断捨離の臓器?、見極め見守りの臓器?、受容の臓器?、恐れの臓器?、いくつもの顔を持つ腎臓さんを人で見立てたら、(1)

まず腎臓さんが私たちの体で何をしてくれているのか?主に体内の水分の濾過をしています。

私たちの体の60〜70%は水分で、体重50キロであれば約35リットル弱が水分です。

その内の血液、細胞間液、リンパ液、その他分泌液が体を循環していて常に巡っていて、酸素や栄養を運び老廃物の二酸化炭素や代謝物を回収して体外に排泄します。

気体の二酸化炭素は吐く息で排泄されますが、液体としては尿で排泄されます。
その量1日約1.5リットルですが、腎臓さんを通過し濾過する体の水分は1日160リットル強です。

わずか1%…と思われますが、それだけ要らないものだけ振り分けて綺麗にして体の水分が使われているのは腎臓さんのおかげです。

要らないものを見極めて捨てていく断捨離の臓器です。

「捨てる」ことは本当に必要なものを見極めることでもありますが、何から何まで捨ててしまうのではなく 、99%最後の最後まで見守りして1%捨てることから受容の臓器ともいわれています。

総合して人格にすると忍耐があって我慢強い、よく気がついて反応する。

腎臓さんが恐れの臓器といわれているのは、単に腎機能が低下すると意味もなくビクビクしやすくなるだけではなく、
恐れによって起こる、このままではいけない!という危機感のエネルギーも秘めています。

極度な恐れに襲われた時、副腎からノルアドレナリンという興奮物質を出して危機を脱出します。

火事場の馬鹿力を発揮するのも、怪我の際に出血して血を固めるのも、恐れの感情から生み出す産物で、恐れがあってこそ力を発揮できるのです。

続く

本の紹介(2) 引きかえの法則

 

続き

欲しいが強くなればなるほど反発が生まれ離れていくのです。
「欲しい」のであれば「与える」。「貰いたい」のであれば「してあげる」。
与えて与えられる。してあげて貰える。これが引きかえの法則です。

このように、引きかえの法則(吸引と反発、酸化と還元、相対の理論)を
日常のすべての事例に当てはめ意識していれば、人間関係、夫婦、親子間で起こる問題や
他人を嫉妬したり羨んだりすることもなくなり、
冷静に物事を見ることもできて、落ち込むことが無くなります。

なぜなら、負を背負っても「その裏にプラスもある」と直ぐに気持ちを切り替え、発想の転換で次の正につなげることができるからです。

良いことも悪いことも同じくらいあるのが人生です。そしてこれは平等なのです。
そして、お金を得ることは、体をふくめ時間と労働、知識と経験という代償を差し出します。
よくよく考えると、今、自分が存在しているのは、今まで多くの人の代償の上に存在していることに気付かされます。

【代償】を辞書では
1 本人に代わってつぐなうこと。
2 他人に与えた損害に対して、金品や労力でつぐないをすること
3 目的を達するために、犠牲にしたり、差し出したり、失ったりするもの。
4 欲求などが満たされないとき、代わりのもので欲求を満たそうとすること。

そもそも、私たちが日本の国に住んでいられることも、とても有り難いことなのです。
こうして安心して過ごせるのも、過去に日本の国を守るために命を懸けた多くの人たちの犠牲があったから今があるのです。

それを知らずに何かあると、やらされた、とばっちりを受けた、割に合わないことをされた、理不尽な思いをした、 どうして私だけが、そんな経験が誰でもありますが、総合して私たちが今あるのは、誰かの犠牲が無いと存在しません。

自分が人にやって貰ったことと、人にやってあげたことの数を比べたら分かります。

世の中は自分が何かをして貰った分だけ、引きかえに誰かに何かをさせて貰う、何かを差し出すように出来ています。これが真理です。

最近は言ったもの勝ちクレーマーモンスターペアレンツ、こんな人が増えています。もし人に、やってもらうことが得なことで、やって貰わなければ損だという考えがあるなら、この引きかえの法則を知って下さい。

「タダでやってもらう」「無償で手に入れたい」という考えはやめましょう。
自分にしてくれた分は必ず、どこかで誰かにしなくてはならないように出来ています。これが引きかえの法則です。法則ですから絶対に逃れられません。

