「ゆらぎ」の意味をもっと簡単に

「ゆらぎ」は閃めき 気づきの第一歩

昨日、理事の竹上氏と今後の協会の運営について話し合いをしました。
その中で、確かに「ゆらぎ」を価値観、軸(マスターマインド)にすることはいいけど
「ゆらぎ」が「これ」と簡単に一言で誰でも説明出来ないと広がりがない、難しい、
そんな話しをしてました。

どうしたらいいとの混沌とする中で
ふと竹上氏が「閃めきがゆらぎだ」と

迷っていて、または悩んでいて、そこから何気なく
ふと気づく。はっとこれだと分かる。腹に落ちる瞬間。
【閃めき】これが「ゆらぎ」ではないかとの答えが出ました。
確かに分かりやすい。

まずはそこからが第一歩進み
例えばで
「波」動き
「交わり」相対とは
「あそび」緩衝など、難しい話はあとからでも

それから
自分に「ゆらぎ」があると、どう変わるのか
「だったらやってみよう」と思うような
「何か」を具体的に誰でも分かるように
示していくことです。

それを後押しするのがマザーハンドプルーフの
役割であることが話し合われました。

これも「ゆらぎ」で混沌からやがて秩序へ。酸化が還元する。
「ゆらぎ」は【閃めき】です。

One thought on “「ゆらぎ」の意味をもっと簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。