他人からの感情によって物質、人も変化する?続き『人の目は大事』

前回の続き『人の目はやっぱり大事』

「コイツってダメな奴」と誰からも思われる人
「あいつはNG」「あいつはあてにならない」と思っている人が多ければ多いほど
その「念」は強くなり増大していき、
ますますダメな奴、あてにならないNGな人に育っていきます。

(例外もありますが)
ばかやろうの文字を見た測定者が水を酸化させたように
「念」の力は凄いのです。

念は波動(波)

人と会って「この人感じ悪!」と思ったことありませんか?

その時明らかに言葉に出さなくても「ばかやろう」を見た時と同じ念波が出ています。
その念波を常に浴びている人は出しているのと受けるの
送受信、アウトプット、インプットがそんな波動が体から出ていますから大変です。
いつも愚痴ばかり言っている人、
人の批判、悪口、陰口が好きな人
自分はダメだ的な会話をする人も

思って思われての負のスパイラルが生まれるのです。
でもそんな人ほど「人の目を気にするな」とか思っています。

感じの良い人にならねば

これに本当に気づいたのは50歳になろうかという頃でした。
(はっきり言って遅いですが)
でも気分によって示した態度が
「今の自分、感じ悪かったかな」と反省することも多々あります。
1日人と接する機会が
朝会って挨拶を交わす、コンビニの店員、仕事や人間関係と何人かの人と会っています。
その時にどんな「念波」を送受信しているのか気をつけています。
何かにつけて文句を言っている人は最悪ですよね
そんな人はいつも自分に文句を言う機会を自ら引き寄せています。
出来れば自らも「ありがとう」という感謝の念を出して
人からも「ありがとう」と思われるよう振る舞いたいものです。

運と関係する?

これは大いに関係します。
「あの人は成功するよね」「あの人は出来るよね」と思われている人はやっぱりそうなります。
そんな人は運が味方してくれるというより
周りの人の思い(念)が後押ししてくれるのです。
それが人の目というより、どう思われているかの「念」です。