それを理解して引きかえの法則が納得できると、困難、災難が無難に、絶望が希望に、苦難は幸福の入り口と感じることが出来るのです。

 

本の紹介(1) 引きかえの法則

 

あなたは、してもらう人?してあげる人?エネルギー好転の原理とは
量子論 引きかえの法則 超ド級スーパーポジティブ人間になれる法則はこれだ!
著者 皆実之 一はじめに
第1章 エネルギー好転の原理
1【酸化から始まる】量子論的に全てを考える
2【何かを引きかえにするとは】与えたものが与えられる
3【幸せ感と快楽との違い】幸せの引きかえは努力、快楽との質の違い
4【苦難は幸福の狭い入口】酸化と還元は波
5【自ら酸化に向かうこと】酸化としっかり向き合う第2章 感性を高める共鳴と非共鳴
1【素粒子の動き(量子)】悪いだけのものは無い
2【固有の振動数、波とは】電子の軌道、波
3【体は心(思考)からつくられている】電子が物質(体)をつくる
4【心からも言葉からも物質は影響を受ける】言葉で電子がスピンアウトする
5【引きかえの法則と共鳴、非共鳴】電子の波、周波数
6【様々な感情、気質がカラダに非共鳴を起こす】量子と性格習慣病
7【共鳴力が最高の自己治癒力を高める】量子と恒常性第3章 奉仕、ボランティアをすること
1【先に差し出す】仏教は科学 視えないツケ(業)を説いている
2【巡り巡って自分に還ってくる】世の中の動きと電子の動き
3【出さないと酸化する】エンドロピー増大の法則
4【相対を繰り返す】エネルギーを高めるために
5【豊かな自然こそが学びを育む】自然も引きかえの法則がある最終章
1【環境という場の量子、正と負】引きかえの法則の実践は与えること最後に

引きかえの法則をご存じですか?
引きかえの法則を意識することは、究極のプラス思考です。それは
「すべては相対から出来ていて、みんな平等で人生プラスマイナスゼロなのだ!」
これが理解できれば、嫌なこと、つらい事、理不尽なことがあっても戸惑って迷うことなく自分を冷静に保つことが出来ます。

何かを手に入れる、得ることは、それによって、「喜びと悲しみ」「楽しみと苦しみ」「得ると失う」「良いことと悪いこと」など、もう一つの代償を一緒に受け入れなければなりません。すべては何かと引きかえにして成り立っているのです。

楽しいだけ、喜びだけはありません。光には影があり、裏がない表はありません。右だけも、左だけもありません。必ず相対があります。
恋い焦がれた彼女ができたとします。その時は嬉しいでしょうが、彼女と付き合うことは、嬉しさの反面、彼女の聞きたくない話や見たくはないところが必ずあるのです。
これを受け入れることが「付き合う」ということなのです。(彼氏ができた~も同じ)

愛情が深くなる程、自分の気持ちを「分かって欲しい」「気づいて欲しい」
「関心を持って欲しい」「欲しい」「欲しい」になってしまいます。
欲しいというのは、意欲と捉えることもできますが、科学で例えるなら、
それは吸引になり、吸引には反発が生じます。

次へ

悲観の臓器、肺とは (3)

悲観の臓器ともいわれている肺臓さん
一体どういうこと?悲観すると肺を悪くするの?
悲しみは良くない。確かにそうですが、悲しみのない人生なんてありませんよね。
悲しむ、憂いの心の振動数に反応するのが肺です。悲しんでいる人は呼吸に影響し息が浅くなりため息が出ます。
息が浅くなると体内が低酸素状態になり、肺以外で呼吸している皮膚に負担がかかり皮膚にストレスがかかり、
肌のトラブルが起きます。

皮膚は体の壁となり形をつくります。細胞でいう膜です。
胎児が液体から個体になるときに最初に形として作られた膜が壁になって皮膚ができます。(さすが創造の臓器)

実はこのときに胎児の情緒が決まるといわれていて、なんと敵か味方か、善悪の判断がここから始まるそうです。

胎児のときに妊婦である母親の感情が胎児に伝わるのです。いかにお母さんの心が大事なのか理解出来ます。

そして誰でも悲しみたくはないものですが、そうはいきません。悲しいことは人生の中で避けることはできないことなのです。

悲しみから目を背ける、見ないことにすると無関心になる、またはその逆に過剰に気を使う、気遣いが過ぎて早ガッテンする。知ったかぶりをするなど人間関係にも無理がかかります。

