感謝経済との出会い⑩

相対の法則  対立の原理

与えるから与えられる

自然が男女、オスメス、昼夜、陰陽、明暗、裏表、上下、左右で出来ているように片方だけはありません。

片側があって、片側の存在が成立ちます。

全てはこの法則、原理で出来ていて例外はなく、

この原理から外れると消滅して行きます。

支えるから支えられる

感謝する、感謝される

現象に限らず、世の中も相対で出来ています。

順調困難、良好逆境、

善悪、健康病気、

するされる、与える与えられる、

成果負荷、幸不幸などなど

対立する状態で成り立っています。

例えば幸不幸でいうと、

ずっと幸せという状態は幸せか⋯?というと微妙で、

幸せが当たり前になってしまっている状態、とてもそれは不幸だと言えます。

幸せを本当に感じるときは、対立する不幸があってこそです。

不幸な出来事によって、何気ないことでも幸せを感じさせてくれるのです。

誰もが望まない逆境も困難も病気も同じことで

順調、良好、健康と表裏一体で片側だけを望むことはできません。

与えて与えられる。感謝するから感謝される。

「感謝されること」は「感謝すること」と一体で、

切り離すことは出来ず、同じだけ大事です。

多くの人から感謝されている人は、そんな自分の恵まれた環境を感謝します。

与えられるから与える。のではなく

まずは与えて与えられる支えるから支えられる、
感謝しないと感謝されないということです。

相対の法則、対立の原理奥が深いです。

感謝経済との出会い⑨

報われる、報われない

「頑張ってもても報われない…」と感じている人がいます。

でもこれは「報い(報酬)」

例えば

自己承認、自分を認めて欲しい。

よく思われたい。

高く評価して欲しいなど見返りを期待しているからです。

見返りのためにやると

「ここまでやっているのに分かってもらえなかった…」

と思ってしまいがちになります。

まずは自分のために

「人のため」だけでも「自分のだけ」だけでもNGです。

奉仕活動、ボランティアも、休みの時間を注いで

「何があるの?」

「何も無いなら家で休んでいたい」と思う人もいるでしょう。

確かに奉仕活動は、見返りを求めるものではないですし、

感謝されたいからやるものではありません。

でも、そう思う人でも奉仕活動をした後に、

ほとんどの人が「やって良かった」という満足感を得ます。

「人に役立った」と実感したとき

「人から必要とされた」

「喜ばれた」など

人から感謝されると自信につながり、自尊心が芽生えます。
それがボランティアハイというものです。結局、自分のためになるのですね

きっかけはなんでも良いですから

友達から誘われた。

たまたま地域のボランティアに参加した。

最近、私は小学校の通学路の見守りをやりました。

1日人から「ありがとう」と言ってもらえるか。
自らも人に「ありがとう」の声かけができるか。
何でもいいから自分の魂(ハート)が喜ぶことをする。

それが感謝経済の根底に成っているのです。

感謝経済との出会い⑧

自身の価値を高めるために

人に価値あるもの(感謝、感動)を与えて、
人から「ありがとう」と言ってもらえて感謝されることをすること。(具体的に)
それを地道に積み上げることを続ける。(繰り返す)

プロスポーツ選手はファンに

感謝や感動を与えて、報酬というかたちで受け取ります。

そう考えると私たちも仕事をして

給料を受け取っているのも同じで、

自分の報酬、給料は感謝や感動をかたちにしたものだと、

言えるかもしれませんよね。

評価する側、評価される側

「上司は僕の仕事を認めてくれない」と嘆く社員がいます。

しかし、仕事は上司に認めてもらうためにやるのではありません。

上司に気に入られるよう、認められるよう、

それに集中しては本来の仕事の目的が見失われてしまいます。

仕事は自分のためにやるもので、人から評価してもらうためではありません。

自分が与えられた仕事を与えられた以上にやれば、

上司も驚き感動し認めざるを得ないでしょう。

もし、それでも認めてもらえないのであれば⋯上司の問題ですね。

それについては自分の問題からは外れます。

感動を与えること=価値を与えること

プロスポーツ選手が「ファンのために」と言いますが、

必死になっている時はそれどころじゃありません。

確かにファンの応援が後押しになってパワーになりますが、

ファンの見る目ばかり気にしていては良いプレーは出来ません。

プロスポーツ選手、競技者はその場その場で必死にプレーしたときにファンに感動を与えるのです。

感謝経済との出会い⑦

その人の価値(値打)⁈

裏付けのない意味不明な自信があって、やたら自尊心が高い人とは、あまりお付き合いしたいと思いませんよね。

自信、自尊心は裏付けられたものがあってこそです。

実績も実力も、なにもないのでは自信は持てません。

では、どうやって裏付けのある自信、自尊心を高めることができるのでしょう。

自信をつけ方、自尊心の高め方

「私は価値のある人間だ」と思っている人は、なぜか日本人には少ないようです。

前回
自らの自信、自尊心を裏ずける根拠は、
自分が人からどれだけ必要とされているのか、
人から感謝されている度合い…

そして、感謝されるより感謝することの方が⋯

それには

人に価値あるもの(感謝、感動)を与えて、

人から「ありがとう」と言ってもらえて感謝されることをすること。(具体的に)

