メンターシップ=お役立ち精神を養うには

メンターの特質

◯お役立ち精神、サービス精神が旺盛。


自分がやって欲しいことと、相手がして欲しいことは違うことが多くあります。
こっちは良かれと思ってやったら大失敗⋯なんてこと、よくある話です。
その前に
「何かお役に立てることありますか?」
「私でよければ力になりますが、何をしたらいいですか?」
「何か手伝えることありませんか?」のような
相手が何を求めているかを知ること、先ず聴くこと(傾聴)
相手の感謝につながる第一歩です。

◯信念は強いが柔軟、「ゆらぎの概念」を備えている。


「絶対にこれだけは譲れない!」信念を最後まで通す!
という人がいますが、一つ間違えるとただの頑固者です。
信念は大事です。でも自分の判断を見直すことも大事です。
ある人が
「自分で自分のことを決めるほど、あてにならない」と言っていました。
メンターは考え方に偏りがないよう
周りの意見と自分の考えとの相対で判断します。
「確かにそうだよね」
「あなたの言う通りだよ」
「なるほど、そういうことね」の言葉を入れると人間関係が変わります。

◯いつもプラス受信。いつも人を励ます。


当然ですが
自分の夢や願望を支えてくれる人(ドリームサポーター)や
将来は希望に満ちているの信念を持った未来志向の人
みんなが求めています。
「いつも頑張ってますね」
「いつも力もらえてます。ありがとうございます」
「私も見習いたいです」
人を讃える、賞賛することの習慣をつけると
自然に自分の方に関心が向いてきます。

◯いかなる状況においても楽しむ。


その分野をやり抜くこと。続けることです。
何でもいいからルーティンにすることです。
仕事でも休日でも、同じ時間に起きるとか
「朝起きたら先ず水を飲む」とかでもいいのです。
小さなことでも積み上げると山になります。

◯謙虚で自然体。


メンターは自他共に信頼しています。
「自信が無い」という人がいますが
自信ってなんでしょう?
自信とは字の如く「自らを信じる」ですから
自分で自分のことがあてにならない。と言っているのです。
自分が信じられないと、人も信じることが出来ません。
ではどうしたらいいのでしょう。
それは
自分のメンターを探すこと、求めることです。
一般社団法人ブロックチェーンメンターバンク 北原貴之