酸化と還元の繰り返しに「ゆらぎ」がある

広辞苑【相似】そうじ 相似の法則 相似の原理 相似律

1 形や性質が互いによく似ていること。「相似した構造の建物」
2 一つの図形を拡大または縮小した関係にあること。
3 異種の生物の器官で、発生的には異なるが、機能が同じであるために形態が似ている現象。
家に例えれば

ということです。
実は全て共通した相似があります。

それが

酸化と還元の繰り返しです。

酸化は不安定を安定させようとする働きがあります。

この原理、法則はどこにでも見ることができます。

ここから何かヒント、閃(ひらめ)きという「ゆらぎ」をつかんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。