それを地道に積み上げることを続ける。(繰り返す)

「ありがとう」と声をかけてもらえても、

感謝された経歴や実績などというものは具体的に目には見えませんから⋯
そこで⋯

感謝経済との出会い⑥

ブロックチェーンで感謝指数?

感謝したこと、感謝されたことは、

時とともに流されていきます。

逆に

人に思わずやってしまった失敗や、

無かったことにして欲しいこと、

怒りや悲しみ、恐れなど

忘れてしまいたいことが誰でもあります。

こうしたことはクヨクヨせず反省に止め、

水に流して将来に活かした方がいいでしょう。

過大評価と過小評価

私の知人に、自分を過小評価し過ぎて

良さを活かせないでいる人がいます。

自尊心が低く「私なんか⋯」

「私なんて⋯」が口ぐせです。

こんな人、世の中には多いのではないでしょうか。

一方で、それとは逆に自尊心が高く、

やたら自身を過大評価して、自分が評価されないと、

ふて腐れる、やる気を無くす、ヘソを曲げるなど。

かなりクセがありますが、おだてて乗せると、

調子に乗って、とんでもない力を出すのが、

このタイプです。

自尊心はどこから来るのか

自尊心が高い人も低い人も、

良し悪しにつけ「思い込み」が強い所にあります。

この「思い込み」というのが目に見えません。

ほとんど根拠の無いことが厄介と言えます。

自尊心をを裏ずける根拠は、

自分が人からどれだけ必要とされているのか

全てに感謝し、感謝されている度合いと言えます。

しかしそれを数値で測ることは⋯


感謝経済との出会い⑤

感謝経済素晴らしい

感謝経済は、これまで当たり前のように存在していた根底の

「互い助け合い」の心根です。

日本には「お互いさま」という文化があります。これは、

日本の風土が培われたもので、

台風や地震や火災などの天災に、常に隣り合わせてきたことで

「困ったときはお互い助け合う」精神がつくられてきました。

日本の文化の創造は感謝から作られている

少しでも今より便利に迅速に。

少しでも多くの人に喜んでもらえるよう。

少しでも美味しくなどの思いで作られています。

それを作る側、使う側の間に「ありがとう」の感謝が介在します。

ありがとうを可視化するには

「ありがとう」を目に見える証明できるとしたら、

会社の場合、売り上げなどの数字の「実績」と言えるでしょう。

それも確かに大事ですが、売上重視でいくと立場によって個人評価しづらくなり、営業しか評価されないことが起きやすくなりそうです。

「ありがとう」の価値を高められるしくみ

ありがとうは積み上げることが出来ます。

日本の文化、仏教精神でいう「徳を積む」のと同じです。

人に与え、どれだけ人から感謝されているか。

「ありがとう」を積み上げ、

それをしてきたのかが、その人の価値と言えるでしょう。

それをブロックチェーンのテクノロジーで実現可能にしようといているのが

オウケイウェブの感謝経済です。


感謝経済との出会い④

全ては感謝、ありがとうのエネルギーから成る

全てのもの(物質の三体、気体、液体、個体)は原子で出来ているように、自然に作られたものも、

人工的に作られたものでも、そこには

『感謝のエネルギー』が存在しています。

スピリチュアル⁇

体に例えると、体は物質の三体で出来ていますが、心の入れ物でもあり、心(気持ち)によって体の状態を変えていきます。

怒りや悦び、憂い、不安、悲しみ、恐れには周波数があって、

その周波数は人間が発しています。

人間が発する周波数は強力

1919年ちょうど100年も前にロシアでテレパシー、

いわゆる「念力」による実験、研究をしていたのです。

この頃に量子力学も研究され、量子(電子の動き)は、人間の思いによって変化することが証明されています。

念が電子(物質)に影響?

