逆転人生 エネルギー理論 段階の法則⑵

エナジーコンサルタント
逆転人生 エネルギー理論 段階の法則vol2

前回の続き 段階の法則

段階の法則とセットで考えなければならないのが

ルーティン、習慣、リズムワークです。

やったり、やらなかったりではエネルギーは高まりません。

段階の法則は

酸化還元を繰り返し、段階を上げる。

「エネルギーを高めること」ですから、

自分のやり続けられる継続、習慣ルーティンを作ることです。

ルーティンを持たない人はエネルギーも低いと言えます。

例えば

同じ時間に寝ない。

休みの日は起きたい時に起きる。

休みの日の前の日は、夜更かしして運動不足

食事にも気遣うことなく、

バランスを考えず食べたいものを、食べたいだけ食べる。

仕事も時間をこなすだけで、与えられただけしかしないなど。

このような人はエネルギーを作り出すことはなく、低い方へと流れて行きます。

仕事も人間関係も体の調子も、全部つながっていますので、

そのままならエネルギーは、

さらに低い方へ流れます。

ですから抗う、逆らうくらいが、ちょうど良いのです。

抗う、逆らうは酸化です。

確かに明日休みなら夜更かしして、朝はゆっくり寝ていたい。

と思いますが、

明日休みでも同じ時間に寝る。

朝も同じ時間に起きる。

仕事の日と同じくらい、体を動かす。

ダラダラ過ごさない。

人間関係、仕事も食生活もバランス良く、

気分や欲望に任せず自分のポリシーを持ち、決め事を守り

リズムワークを身につけるのです。

しかし厳しいルールや、いきなり高い目標を立てないことです。

まずはスモールステップ、細かくやれること、

やり続けられることから始める。

小さな成功を積み上げることが、

段階の法則の大事な点です。

いかがでしたか

何事も一気にやろうとせず

段階の法則で始めることですね。

タイトルとURLをコピーしました