感謝経済との出会い⑤

感謝経済素晴らしい

感謝経済は、これまで当たり前のように存在していた根底の

「互い助け合い」の心根です。

日本には「お互いさま」という文化があります。これは、

日本の風土が培われたもので、

台風や地震や火災などの天災に、常に隣り合わせてきたことで

「困ったときはお互い助け合う」精神がつくられてきました。

日本の文化の創造は感謝から作られている

少しでも今より便利に迅速に。

少しでも多くの人に喜んでもらえるよう。

少しでも美味しくなどの思いで作られています。

それを作る側、使う側の間に「ありがとう」の感謝が介在します。

ありがとうを可視化するには

「ありがとう」を目に見える証明できるとしたら、

会社の場合、売り上げなどの数字の「実績」と言えるでしょう。

それも確かに大事ですが、売上重視でいくと立場によって個人評価しづらくなり、営業しか評価されないことが起きやすくなりそうです。

「ありがとう」の価値を高められるしくみ

ありがとうは積み上げることが出来ます。

日本の文化、仏教精神でいう「徳を積む」のと同じです。

人に与え、どれだけ人から感謝されているか。

「ありがとう」を積み上げ、

それをしてきたのかが、その人の価値と言えるでしょう。

それをブロックチェーンのテクノロジーで実現可能にしようといているのが

オウケイウェブの感謝経済です。


感謝経済との出会い④

全ては感謝、ありがとうのエネルギーから成る

全てのもの(物質の三体、気体、液体、個体)は原子で出来ているように、自然に作られたものも、

人工的に作られたものでも、そこには

『感謝のエネルギー』が存在しています。

スピリチュアル⁇

体に例えると、体は物質の三体で出来ていますが、心の入れ物でもあり、心(気持ち)によって体の状態を変えていきます。

怒りや悦び、憂い、不安、悲しみ、恐れには周波数があって、

その周波数は人間が発しています。

人間が発する周波数は強力

1919年ちょうど100年も前にロシアでテレパシー、

いわゆる「念力」による実験、研究をしていたのです。

この頃に量子力学も研究され、量子(電子の動き)は、人間の思いによって変化することが証明されています。

念が電子(物質)に影響?

花などの植物に声をかけて、言葉によって状態が変わるという話しを、よく聞きますが(紙に書いても同じ)

もし、花が通常より早く枯れたのであれば

人の思い、今の心が花、植物の物質の周波数(振動数)を乱し酸化させたのです。

条件が同じでも、感謝の思い「ありがとう」と声かけした花は、通常より長く花が生き生きしたと言います。

物は生きている(万物生成)といいますが、物を生かすも殺すも扱う人の気持ちということですね。

感謝経済との出会い③

逆境、困難から

困難、逆境からどこに向かうのか?

エネルギー理論的には必ず、

負荷は成果に

成果は負荷にを繰り返し

振り幅が大きくなるほど

負荷も成果も大きいのです。

酸化を還元 負荷を成果 不安を安心に

オウケイウェブ会長兼元氏は、

オウケイウェブを立ち上げる前に、

事業や家庭で立ち直れないような、

大きな挫折をして数ヶ月間ホームレスになった経験をしています。

焦燥感と虚無感にふけっている中、

あるホームレス仲間から中国人女性を紹介され

思いっきり顔面を思いっきり殴打されることが起こります。

喝を入れられる

殴打された原因は、

何でお前はここにいるのか?

日本籍があるのに…と聞かれて、

これまでに起きた辛い出来事について話したところ、

いきなりゲンコツで顔面を思いっきり殴打されました。

「ふざけるな!甘ったれてるんじゃないよ!」とのこと。

中国に比べたら、

どれだけ日本が恵まれているのか目を覚ませ!と言われ、

兼元氏は目が覚めたそうです。

しかし兼元氏がすごいのは、

そこから奮起して起業して、

その事業を成功させて上場させてしまう。

これはとんでもないことですね!