花などの植物に声をかけて、言葉によって状態が変わるという話しを、よく聞きますが(紙に書いても同じ)

もし、花が通常より早く枯れたのであれば

人の思い、今の心が花、植物の物質の周波数(振動数)を乱し酸化させたのです。

条件が同じでも、感謝の思い「ありがとう」と声かけした花は、通常より長く花が生き生きしたと言います。

物は生きている(万物生成)といいますが、物を生かすも殺すも扱う人の気持ちということですね。

感謝経済との出会い③

逆境、困難から

困難、逆境からどこに向かうのか?

エネルギー理論的には必ず、

負荷は成果に

成果は負荷にを繰り返し

振り幅が大きくなるほど

負荷も成果も大きいのです。

酸化を還元 負荷を成果 不安を安心に

オウケイウェブ会長兼元氏は、

オウケイウェブを立ち上げる前に、

事業や家庭で立ち直れないような、

大きな挫折をして数ヶ月間ホームレスになった経験をしています。

焦燥感と虚無感にふけっている中、

あるホームレス仲間から中国人女性を紹介され

思いっきり顔面を思いっきり殴打されることが起こります。

喝を入れられる

殴打された原因は、

何でお前はここにいるのか?

日本籍があるのに…と聞かれて、

これまでに起きた辛い出来事について話したところ、

いきなりゲンコツで顔面を思いっきり殴打されました。

「ふざけるな!甘ったれてるんじゃないよ!」とのこと。

中国に比べたら、

どれだけ日本が恵まれているのか目を覚ませ!と言われ、

兼元氏は目が覚めたそうです。

しかし兼元氏がすごいのは、

そこから奮起して起業して、

その事業を成功させて上場させてしまう。

これはとんでもないことですね!

このとんでもないドン底状態から引き換え

どうしたら立ち上がり人生を好転させたのか。

そこにエネルギー理論という法則があるのです。

感謝経済との出会い②

物質経済(人物金)から感謝経済に

世の中は物が流通することで経済が成っていますが

全ては感謝で出来ています。

本来の経済は「ありがとう」の感謝と

信頼と愛情で成り立っています。(一部の国や組織を除き)

感謝は目に見えないため

その価値は測れません。

でも確実に存在しないと経済は廻りません。

経済活動、仕事を通じて「感謝!」を感じるときは

感謝✨を感じるとき

苦難、困難や逆境などの苦しいときから

抜けだせた、救われた、軌道に乗ったときです。

困難も無く全てが順調で、

なにもかも上手く運んでいるときは

感謝どころか、恩までも忘れてしまうのが人間です。

感謝したことは、どうしても忘れてしまします。

特に平和で恵まれた大国、日本で生活していると、

ちょっとした逆境でも不幸に感じたりします。

まして日本に住んで、日本人なのに

日本のことを悪く言う人が、あまりにも多くいるのは本当に残念です。

感謝を見えるようにしたい

そこでオウケイウェブがやろうとしている感謝経済

ブロックチェーンのテクノロジーを使って、

良いことをした人が評価されるように、

他人から自分に(自分から他人にも)

「してもらったこと」感謝したことを、

数値化して残せることが出来たらと考えました。


感謝経済との出会い①

「ありがとう」を可視化できたら…

https://www.okwave.co.jp

最初は何のことか⁈ピンと来ませんでしたが、

考えれば考えるほど奥が深くて、これからの日本の社会に不可欠な活動と確信しました。

この「感謝経済」を構想したのが

株式会社オウケイウェブの兼元謙任会長です。

私と同じ愛知県出身で同じ年齢、若い頃には、無一文になって一時期ホームレス生活になるほど波乱で、かなりの苦労されてます。

https://www.okwave.co.jp/about/book

しかし、その逆境をエネルギーにして起業。

まさに兼元会長は

エネルギー理論を実証

「強い酸化(挫折、困難)は大きな還元に出来る」ことを証明しています。

世界初のQ&Aインターネットサイト開設

世界初「Q&Aプラットホーム」を立ち上げ上場企業までに成長。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3808.n

今でもオウケイウェブは

創業21年目 QAサイト世界シェア1位です。

年間利用者7000万件からの

O(教えて)とK(答える)のビックデータを元に

A I(人工知能)を使って企業から個人の悩みに答えています。

【オウケイウェブ ミッション】

『互い助け合いの場の創造を通して、

物心両面の幸福を実現し、

世界の発展に寄与する。』にあるように

O(教えて、知りたい)とK(答える、答えたい)

教えて欲しい、知りたい人

答えられる、教えたい人とのニーズを結びます。

そして

知りたいことに合致した答えをしてくれた人に

お礼として『OKチップ』が付与されるしくみになっています。

感謝経済 オウケイウェブ これから目が離せません