あなたは、してもらう人?してあげる人?エネルギー好転の原理とは
量子論 引きかえの法則 超ド級スーパーポジティブ人間になれる法則はこれだ!
著者 皆実之 一はじめに
第1章 エネルギー好転の原理
1【酸化から始まる】量子論的に全てを考える
2【何かを引きかえにするとは】与えたものが与えられる
3【幸せ感と快楽との違い】幸せの引きかえは努力、快楽との質の違い
4【苦難は幸福の狭い入口】酸化と還元は波
5【自ら酸化に向かうこと】酸化としっかり向き合う第2章 感性を高める共鳴と非共鳴
1【素粒子の動き(量子)】悪いだけのものは無い
2【固有の振動数、波とは】電子の軌道、波
3【体は心(思考)からつくられている】電子が物質(体)をつくる
4【心からも言葉からも物質は影響を受ける】言葉で電子がスピンアウトする
5【引きかえの法則と共鳴、非共鳴】電子の波、周波数
6【様々な感情、気質がカラダに非共鳴を起こす】量子と性格習慣病
7【共鳴力が最高の自己治癒力を高める】量子と恒常性第3章 奉仕、ボランティアをすること
1【先に差し出す】仏教は科学 視えないツケ(業)を説いている
2【巡り巡って自分に還ってくる】世の中の動きと電子の動き
3【出さないと酸化する】エンドロピー増大の法則
4【相対を繰り返す】エネルギーを高めるために
5【豊かな自然こそが学びを育む】自然も引きかえの法則がある最終章
1【環境という場の量子、正と負】引きかえの法則の実践は与えること最後に

引きかえの法則をご存じですか?
引きかえの法則を意識することは、究極のプラス思考です。それは
「すべては相対から出来ていて、みんな平等で人生プラスマイナスゼロなのだ!」
これが理解できれば、嫌なこと、つらい事、理不尽なことがあっても戸惑って迷うことなく自分を冷静に保つことが出来ます。

何かを手に入れる、得ることは、それによって、「喜びと悲しみ」「楽しみと苦しみ」「得ると失う」「良いことと悪いこと」など、もう一つの代償を一緒に受け入れなければなりません。すべては何かと引きかえにして成り立っているのです。

楽しいだけ、喜びだけはありません。光には影があり、裏がない表はありません。右だけも、左だけもありません。必ず相対があります。
恋い焦がれた彼女ができたとします。その時は嬉しいでしょうが、彼女と付き合うことは、嬉しさの反面、彼女の聞きたくない話や見たくはないところが必ずあるのです。
これを受け入れることが「付き合う」ということなのです。(彼氏ができた~も同じ)

愛情が深くなる程、自分の気持ちを「分かって欲しい」「気づいて欲しい」
「関心を持って欲しい」「欲しい」「欲しい」になってしまいます。
欲しいというのは、意欲と捉えることもできますが、科学で例えるなら、
それは吸引になり、吸引には反発が生じます。

次へ