このとんでもないドン底状態から引き換え

どうしたら立ち上がり人生を好転させたのか。

そこにエネルギー理論という法則があるのです。

感謝経済との出会い②

物質経済(人物金)から感謝経済に

世の中は物が流通することで経済が成っていますが

全ては感謝で出来ています。

本来の経済は「ありがとう」の感謝と

信頼と愛情で成り立っています。(一部の国や組織を除き)

感謝は目に見えないため

その価値は測れません。

でも確実に存在しないと経済は廻りません。

経済活動、仕事を通じて「感謝!」を感じるときは

感謝✨を感じるとき

苦難、困難や逆境などの苦しいときから

抜けだせた、救われた、軌道に乗ったときです。

困難も無く全てが順調で、

なにもかも上手く運んでいるときは

感謝どころか、恩までも忘れてしまうのが人間です。

感謝したことは、どうしても忘れてしまします。

特に平和で恵まれた大国、日本で生活していると、

ちょっとした逆境でも不幸に感じたりします。

まして日本に住んで、日本人なのに

日本のことを悪く言う人が、あまりにも多くいるのは本当に残念です。

感謝を見えるようにしたい

そこでオウケイウェブがやろうとしている感謝経済

ブロックチェーンのテクノロジーを使って、

良いことをした人が評価されるように、

他人から自分に(自分から他人にも)

「してもらったこと」感謝したことを、

数値化して残せることが出来たらと考えました。


感謝経済との出会い①

「ありがとう」を可視化できたら…

https://www.okwave.co.jp

最初は何のことか⁈ピンと来ませんでしたが、

考えれば考えるほど奥が深くて、これからの日本の社会に不可欠な活動と確信しました。

この「感謝経済」を構想したのが

株式会社オウケイウェブの兼元謙任会長です。

私と同じ愛知県出身で同じ年齢、若い頃には、無一文になって一時期ホームレス生活になるほど波乱で、かなりの苦労されてます。

https://www.okwave.co.jp/about/book

しかし、その逆境をエネルギーにして起業。

まさに兼元会長は

エネルギー理論を実証

「強い酸化(挫折、困難)は大きな還元に出来る」ことを証明しています。

世界初のQ&Aインターネットサイト開設

世界初「Q&Aプラットホーム」を立ち上げ上場企業までに成長。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3808.n

今でもオウケイウェブは

創業21年目 QAサイト世界シェア1位です。

年間利用者7000万件からの

O(教えて)とK(答える)のビックデータを元に

A I(人工知能)を使って企業から個人の悩みに答えています。

【オウケイウェブ ミッション】

『互い助け合いの場の創造を通して、

物心両面の幸福を実現し、

世界の発展に寄与する。』にあるように

O(教えて、知りたい)とK(答える、答えたい)

教えて欲しい、知りたい人

答えられる、教えたい人とのニーズを結びます。

そして

知りたいことに合致した答えをしてくれた人に

お礼として『OKチップ』が付与されるしくみになっています。

感謝経済 オウケイウェブ これから目が離せません

波動と波長⑥

酸化はエネルギーに エネルギー理論

不安定、または不満、不足、不安、困難、逆境、怒り、悲しみからの

酸化の状態(現象)からは

協力しあい、多くの学びや気づきのエネルギーを得ます

不便とは便利になりたいという意味を含みます。

不便だけも、便利だけも存在しません(相対の法則)

不便と便利は表裏一体で、不便と便利を常に繰り返します。

繰り返すと段階が変わる(段階の法則)

不便という酸化のエネルギーが世の中を便利にして行きます。

不安定は安定に、不安は安心に、

酸化は還元に向かおうとします。(酸化還元の法則)

