「ゆらぎ」の概念で捉え方が変わる

自分の器に合った試練、課題が来ている

「神様はその人の器に合った試練をお与えになる」
こんな話聞いたことありますね。
大概こんな話を聞く時は困難の真っ只中ですから
「気休めを言うなよ」と素直に聴けないかもしれませんが
科学の酸化と還元という観点からみても当たっています。

量子のミクロの世界として考えると

酸化は電子は出た量だけ入る(還元)ようになっています。
それがエネルギーです。電子のように
みんな出たり入ったりを繰り返しています。
これが「ゆらぎ」です。

みんな組み合わせが違うだけで人も物も空気も原子で出来ています。

質量以上の電子は引き寄せられません。

例えば酸素の原子記号は8で
電子を8つ持つことができます。
酸素の陽子(+)は8の電子を引き寄せる
エネルギー
を持っていると考えてください。

1つ出たら1つ、2つ出たら2つ、…
出た分だけの電子を引き寄せます。
8つ以上は出ていきませんし
8つ以上入ってきません。
質量(器)は決まっていて
(+)と(−)でバランスをとっています。

息を吸った分しか吐けないのと同じで
入る量と出す量は同じです。(当然ですが)

今起きている酸化(困難、逆境)も
その人の質量(器)に合う相応の分だけ来ています。

解らなかったことを知ることで

酸化は還元できます。でもすぐ酸化して、また還元する。
これの繰り返しを解(わか)って能動的、意識的に、それを知ること
「ゆらぎ」が起きて段階が変わって来ます。

段階が変わると

これまでの酸化(困難、逆境)が酸化でなくなります。
でもまたその人の器に応じた酸化が来るといいますから。
一切皆苦(皆一つたりとも苦しみと切り離すことはできない)ですね。

でも大丈夫です。
その人の器に合っただけの酸化(苦しみ)しか来ませんから。
今日もご購読ありがとうございました。

0から1に 「ゆらぎ」が自然治癒力のスイッチを入れる

0から1 全てにスイッチがある


このマーク世界統一で使われている
電源を入れるスイッチです。
ONとOFF1と0
0から1それで

こんなマークになっているのです。
今これを読んで
「へーそうなんだー!」と思ったとき、
それも「ゆらぎ」です。
知らなかったこと『0』から
一つ学ぶ『1』

パソコンも体も同じ!?

すべてが同じしくみです。
パソコンが起動するのも、私たちの細胞一つ一つが機能するのも
↓「0と1でパソコンはつくられている」↓
http://www.studio-ggy.com/math/2013/01/20-01—2.html

0と1のスイッチがお互いを認識して
ONとOFFと使い分けています。
自律神経の交感神経(ON)と副交感神経(OFF)も同じです。
ずっとONでもOFFでも機能しないのです。

ONとOFFの誤作動させる活性酸素

細胞一つ一つがONとOFFによって機能しているのを
邪魔するのが活性酸素です。
活性酸素は電子を奪い酸化させ
各細胞が果たす機能の誤作動を起こしガン化させます。
実は
それを推進しているのが身体の主である私たち本人なのです

「ゆらぎ」でスイッチが入る

「ゆらぎ」が無いとスイッチが入りません。
「ゆらぎ」には大きく3つのカテゴリーに分けられます。
それが
・相対
・「あそび」
・波長です。
「あそび」は読んで字のごとく
あそびを持つことです。
自分の我を一旦外し、人の助言を聴き視野を拡げ
素直になることです。

仏教ではこれを『南無』

「南」は自分自身のことを表し
自分自身は無いもの
自分の計(はか)らいはありません
というのが『南無… 』の意味を持ち
「ゆらぎ」のスイッチを入れるヒントなのです。

電子を奪い酸化させる活性酸素も『南無…』で大人しくなるかもしれません。
自然治癒力を最大に高めるには
大自然の波長に心を共鳴させる
ことにつながりますね(^^)

力を抜く、「あそび」「ゆらぎ」という概念があれば

「あそび」があれば楽になる

日本では年間に3万人を超える人が自殺するそうですが、

でもそれは遺書が見つかって自殺と判定された人だけで
実際にはもっといるそうです。

そのほとんどの人が、うつ状態の心から病んで、自殺に至るそうです。
そんな人に、少しでも「あそび」「ゆらぎ」という概念があれば
人からの助言などから「確かに言われれば、そうだよな…」
そんな気持ちに余裕の「あそび」があればと思います。

「あそび」さえあれば

心も体も「あそび」からつくられています。
体も重要な器官や臓器を守るため
筋肉と骨と関節で衝撃を吸収するようにできています。
スポーツ、競技で選手が怪我をしないために
柔軟性をつけますが、怪我をしないコツは
怪我をしそうになった時に、
「寸前に力を抜く」柔軟力の「あそび」が大事なのです。
実は心も全く同じことなのです。
心も怪我をします。精神的のダメージを受けることもあります。
心も体と同じで力を抜く「あそび」がないと怪我をします。
心の怪我はうつ病、自律神経失調症などです。

