波動はエネルギー⑥

波動を高めれば健康に成れる

簡単に波動とは

物質(全て)を構成する基本的素粒子である電子の振動です。

その振動は陽子(+)の影響を受けます。

この陽子こそがエネルギーです。

意思、心が物質、体に影響するのもここから来ています。

量子力学の「波は物質の状態⋯」これだけを聞くと

全く不可解ですが、下記の図で示すように

明らかに体は心から影響を受けますし、逆に体からも影響を受けます。

ニワトリが先か、卵が先か論になってしまいますが、

体力に見合った運動で、体が丈夫になれば

メンタルもベストになって、

よく考え、与えるゆずることができ、変化を恐れず学ぶ。

忘れる、ゆるすことができるようになります。

体から心にも

胃が痛むと決断力が鈍る。

腎機能が低下すると不安になり恐れ、ビクビクする。

肝臓を病むと、短気になり些細なことでイライラする傾向があるとか。

しかし、それが分かれば、知らずに負のスパイラルにハマって

病むことがないよう感情を少しでも気にかけて

やがてコントロール出来るのです。

どうやって感情から体にアプローチするのか?

波動理論エナジー学会では心、気(感情)からのアプローチで

体を健康にすることは可能かを検証して実証例を挙げて

公開していきます。

続く