ゆるしとは「ゆらぎ」

「ゆらぎ」の概念を持つ

エネルギー理論 挫折感(酸化)はエネルギー⑻

常に相反的、排他的なものの見方をすると 白か黒か、正しいのか正しくないのか、敵か味方か。いつも敵をつくり、敵がいることで自分の存在感があると考えます。(隣の国みたいに⋯)そうなると⋯自ら相対で摩擦を生み、その摩擦熱が妄想、心配のタネが湧き出...
「ゆらぎ」の概念を持つ

エネルギー理論 挫折感(酸化)はエネルギー⑺

「ゆらぎ」そのものがエネルギー理論 「ゆらぎ」ってなんですか?と聞かれます。 残念なのが「ゆらぎ」は奥が深くて一言で説明出来ないことです。 ゆらぎとは科学用語です。 「ゆらぎ」は0と1が交わり0から1になる。 +と−が交わりエネルギーが生...
「ゆらぎ」の概念を持つ

エネルギー理論 挫折感(酸化)はエネルギー⑸

「ゆらぎ」の大切さ 「それはありえない!」 「合わないものは合わない!」「嫌なものは嫌」 「右は右、左は左!」 「白かか黒か、はっきりさせよう!」と言っているうちは 「ゆらぎ」はありませんし、何も生まれません。 何かが生まれる時「ゆらぎ」が...
ゆるしとは「ゆらぎ」

恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑻

心の栄養とは 体の栄養は、体を作っているタンパク質、脂質、ミネラルですから 身になるような食べ物をバランス良く摂ります。 では心が豊かになるための栄養素とは⋯? 「良かった」と思えることを繰り返す 幸せを感じるときは、 不安...
ゆるしとは「ゆらぎ」

恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑹

真面目過ぎると恕(ゆる)しが無くなる? もし世の中に「ゆらぎ」が無くなったら 現代がまさにそうで、信じられないことが起きています。 テロ、宗教戦争 身近な話では自分の勝手な価値観を押し付けるクレーマー 最近の運動会では、平等主...
うつと「ゆらぎ」

恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑸

自分に対してゆるすこと 「許す」というと、どうしても「他人への許し」と他に向けられがちですが、 自分に対して気付かず 「許し」を与えていないことがあるのです。 自分を後回しにする人 「私はいいから、」といって自分を後回しにす...
うつと「ゆらぎ」

恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑷

心と体のバランスで自然治癒力を高める 体は本来、完璧ですが、それをそうでない状態にしているのが 私たちの心、考え方、性格です。 本当に恕(ゆる)し[一切を包容して進歩向上させようとする働き、心]ゆらぎを理解出来たら病気もうつ病...
ゆるしとは「ゆらぎ」

恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑶

ゆるしはあそび 科学[工学] 車のハンドル、アクセルとブレーキ、飛行機の翼、電車の線路の継ぎ目(道路も)、家、建造物全般に「あそび」が使われています。 車のハンドルに「あそび」が無かったら、高速で走行した時にちょっとしたハンド...
「ゆらぎ」の概念を持つ

恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑵

自信 自分への信頼 ゆるし 動けない人(動かない人)は行動して失敗する恐れがあるのと、自信がないからです。 自信とは自分に対する信頼です。 自信がないというのは自分を信頼していないことになり、 「どうせやってもムダだよね...
ゆるしとは「ゆらぎ」

恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑴

自分への自己肯定感 恕(ゆる)しは「ゆらぎ」 恕の精神とは「一切を包容して進歩向上させようとする心」 自分を許せている、自分を認めていると自己肯定ができるので、 やりたいことをやってみる。 今までやったことないことにチャレンジ...
タイトルとURLをコピーしました