量子整体「ゆらぎ」 科学で痛た気持ちいいとは?

凝ったところを押すと痛いのに、なぜ気持ちいい(痛た気持ちいい)と感じるのか


これは科学の法則の酸化と還元で考えると分かります。

痛いところ、凝っているところは筋肉が固まって(+)酸化しています。
酸化は電子(-)を欲しがっています(吸引)から、
そこに刺激を与える(圧迫する。冷やす。温めるなど)ことで、
より酸化(+)させて電子(-)を吸引し、還元を促すのです。

強い酸化には、より強い還元がありますから
痛みと快(痛た気持ち良い)が同時に…ということですね。
でも、やり過ぎは禁物、程々にしないと、
逆に筋肉に還元力がなくなると
より強い刺激を求めるようになります。

より酸化させて還元を促すより
酸化しているところに電子を与えて還元させる。
それが「ゆらぎ」療法の量子整体なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。