「あそび」という「ゆらぎ」
力を抜くということの大事さでした。

今日も読んでいただきありがとうございました。

「ゆらぎ」の概念を持つ 今、現在の酸化を還元したい

「ゆらぎ」という概念 【ゆらぎ学】

私たちは「ゆらぎ」という働きで、
より便利に、より快適に、豊かに進化して来ました。
それらを「ゆらぎ」の概念で見てみると
「今、現在の酸化を還元したい」
もっと分かりやすくいうと
「不便を便利にしたい」
「不満を満足にしたい」
「不快を快適にしたい」など
この時に、ふと…どこかから湧いてくる、降りてくる
気づき、閃き、インスピレーション

「ゆらぎ」なのです。

車も自動運転の時代が来ています。
リニアが開通したら名古屋から45分で東京に行けます。
携帯電話機能が付いた手のひらサイズのパソコン(スマホ)を皆が持つ時代になりました。

100年の間にここまで進化して来たのは
誰かの「今、現在の酸化を還元したい」
という思いから「ゆらぎ」という閃き、
インスピレーションを引き寄せたからです。

もっと遠くに早く快適に行きたい。輸送したい。連絡をしたい。
馬車から車、船から飛行機、高速鉄道と
少しづつ進化を遂げて今に至るまで、いきなり成ったのではなく、
子供から徐々に成長して大人になるように
小さな失敗(酸化)と成功(還元)を繰り返し現在に成りました。

これが

「ゆらぎ」という宇宙からの働き

なのです。
「もうこれでいいでしょ」と言ったと同時に
「ゆらぎ」の働きから外れて崩壊に向かいます。
(エンドロビー増大の法則)https://rikeijin.com/post-49/

このままどんどん便利になると人間は退化して行くと言われますが、
その中で必ず進化する人もいるのです。

江戸時代の日本人平均身長は150センチ足らずでしたが
それより20センチ以上伸びて言いますし、
ちなみに豊臣秀吉の身長は145センチで猫ひろしと同じだとか。

体力的にも今の方が優れています。
「その見方は間違っている」という人もいますが、
陸上や水泳、全ての競技においても日本記録は伸び続けています。

車や飛行機、スマホだけでなく
 人間も環境、文化に応じて進化しています
それは「ゆらぎ」があるからです。

このままいくと
ヤバイよヤバイよと脅かす人(ゆらぎが無い人)と
もっと上を目指す人(ゆらぎがある人)の
相対のバランスから「ゆらぎ」が生まれるのです。

全ての考え方に「ゆらぎ」という概念 『ゆらぎ学』を

「ゆらぎ」という概念 『ゆらぎ学』

それを検証し実証していくのが
日本セルフケアゆらぎ学会(準備室)です。
心得は
『癒し、治癒力とは身体が本来持つ気づきであり「ゆらぎ」である】

楽になる。痛みが軽減する。癒されるということが
『心から相手を思うこと』で「ゆらぎ」を起こすことができるのか。
【検証事例】
施術者が被験者の体に触れる際、(施術中)
施術者自身が何を考えているか(気持ち)、
または身体の状態によって、
施術者の手から、どう感じるのかを
被験者の状態と感想を参考に検証する。

施術者が…
1.被験者の要望に対し集中して施術をおこなう。
または会話して受け応えしながら施術する。

2.全く考えず(他ごとを考え)手だけを動かす、作業的におこなう。
または会話もほとんどせず、ラジオまたはテレビを見ながら施術する。

3.YouTubeでの不快だと感じる映像やニュースを観ながら施術する。(被験者には分からないように)
 施術者を酸化させた状態で

これらをおこない、
技術的なレベルは変わらなくても、1.2.3の違いがあるのか、被験者にどう伝わるかの検証をします。

これにより、人の体に触れる際の心得として
○知識と技術(テクニック)さえあれば治せる、満足させられるものではないことの実証。
○施術者の心(その時考えること、状態)が被験者に伝わるという実証。

○また自分自身が考えていること(心の状態)自分の体に伝わるのかの検証。
をおこないます。(ゆらぎセーション)セルフケアの実証。

施術者、被験者は基本的にボランティア
協力したいという施術者と被験者を募集いたします。

「ゆらぎ」という概念 【リズムアプローチ健康法】

自らの還元

自分が疲れていると、人を癒やすことは出来ません。
逆に相手の電子を奪ってしまうことになります。
体の中が酸化すると(+)になります。
酸化の力が強くなると(+++)になり強烈電子(-)を奪います。
このような人と一緒にいると、同じ空間にいても疲れます。
「気をとられる」とはこのことです。

