感謝経済との出会い④

全ては感謝、ありがとうのエネルギーから成る

全てのもの(物質の三体、気体、液体、個体)は原子で出来ているように、自然に作られたものも、

人工的に作られたものでも、そこには

『感謝のエネルギー』が存在しています。

スピリチュアル⁇

体に例えると、体は物質の三体で出来ていますが、心の入れ物でもあり、心(気持ち)によって体の状態を変えていきます。

怒りや悦び、憂い、不安、悲しみ、恐れには周波数があって、

その周波数は人間が発しています。

人間が発する周波数は強力

1919年ちょうど100年も前にロシアでテレパシー、

いわゆる「念力」による実験、研究をしていたのです。

この頃に量子力学も研究され、量子(電子の動き)は、人間の思いによって変化することが証明されています。

念が電子(物質)に影響?

花などの植物に声をかけて、言葉によって状態が変わるという話しを、よく聞きますが(紙に書いても同じ)

もし、花が通常より早く枯れたのであれば

人の思い、今の心が花、植物の物質の周波数(振動数)を乱し酸化させたのです。

条件が同じでも、感謝の思い「ありがとう」と声かけした花は、通常より長く花が生き生きしたと言います。

物は生きている(万物生成)といいますが、物を生かすも殺すも扱う人の気持ちということですね。