実践 感謝経済学

感謝されるには?


どうしたら感謝されるのか?
どうしたら人に「ありがとう」と言ってもらえるのか?
の感謝につながる行動、言葉遣い、尊敬、共感を得るには?
以上を考えなくてはならず大きなテーマでもあります。
それが感謝経済学です。

感謝されたくてするのはいやしいことか?

ある人に怒られました。

「どうしたら感謝されるのか?
人から感謝されたいからやるのは間違っている!いやしい人間がすることだ」
とお叱りを受けました。
確かに「感謝されたくてやっている」のは、ちょっと違うのかな?と感じますよね。
でも、いやしい人間とは言い過ぎだと思いますが

何のために

「感謝されたいから」になるとおかしいと思いますが
自分の価値を高める。
成長させるためにであれば
人から感謝されるように
考え行動すること、実践することはすごく大事なことでしょう。

感謝を知る 学ぶ 感謝経済学

お母さんが子供に一番最初に教える言葉
「ありがとう」だそうです。
「ありがとう」は日本人の基本的な心情です。
そして、いつか最後に目を閉じる時、
家族に「ありがとう」と言って御別れ出来たら
幸せな一生を遂げたことになります。
人間は「ありがとうに始まりありがとうで終わる」のですね。

人生でどれだけの人に感謝し、感謝されて
「ありがとう」をいくつもらえたか

例えば目標
1日に10回以上「ありがとう」言ってもらえるように頑張ろう。
そのために何をすればいいかを考えます。
それが実戦 感謝経済学です。