病気は体からのメッセージ 感情が体の波動に影響

生活習慣病ではなく性格習慣病

外に怒りをぶつけ、社会や世の中に対しての不満が強く、いつもイライラ、ムカムカしている人は

肝機能低下、肝疾患、筋肉の緊張、捻挫しやすい、慢性的に眼精疲労、視力低下、など起こしやすい。

都合の悪いことは後回しに、嫌なことは目を背け、快楽主義、いつもワクワク、ドキドキを好む人は

心筋梗塞、心疾患、血管系の疾患、免疫力低下、口内炎、感染症など起こしやすい。

人の話を聞かない、頑固で話を折る、屁理屈を捏ねて文句を言う、それでいて自分は動かない、変化を嫌う、いつもダラダラ、グダグダしている人は

消化器系疾患、糖尿病、内分泌系低下、ホルモンのアンバランス、胃潰瘍に注意。

悲観的、被害妄想癖、なんで私だけ⋯、なんでこんな目に⋯、マイナス思考、いつもクヨクヨ、メソメソしている人は

肺機能低下、呼吸器系障害、喘息、アトピー性皮膚炎、便秘精力減退など起こしやすい

ビビリ屋、いつも恐れを抱き、希望なんてない、悪い予感が心を支配してビクビク、オロオロしている人は

腎機能低下、ネフローゼ、膀胱炎、リウマチ、関節炎、骨粗鬆症、貧血、薄毛など起こしやすい。

心から体に、体だから心にも影響を与える

心、感情が体の固有の振動数に非共鳴させ、体の各所に弊害を与えますが

体からも、心、感情に影響を与えます。

過度な運動をして怪我、筋肉を痛めると怒りっぽくなります。

快楽重視で遊びまわって生活が乱れると、気分がますますが躁(そう)になります。

暴飲暴食して胃を痛めると、憂い、迷い、判断力を失います。

浅い息、ため息ばかりしていると考え方が悲観的になります。

慢性的に体を冷やす、極端な減塩をする、運動不足、汗をかかないと気力が低下して臆病になります。

このように心と体は目に見えない波動によって密接に関係しています。

波動科学Ewebスクールで何が学べる

腎臓の機能は1日に血液を含む体液を約1800リットルを濾過します。

濾過すると同時に、体に必要なタンパク質、ミネラル以外の

不用な老廃物、また体温が高いときはナトリウムを、高いときはカリウム

尿と一緒に排出させ体温を維持させます。

腎臓は1日1800リットル濾過させるうち、尿として排泄するのはなんと約2リットル。

いるもの、いらないものをしっかり分別してくれて排泄します。

それだけでなく、腎臓は血液の質と濃度を管理していて、骨髄に指示して

血液を作らせます。

腎臓は恐れをエネルギーに

むやみに恐れてオロオロ、ビクビク、ハラハラ、

過去の後悔をネチネチと忘れられない人は腎機能低下、ネフローゼ、痛風、関節炎、膀胱炎、便秘、大腸の機能低下など

オロオロ、ビクビク、ネチネチの感情の波動が、

腎臓、骨、大腸の固有の振動(波動)を非共鳴させ影響させます。

では非共鳴の波動を共鳴にするには?

主に腎臓の働きは『排泄、分別』

本来の腎臓の働きは完璧パーフェクト💯ですが、

体は心の容れ物ですから、体は心に、心は体に影響します。

必要、不必要を見極められる。分別する。

忘れていいことは忘れて排泄して、新しいことにチャレンジ!

得るは捨てるにあり。」というように

新しいことを取り込むには、出すこと、解き放す、捨てることが必要です。

むやみに恐れるビクビクするのは、不必要な情報ばかり集め

過去の失敗を忘れられず、取り越し苦労することが習慣になっているからです。

もちろん過去の失敗から多いに学ぶこともありますから、それは忘れてはいけません。

でも、過去の失敗で自分を縛ってしまうようなことは、やってはいけないのです。

心、魂で必要か不必要か。忘れていいこと、忘れてはいけないことを分別出来れば腎臓、骨、大腸の波動と共鳴し健康になれるのです。

サンクスクラブ 波動Ewebスクールは③

改めて体の機能について考えると、知れば知るほど実に実に

上手く出来ていることに驚かされます。

腎臓の機能は1日に血液を含む体液を約1800リットルを濾過します。

濾過すると同時に、体に必要なタンパク質、ミネラル以外の

不用な老廃物、また体温が高いときはナトリウムを、高いときはカリウム

尿と一緒に排出させ体温を維持させます。

腎臓は1日1800リットル濾過させるうち、尿として排泄するのはなんと約2リットル。いるもの、いらないものをしっかり分別してくれています。

それだけでなく、腎臓は血液の質と濃度を管理していて、骨髄に指示して

血液を作らせます。スゴいですよね!

私たちの体の機能は自然界と同じ波動が共鳴していて、同じ働きをしているのです。

各臓器、五臓六腑の機能に影響を与えるのは

体の主である私たちの心、感情(イライラ、ビクビク、メソメソなどの波動)です。

その波動(感情)が各臓器と共鳴か非共鳴するのかで、どこの臓器に影響を

受けるのかが分かります。

これにより、症状(病気)から心、感情の在り方を見直したり、

心と感情のエネルギーの使い方によって体を強くすることが出来ます。

同じ原理、エネルギー理論を活用して

仕事や人間関係、自己実現に向けた能力を開発することが出来ます。


サンクスクラブ 波動科学Ewebスクールとは①


サンクスクラブ 波動科学Ewebスクールは

波動を正しく理解しエネルギー理論を学びます。

「ありがとうの質は高められる。ありがとうの波動、

エネルギーは、自分を高め成長させてくれる原動力であり、

全てのものは感謝と感動で創造される」

を理念 ミッションに学び伝えるエナジーコンサルタント(波動識別判定士)を育成します。

波動 エネルギー理論を知ることで

Q・知っていると知らないとでは、どう違うのですか?


A.「知らないまま」「知ろうとしない」状態では、何も無いのと同じで、何も始まりませんが、

「知りたい」「謎を解きたい」と思うと、それに対する答えが周りに現れる現象が起きます。

波動を理解すると出来事は偶然に起きず、必然的に起きていることに気づきます。

今自分に起きていることは、自分から発している念(今の心)の周波数が引き寄せたものだと 理解出来ると、どうすれば良いのか打つ手が見つかる。

前に進む事が出来るのです。