児に伝わるのです。

敵か味方か、良いもの悪いもの、善悪の判断がここからつくられます。

ベルタ葉酸マカプラス

いかにお母さんの心が大事なのか理解出来ます。

悲しみもエネルギー⁈

悲しさを身にしみてこそ、人の痛みがわかるようになるのです。

悲しいことは人生の中で避けることはできないことなのです。

そうであれば、悲しみをしっかりと受け止めて情感のあふれる、人間味豊かな人になることです。それが悲しみをエネルギーすると言うことなのです。

それをせず、悲しみから目を背ける、見ないことにすると無関心になります。

またはその逆に過剰に気を使う、気遣いが過ぎて早ガッテンする。知ったかぶりをするなど人間関係にも無理がかかります。

悲しみの感情は自分だけの世界に入りがちで、

あまり人のことを考えられない状態に陥ります。

アトピー性皮膚炎の人になぜか、このような人が少なくないのは事実です。

続く

モグキューブ

気と体の波長(波動、調子)を合わせる

気合い⋯能力以上の力を発揮するには

気を合わせるとは、前回にも述べた

心、感情(波動)と体の(波長、振動数)を合わせることができたら

気が入った状態、まさに元気満々、根気、勇気で能力を全開できます。

このことを知らずに、意味不明に⋯

「元気出して行こう!」といっても空元気です。

心と体を合わせる!ことが

体力、体の力を能力以上に発揮することで

元気の「元の気」とは本来、体が持っている働きが、フルに発揮されている状態です。

元気は正気とも、真気または神気ともいいます。

これは東洋医学の用語からきて、東洋医学の考え方は

自然と体を合わせることです。

この縮図そのものが私たちの体にあります

循環、還流、消化、吸収、分解、解毒、代謝、燃焼、排泄、昇華

自然界も体も同じことをやっています。

モグキューブ