悲観の臓器⁈肺⑵ 心の起源❓

心はどこにあるのか⁈

心の始まりは、胎児がお母さんの母体で形付けられる時期に

お母さんの精神状態によって、大きく影響を受けると言います。

第6〜7週、この時の胎児は、形が作られ出し、臓器も徐々に構成される段階にあります。

「心は脳にある」と言われる西洋思想の学者がいますが、

東洋思想の「心は腹わた(五臓六腑)にある」の方が正しいのかもしれません。

胎児にとって初めての対人関係と言えるのが、母親の感情、心は波動として

胎児に送られます。

この時期、母親の感情、波動が

悲しみや不安、迷いで心が不穏な状態だと、胎児はまともに影響を受けてしまいます。

胎児はその波動から、自然に悲しみの感情を避けるようになります。

ベルタ葉酸マカプラス

心の抗体の始まり

人も自分も悲しませたくないという思いが、気を使う子供、

反応が早い子供、敏感で神経質な子供にしてしまいます。

分かって欲しいのに誰も分かってくれない、敵か味方かも分からない、

アレルギーの反応と同じことが心と体でも起きてしまいます。

皮膚や粘膜で起きているアレルギー反応は呼吸器(肺、鼻、皮膚)の本来持っている固有の振動数と、

心の状態から発生している振動数との非共鳴から起きていて、

原因は心から起きていることが理解出来ます

しかも、

肺機能低下、呼吸器系障害、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー、便秘精力減退など起こしやすいというのが

胎児から悲観的、被害妄想癖、なんで私だけ⋯、なんでこんな目に⋯、マイナス思考、いつもクヨクヨ、メソメソの心の波動を引きずっているとは驚きですね⋯

続く

モグキューブ