まだこれからも便利に向かっています。

最近問題になっている高齢者が起こす事故も

便利なはずの車なのに不便なものになってしまいました。

しかし、その問題から解決の手立てを見いだし

車同士ぶつからないような技術が開発されようとして

事故がなくなる世の中に向かおうとしています。

この世に車が出来て、道路も整備され、100年前の馬や徒歩が

交通手段だった頃と比べたら、随分便利になりました。

便利が不便に、不便が便利に

不便にも、便利にも必ず問題があります。

問題も酸化です。

問題も酸化と捉えることができたらエネルギーに成って

問題を解決しようと向かいます。

私たちの身の回りに起こる酸化

不便や不安、不足、問題は、しっかり向き合えば

必ず便利、安心、満足して解決して、また次の酸化に向かい

これを繰り返して段階を変えていきます。

波動と波長⑤

素粒子で全てを捉えると

全ての物質、現象⋯何でも⋯素粒子で捉えると酸化の(+)か還元(–)の

簡単に「不安定(+)か安定(–)」に分けることが出来て

相対で(+と–)バランスを保っています。

そして

ずっと安定はないし、ずっと不安定はありません。

体に例えると

ずっと健康も病気も無いように、体は不安定になってバランスが崩れると

元に戻る力が働きます。

これが俗に言う『元気』というもの‘で、

恒常性ともホメオスタシスといわれるものです。

科学(化学)は難しい

科学(化学)は苦手⋯と言われる人は多いと思いますが、

簡単に酸化は電子が抜けて物質、現象が

不安定、または不満、不足、不安、困難、逆境、怒り、悲しみなどの状態です。

ですから

酸化を日常的に置き換えると

満たされない、不安定な状態と言えるでしょう。

酸化だから悪いのではない

不安定、または不満、不足、不安、困難、逆境、怒り、悲しみからの

酸化の状態(現象)からは

協力しあい、多くの学びや気づきのエネルギーを得ますが、

還元の状態(現象)の

安定、安心、満足、良好、順調、喜びからは

エネルギーを生まないのです。

波動と波長④

道具を大事に使うと運気が⋯

出来るビジネスマンは靴やカバンを磨き手入れを怠らない、

また運気を上げたいのであれば靴磨きから

と聞いたことがあります。

確かに

汚い靴、すすけたカバンを下げた人からは仕事を頼みたくないですし、

また、身だしなみも

だらしなくしていたら、付き合いたくもないものです。

また運も無さそうに見えますよね。

でもそれは、その心根、姿勢に現れているだけでなく。

素粒子の世界、物質を作る電子(–)にも大いに関係しています。

念(今の心)が物を変える?

心には波があります。

体は95%〜が水素、酸素、炭素、窒素で出来てますが

体には心が備わり、感情で心が波のように浮き沈みして

酸化して体に影響を与えます。

いつも、むやみに怒ってばかりいると肝臓を傷めます。

憂うつな状況を心に作り出し妄想にふけると胃腸を病みます。

疑い深い、人を信用できないと糖尿病になりやすく

悲観的は肺、いつも恐れを抱いていると腎臓を病むと言われます。

心の影響を常に体は受けていて、物質である体は酸化し続けます。

体を大事にすれば(大事にし過ぎもダメ)体も喜んで機能して健康になり、

心の状態からも粗悪に扱えば病気という形で自分に返ってきます。

これは道具、物、靴やカバンにも言えることですね。

扱う人の思い、念が道具や物、靴やカバンを酸化させるのです。

波動と波長③

物は生きている⁈万物生々

物というのは使う人によって、

生かすことも殺すことも出来ると言います。

また物は、人と同じように

「人望のあるところに集まる」という。

また「物はこれを生かす人に集まる」

これを聞くと

精神的な世界、スピリチュアルに感じるかもしれませんね。

物は何で出来ているか?

全ての物は原子から成っています。

物質の三体の気体、個体、液体も全て

95%水素、酸素、炭素、窒素で残り5%が微量元素

空気も山も大地も海や川、私たち人間も

全ての物質も原子で作られています。

水の分子

原子、分子で素材を作ります。

自然に作られた物もあれば、

人工的に作られた物もあります。

どちらも例外なく原子、分子で成っていて

電子が奪われ酸化し、いつかは劣化していきます。

諸行無常

物が変化するしくみ

常なる物は無く、形ある物は全て変化するのは

全ての物は「酸化と還元の法則」の

しくみで存在しているからです。

波動と波長②

《酸化(+++)だから悪いわけではない!》

酸化を日常に当てはめると

問題、負荷、困難、不満、不安、挫折などなど

対して還元は解決、成果、満足、安心、貫徹などです。

強い酸化は強力な吸引力(同じ力、エネルギー)が働きます。

吸引と反発のエネルギーが均しく同じように酸化と還元のエネルギーも同じです。

これらの酸化を還元する法則に従って、

重い病にはそれだけの治ろうとする力が

大きな挫折、苦難には、それに応じた眠った力が働き、

この酸化と還元の法則は全てに誰にでも例外なく当てはまります。

物質の三体(個体、液体、気体)空も、空気、自然も私たちも、原子と分子で成っていますから、酸化と還元の相対を繰り返す電子の動きは世の中の動きも同じで、これらのしくみはこれに外れることは無いのです。