見た目で運も変わる?

何度も紹介しています

「ありがとう」に置いた水と「ばかやろう」に置いた水との違いを
氷の結晶で見られます。
ありがとうの氷の結晶は美しい六角形の形が出来て、
ばかやろうの氷の結晶は歪(いびつ)な形になります。

なぜ結晶に違いが出来るのでしょう?
全ての物質は原子で出来ていて
酸化と還元で考えると答えは簡単に解けます。

なぜ水が言葉(文字)によって変化したのか

測定者が「ありがとう」という文字を見て脳が意味を理解して、
水を還元させたと考えられます。
逆に「ばかやろう」という文字を見たとき脳は、その意味を理解して水を酸化させたのです。
水を変化させたのは測定者の感情(波)
体から水分子(H2O)の持つ固有の振動数(物質の周波数)に対し
ありがとうは共鳴、ばかやろうは非共鳴を与えたのです。
まさに感情(脳)が電子の状態(物質)を変えたという量子の世界です。

酸化と還元で
私たちの体は60~70%水分ですから
脳(思考)から電子に影響して身体に及ぶことが納得出来ます。

人は見た目で判断 運にも関係⁈

メラビアンの法則をご存知ですか
人は第一印象の殆どが相手の脳にインプットされてします。

相手に「この人は仕事出来そう」「誠実そうだな」「頼れそうだ」
周りの目(測定者)が判断させることで「ありがとう」の水のように
自分が好転する方向に変えることができます。
「あの人は成功するよね」そう周りから言われている人が
本当に成功しているのは、このことと運が深く関係しています。

反対に「あの人は無理でしょ」「ダメダメありえない」「絶対成功なんて無理!」
言われるパッとしないイメージを周りに全開している人
「ばかやろう」に置いた水を見た測定者と同じ波動(念)が伝わり
与えた印象通り何をやっても上手くいきません。
まさに与えたものが与えられるのです。

このことから、上手くいく上手くいかないは
自分の力だけではなく、
周りの人に与える見た目、印象がとても大事なことが理解できます。
出来る人は自分の運だけではなく、人の念も使って運をあげているのです。