相似の原理、法則はどこにでもあります③

肝臓は怒り…とは?
還元力のある人はより還元体質になり、
酸化していく人はより酸化する
その違いは

「ゆらぎ」があるか、ないか

その違いです。

皆箕之さんは、ゆらぎ、ゆらぎと言うけど一体「ゆらぎ」ってなに?
簡単に分かるように説明してと言われますが

もし世の中にゆらぎが無くなったら
現代がまさにそうで、信じられないことが起きています。
テロや宗教戦争
身近な話では自分の勝手な価値観を押し付けるクレーマー
最近の運動会で、平等主義でかけっこに順位をつけてはダメだという教育者
どこかの国で、クマのプーさんはパンツをはいていないから、わいせつ物として
放送も出版も禁止になったとか(笑)

とにかく「ゆらぎ」という考え方、価値観がなくなると
「確かにそうだよね」「そういう考え方もあるよね」がなくなります。
「白か黒かハッキリしよう」「その考え方はあり得ない」
「それは認めない」
のように
相対が無いから「ゆらぎ」がありません。

でも

私たちの体は相対でできています

から
息を吸ったら吐きますし、取り込めば排泄します。
内側と外側、左右、上下、裏表、古くなれば新しく変わります。
相対がないと「ゆらぎ」はありません。

しかし心、考え方で「ゆらぎ」を認めないようなことを
していると体が非共鳴を起こします。
自然に逆らうということです。

そうすれば酸化するのも当然です。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。