本当は悲しみの感情は自分だけの世界に入りがちで、あまり人のことを考えられない状態に陥ります。
聴く耳を持たなくなる、
私のことを分かって欲しいのに誰も分かってくれない、そんな状態に陥りますから、
先の話しにあった敵か味方か分からない、アレルギーの反応と同じことが心でも起きてしまいます。

皮膚や粘膜で起きているアレルギー反応は呼吸器(肺、鼻、皮膚)の本来持っている固有の振動数と、
心の状態から発生している振動数との非共鳴から起きていて、原因は心から起きていることが理解出来ます。

子供の時期、もっとさかのぼると胎児の時にあった経験から、悲しみの感情を避ける、
人も自分も悲しませたくないという思いが、気を使う子供、反応が早い子供、神経質な子供にしてしまいます。
アレルギーも持った典型的なタイプです。

実は大人になるともっと厄介で、
聴く耳を持たない。
敵、味方の判断がつかない。
自分が傷つくのを恐れている。
異常に気を使うように見えるが実は頑固。
悪い習慣から抜けられない。
大人のアトピーを持った人の多くに見られる性格で、心から体に悪影響を与えている典型的なパターンです。

悲しみという感情をどう感じて反応するかで良い方にも、悪い方にも向かいます。

悲しみから目を背けるのではなく、悲しみには必ず、その裏の嬉しいこと、
楽しいことがあることを知って「悲しみは嬉しいことの代償」と捉ることができます。
人生は表と裏、正と負、苦と楽の同じだけあるのです。

悲しみは嬉しいこと、ありがたいこと、感謝できることに気づくために用意された出来事なのです。
悲しみがあるから人は人を大事にします。そう考えると悲しみってありがたいことに感じます。
悲しみをそんな感じで受け止めることができると、人の悲しみを理解できたり、人に優しく出来るのです。

悲観の臓器、肺とは(2)

世の中は何かを差し出した分を引きかえに何かを受けとっています。

動物は息を吸うことで自らの命を保ち、吐くことで植物が命を保ちます。

肺を人に見立てると肺臓さんは全知全能の創造主、「無から有を生み出す臓器」と言えます。

気体を液体にし、液体を気体にするのが肺ですが、吐いた息は二酸化炭素を必要としている植物を育て作物や森林を作り生き物を育てます。

私たちが生活の中で物質化している必要な物すべてはそこから生まれています。

気体、液体、個体をつなぐ臓器が肺臓さんです。

私たちも気体、液体、個体の順番で出来て今があり、

そして液体、気体になって終えます。

それも肺臓さんのおかげです。何のことか?~(・・?)

分からない人は私に直接質問を。

吐くことを意識しなくてはならないのは、与えることの大切さを知るためです。

吐くは与える、吸うは与えられる。世の中はこの縮図です。

すべての人がお金を得るために時間や労力、能力を差し出します。

そしてお金を出して何かを買っています。

価値を与えるから、その価値に見合ったものが与えられます。

無から有を生み出す臓器、与えて与えられる、出して得られる

これを教えてくれて、休むことなくやってくれているのが肺臓さんです。

昨日今日とここまで長くなりましたが、悲観の臓器である所以(ゆえん)は

 

悲観の臓器、肺とは (1)

悲しみ臓器の肺とは…
肺とは空気中の酸素を息を吸って取り込み、気体の酸素を肺で液化して血流に乗せて全身に供給し、その代謝した老廃物の二酸化炭素を気体に変えて息で排泄している臓器です。

これだけでもすごいのですが、ここで終わらない。
そもそも肺は創造の臓器といわれるのは、私たちは息を吸うことの方にに大切さを感じていますが、吐くことも同じくらい大切なことに気づいていません。
吐かないと吸えないのです。当然ですよね。それと