還元力を高めるには

癒やされる側より
癒やす側になることです。
○決まった時間に起きる、決まった時間に寝ることも
○朝起きたら、朝日を浴びる
○「ゆらぎ」の概念を持つ
○バランスのとれた食事、特に5色の色に気を遣う
↓五色ダイエット↓
http://style-change.net/blog/
○指先から手首と前腕にかけて動かす。
↓量子整体↓「ゆらぎセーション」↓セルフケア↓

指先は脳と直結していると云われています。

こんなテストがあります。
身体の柔軟性を視てから、その後に
指先をほぐすなどして、指から手全体の動きを良くします。
そして再度、身体の柔軟テストをおこないます。
すると指先をほぐしただけで身体には何もしないのに
身体の柔軟性が上がりました。これは
脳の血流が良くなったのと
脳がリラックスし神経の緊張が解けて
筋肉が
柔軟になったからと考えられます。

家族を癒せて、自分でも出来る「ゆらぎセーション」というセルフ式の整体


自らの還元をして自然治癒力を最大に高めましょう。
そして電子(-)をあげられるように、人を癒やす側になれるように。
癒やして癒やされる(アウトプット、インプット)です。

自然治癒力 心と体に「ゆらぎ」という概念を

自然治癒力を最大に上げるには

昨日の書き込みhttp://mother-proof.com/archives/1133が思ったより反響があって驚いています。

もちろん何が言いたいのか分からない…という方もいましたが

「ゆらぎ」って、そうなんだ!と感動してくれた方や、
健康面、体との関係や、心にも作用していることなど
すべてに「ゆらぎ」があることを少しずつからでも気づいてくれたら嬉しいです。

さて
心と体に対し両面から「ゆらぎ」という概念を持つ人々のネットワークを拡げ…
の一節とは何か?の説明をします。

その前に概念の説明をします。

概念とは

例えば、猫という概念…を例にお話しします。

猫はニャ〜と鳴きます。
丸顔で足が4本、独特の動きで素早く
運動神経も良いなどです。これらの概念があるため
野良猫を見ても、三毛猫、アメリカンショート、ペルシャ
どんな種類を見ても猫の概念(知識と経験など)があれば、
猫だと認識出来るのです。

概念を用いることは認識(違い)をとても合理的なものにするのです。
普段、我々は概念を意識していませんが、
概念は自らを取り巻く環境を認識する上で、とても役立つものなのです。
これを無意識に人間の脳はこなしているってすごいですよね。

「ゆらぎ」の概念とは

猫の概念のように簡単ではありませんが、
まずは
「ゆらぎ」は、すべての法則の基盤、宇宙の法則だということです。
すべての法則の基盤は4つにまとめられます。

・相対(バランス)
・酸化と還元(吸引、反発)
・段階
・相似の原理
すべの法則の基盤、宇宙の法則ですから
どこにでも見ることができます。
しかし「ゆらぎ」の概念がないと
知らずに見過ごしてしまうのです。

意識することがいかに大事なことかは
量子力学の世界では常識です。
この世界では、無いと思えば本当に無いのです。

強く意識が働く方に現実が創られる


「ゆらぎなんてものは無い」と思えば法則から外れます。
もう「気持ちの持ちよう」スピリチュアルではないのです。

心と体に「ゆらぎ」の概念を持つことで健康になれるのかを証明

ほとんどの人は「ゆらぎ」の意味を知りません。

「ゆらぎ」というのが科学用語
物理学、量子力学、天文学、数学、医学、工学、哲学…
「学」がつくもの全てに、言葉は違いますが「ゆらぎ」という概念がある。そのことを知りません。

「ゆらぎ」を知ると
見えているところが全てだと思っていたことが
そうではなく見えていないところ
私たちが豊かに生きられるヒントがあり
気づき、閃きがどんどん湧いてくるのです。

しかし、そうは言っても具体的な証明をして
納得してもらえるには…

それを考え、行動にうつすことになりました。
それが日本セルフケアゆらぎ学会
心と体に対し両面から「ゆらぎ」という概念を持つ人々のネットワークを拡げ、
メンタルケア、セルフケアを個人、家族単位(親子、夫婦)から、おこなうことで
心身と共に健康の増進に寄与することと地域社会の発展に貢献することを目的とする。
↓    ↓     ↓

研究内容

・「ゆらぎ」の概念を持つ(知る、理解)ことで健康になれるかの証明。
  いわゆる「気持ちの問題」というのが非科学ではないという証明。
・「痛いの痛いの飛んでいけ」は本当にあることの証明。
・心と体のつながりを独自の方法「ゆらぎ」でアプローチ出来ることを証明。

【日本セルフケアゆらぎ学会】設立

に向け「酸化と還元」を繰り返し
段階を上げていく「ゆらぎ」を起こし実現するまでを配信します。
↓    ↓    ↓