波動はエネルギー③

量子論 酸化と還元

合同セミナー健康医学の真実12月14日報告続き

心、感情という波動

人は日常の出来事によって少しづつ、人間的な感情に構成されます。

起きた出来事の条件は一緒でも、

人それぞれ感じ方(怒、悦、憂、悲、恐)は様々です。

それこそが個性であり、そこに人間の面白さと難しさがあります。

生きている限り、社会との関わり、対人関係とは切り離すことは出来ませんから、

それに伴う喜びや苦難と煩わしいことも起きて来ます。

しかし、全ては相対ですから喜びだけはありませんし、

煩わしいだけもありません。

この相対、対峙する構造があってこそ人生は面白さを引き立ててくれます。

辛いことがあっただけ幸せを感じ、何でも感謝出来るようになっているのです。

感謝のちから(エネルギー)

感謝、喜び、愛はエネルギー高そうですね。

しかし、私たちが普段感じている感謝や喜びは、

当たり前過ぎて感じにくいのです。

分かりやすい例えが、あなたが海で溺れて死にそうになっている時、

神様が現れてこう言います。

「願いを一つ叶えるが、何でも欲しいものを言いなさい」

「年末ジャンボ宝クジ7億円当選」叶えようか?と💴

この神様はちょっと意地悪😅です。

その時、誰もが言うでしょう。

「とにかく息を吸えるよう助けて下さい!」と

普段当たり前に吸っている息も有難い存在であり、

感謝出来るのは苦しい状況がないと感じられないのです。

エネルギーの高い人とは

波動(エネルギー)の高い人と低い人がいますが、

苦しみを経験した人ほど情感が深いものです。

たまに「私は苦労したことありません」

「病気したことありませんので病気の人の気持ちが分かりません」

「家が金持ちで、コネがあるから何の心配もありません」

「将来に何の不安も不満もありません」という人がいます。

そんな人にに魅力を感じるでしょうか。

このような人は決して波動(エネルギー)が高いとは言えませんよね。

テレビで活躍する芸能人を観て、誰もが魅力を感じ憧れますが、

それ相当の努力を積んでますし、酸化と還元を常に繰り返しています。

エネルギーの高い人は「酸化と還元をどれだけ繰り返したか」に限ります。

続く

タイトルとURLをコピーしました