私たちが吐いている二酸化炭素は排泄ということになっていますが、二酸化炭素は植物にとって私たちの酸素と同じくらい大事な元素です。

そして植物は酸素をつくり私たち動物に与えてくれています。まさに与えて与えられるをやっているのです。

私たちは吸うことだけに大切さを感じるのではなく、吐いて与えていることも大切だと感じましょう。

与えることの意識を息を吐くことで感じる。これは瞑想、ヨガ、息吹(いぶき)などでもいわれている、私たちが宇宙の一部であることを感じることにつながっていきます。

憂い、思い込みが強くなると 消化器系、脾臓、膵臓

 

臓器には固有振動数があります。振動数は電子の波とみなされ
電子の状態をつくり、体の状態をつくります。
体は本来完ぺきに出来ていますが、それに影響を及ぼすのが心です。

心情(感情)は怒り、喜、思(慮)、憂(悲)、恐があります。

東洋医学での脾臓は、西洋医学では膵臓と同じ分類ですが、
同じ臓器ではありません。役割として消化器系の内分泌で液体で重要な役割を果たしています。
内分泌はホルモン、酵素、消化器液、インスリン、グルカゴンなど
消化に必要な液体が約30種類もあり、1日約8リットル分泌されています。

今日は脾臓さんと膵臓さんです。
脾臓&膵臓さんは憂い臓器と言われ

憂いとは思い通りにいかなくて苦しい様や最悪なことが起こるのではないかと心配することです。
疑い、妄想、不信感、自信喪失、思い込みが強くなるなど、これが過ぎると消化器系に影響を及ぼします。
特に現れるところが、胃炎や糖尿病、消化器系疾患です。

しかし思い込み(慮)は悪い面だけではありません。
良い面は、しっかり考えて慎重に選ぶことをして思慮、考えることができることです。
思い込むのがダメだと言っているのではなく考える、選ぶ、楽しむことの大切さを教えています。

またそれが消化器系というのが深いところです。
私たちは食べることの大切さはもちろん知っていますが、食べることも、何を食べたら体に良いのか考える、味わう、選ぶ、楽しむをしています。

これが考えないで、なんでもいいから味わうことなく胃に入れる、選ばない、楽しまないなどすると胃を壊す、糖尿病、消化器系疾患を引き起こします。

食べることも、考える、味わう、選ぶ、楽しむことが食べるという字の如く

「人に良い」ことを教えているのが脾臓&膵臓さんです。

また噛むということも味を楽しむことでもあり、脳に直接良い影響を与えて人間の
脳は発達して来ました。噛むことで消化酵素を含む唾液を分泌して消化器系を助けているのです。

心臓は喜、悦の臓器

心臓は喜、悦の臓器

心臓は喜、悦の臓器

 

これもよく分からないでしょう。喜ぶと心臓に良いの?悪いのって⁉️

喜ぶって良いことじゃないのと思われてもおかしくないのですが。

これも量子で喜びを考えると分かります。
喜びのエネルギーにも相対があります。
喜びも強くなればなるほど相対の辛いことも一緒に強くなってきます。

例えば私の経験ですが、海外旅行でハワイに行ったとき、あまりにもの現実離れした楽しさと嬉しさに浮かれました。

しかし楽しい旅行も終わり、日本に帰るときの気持ちは誰もが同じ思いになります。
「帰りたくない」と思ったことでしょう。
還元から酸化に向かうとき、落差があればあるほど、還元が続いて欲しい、辛いことをごまかしたい、見なかったことにしようとします。
サザエさん症候群のように「明日仕事行きたくない」の気持ちと同じです。

喜ぶ、楽しむの感情はいき過ぎてもよくありませんが、だからと言って喜ばない、楽しまないのは心がすさみます。

心臓を人に見立てたとき
心臓さんは循環、与える、心を配る、そして受容(心)の臓器と言われているのは、

喜び、楽しみには相対の辛さと苦しみがあることを受け入れて愛にかえるというのが心臓さんなのです。

そんな心臓さんと気が合うのか、合わないのか?
共鳴か非共鳴なのか?

心、気持ち、性格が体にどんな影響を与えるのかが決まって来ます。

続く

肝臓は怒り…とは?

肝臓は怒り…とは?

肝臓は怒り…とは?

