感謝経済との出会い15

日本は感謝「ありがとう」で創造する国

日本の社会は感謝で成り立っています。

日本に住んでいれば誰とでも連絡が取れますし、

情報を制限されることもありません。

治安も良く、安心して一人で夜に歩くことも出来て、

全く問題が無いと言えませんが、法治国家として

時代の流れに合わせ法律改正されながら成長しています。

日本の底力

不満から満足
不便から便利
不通から開通
不安から安心
負荷から成果のように
酸化と還元を繰り返して段階上げて
不可能を可能にしてきました。

東京は関東大震災と東京大空襲の間の23年で

2回も焼け野原になりました。

しかも戦後焼け野原から復興して19年で

東京オリンピック招致と日本人の底力は計り知れません。

勤勉な国民性  日本人と八百万の神信仰⁈

日本人は約束を守る。納期を守るのは当たり前。

電車、バスも時間通りに来て、到着も正確です。

日本人にとってそれが当たり前であり、普通なのです。

それはどこから来ているのでしょう。

日本人は古くから暦と共に生活を合わせ

暦歴とは宇宙の周期で極めて正確です。

日本人の尺度や感性の原点は「和暦」

二十四節気(太陰太陽暦)の季節の巡りによって人は生かされていて

自然と一体で森羅万象と共に共存していると考えます。

そして同じ様に、すべてのものに神が宿る。

そう信じられ暦歴と調和することが

「八百万の神」信仰です。

これは日本人の、豊かな自然を繊細に感じ感謝する、

畏敬の念そのものです。

八百万の神の正体    二十四節気は宇宙の周期

日本人が素直で勤勉なのは

自然と調和することは時間(暦)と調和することと考えたことです。

それが自然に対しての敬意であり感謝なのです。

日本人が時間を重視する意味がここにあるのです。