感謝経済との出会い14

感謝経済のスイッチまずはやってみる

全ては「ありがとう」から

「感謝されたい」というのは

「自分を良く思って欲しい」

という自己承認欲求です。

自己承認欲求を否定することはできません。

例えば誰か気になる人がいて、

その人に優しくする、

気をつかうなど、

相手に気に入られるよう振る舞うことは、

人間社会でごく普通の行いです。

実際に行って相手に気に入られるかどうかは(やり方にもよる)

結果がどうであれ、やってみてこそ経験値が付くのです。

感謝経済でありがとう集め

オウケイウェブ 感謝経済プラットフォーム

ありがとう。感謝すること。感謝されることには、

絶大な力、エネルギーがあります。

今の世の中はこのエネルギーが働いていて、
全てのものが創造されています。

このエネルギーから外れるもの、

感謝が無い。ありがとうが存在しないところには崩壊の道が開かれ消滅していきます。

それだけ感謝のエネルギー、力は絶大です。

感謝のエネルギー、力がすごいという原点は

人の念が国をも創造する。

これは分子レベルで起きている現象ですが、

人の念(今の心)が物質に影響を与える一つの例です。

人の念が酸化させる
これは水分子に与える影響で例外はありません。

お茶を点てる。コーヒーを淹れる。

お米をとぐ。料理を作ることも。

農業も工業も製造も、

建築、土木、街景観も全て

人の思いで創造されています。
全ては同じもので構成されている
これらは感謝「ありがとう」というお互いの敬意、畏敬の念があってこそで、

まさに日本の風土、民度にはそれがあって日本国が成っているのです。

天皇家に対する日本国民の思い。

天皇陛下の国民に対する思いが象徴しています。

これが

無関心、邪念「ばかやろう」怨み、つらみからは何も生まれませんし、何も出来ないのです。