怒っりぽい人、支配的、自分の思い通りにしたい傾向にある人は肝臓の気が過剰になり、肝臓の病気になる可能性が高まります。

とありますが、何で?と思われている方が多いのです。
私も東洋医学を学んでいる人に質問したことがありますが、
「そういうことだと、昔から言われている」とだけで納得いく答えはありませんでした。

でも科学的に体を量子論で考えてみると、かなりのところまで納得できるようになりました。

それが分かったのは量子の存在からです。
量子は素粒子の一つのパーツと言える電子の動き、反応、状態のことを量子と言いますが、これが陽子から影響を受けるのです。

陽子からどんな影響を受けるのか?
感情です。感情は怒り、憂い、不安、悲しみ、恐れなど、それぞれ固有の振動(波)を持っています。

つまり陽子は意思、感情の周波数を持っているのです。

感情の乱れによって電子の軌道に影響してスピンアウト(酸化)しやすくなり、
またスピンイン(還元)しにくい状態になります。

酸化しやすく還元力が落ちている状態というのが、これまではっきりと説明されてなかった、体は心から影響を受けていると証明できるのです。

つまり病は気からと言われるのも、宇宙で一番小さな素粒子の世界、電子の状態から起きていたのです。

陽子(+)は意思、感情の素粒子
電子(−)は状態、現象の素粒子です。

これだけだと感情が乱れる度に電子は影響を受けっぱなしになりますがもう一つの素粒子、
+にも−にも電荷している中性子があります。

中性子は意識で選択の素粒子です。
感情が高まるのを制御、コントロールするのが中性子の存在といえます。

怒りっぽい

酸化はものを劣化させる犯人のように思われますが、実は酸化は生命活動で無くてはならない働きなのです。
酸化しないと還元しませんから、
私たちの体で起きている生命活動も生活、人間関係でも酸化が必要なのです。

肝臓の怒りの説明に戻りますが、怒りの感情は体にとって良くはありませんが、私たちは体も心も酸化を還元するように出来ていますので

日常で起きていることの怒りの感情
をエネルギーに換えるようにも出来ているのです。

怒り💢から逃れることはありません。

世の中はものすごい勢いで流れています。そんな中で理不尽なことや不条理なことが起きていて、それに対し自分の在り方を考えます。

怒りは他に向けられたものばかりでは無く、自分の無力さにも怒りを感じるものです。

時代の流れについていけない、私は携帯が変わる度に、機能についていけなくて、自分に腹が立ちます。

単に怒り💢の感情は良くありませんが、「だから何とかしたい!」
「もっと良くなろう!」「負けたくない!」これらは向上心を掻き立てる思いで、原動力は怒り💢です。

肝臓さんを人に見立てたとき、単に肝臓さんは怒りに弱いのか…💦
違います!怒りに対して相対の
『強いと弱い』を持っていて、怒りをエネルギーに換える力も大いに備えているのが肝臓さんです。

支配的、意欲旺盛、率先垂範
その反面、思い通りにいかないジレンマ、他との温度差を感じるなど
「何とかしたい!」という、それをエネルギーにする、前向きな怒りは肝臓さんは大好きですが、

ただ腹が立った💢、怒鳴る、わめき散らす、怒りは肝臓さんはNG🙅‍♂️です。

真理を伴わない怒り(瞋恚http://20buddhism.net/bonno-shinni/)、愚痴はすべての徳を焼き払うと言いますから💦

続く

性格習慣病

性格習慣病

実は病気は『性格の習慣から』だった

怒っりぽい人、支配的、自分の思い通りにしたい傾向にある人は肝臓の気が過剰になり、肝臓を酷使し病気になる可能性が高まります。

お調子者、喜びの感情重視、いつも浮き足立ちの傾向にある人は、そのエネルギーが心臓の気エネルギーを分散させ、精神活動を混乱させてしまうことがあります。

疑い深く、思い込み、良からぬ妄想が過ぎる傾向にある人は、脾臓のエネルギーが停滞してその機能に障害が出てきます。内分泌系、胃腸の調子が悪くなったり、消化吸収活動がうまくいかなくなります。糖尿病に注意

悲しみや悲嘆の感情が多すぎる場合は、肺のエネルギーを弱めるといいます。(長文になるので省略)

恐れや恐怖のエネルギーは腎臓の機能を弱めます。(長文になるので省略)

そしてこれらは量子論、科学で解くことができます。

性格習慣病