必要だから存在している

電子を奪う活性酸素、酸化と聞くとシミ、シワ、タルミ、老化、病気の犯人と思われますが
実はその存在のおかげで健康が保たれています。
酸化があってこそ身体機能に危機意識が出来て
反発して免疫力、代謝が活性します。
酸化は電子を奪われることで不安定になり吸引が働き電子を引き寄せます。

酸化を日常に置き換えると

酸化を日常に置き換えると困難、逆境、苦難、不満、不安定、恐れ、怒り、悲しみ、妬み⋯

しかし、これら問題の出来事があることで人生が豊かになっています。
先程の体で起きている
酸化があってこそ身体機能に危機意識が出来て
反発して免疫力、代謝が活性します⋯と同じです。

酸化、病気からの学び

酸化は気づきのきっかけです。
私の友人の娘さんが若くして末期の癌になり、何度も転移を繰り返してますが奇跡的に3年の間存命しています。
当初は家族ごと奈落の底に突き落とされたようなどん底状態で、まさに酸化状態でした。

しかし娘さんの病気をきっかけに家族の向き合い方や考え方、健康に対する考え方
食事の内容から全てが変わりました。
それと、重篤な病を持つ同じような境遇の家族に対し
気持ちを汲めるようになって、励ます、力を与えられるようになったことは
病気(酸化)からの経験を通じて得た財産と言えます。

愛別離苦

人は必ず出会いと別れがあります。 縁が切れるのか、死別するのかのどちらかです。
この3年間で私の柔道部の同級生と先輩が3人突然死しました。3人とも心不全でした。
3人とも不摂生で体に良いことはせず、身体に悪いことばかりの生活でしたから仕方ありません。
突然死だから楽⁈私はそうは思えません。
学びの機会も考えることも何もなく、人生が終わるなんて生きた意味がありません。
その時、重篤な病気(すぐに死ねない)をして痛い思い(酸化)をして反省し
自分の体に対して労(いた)わり、生活や食事、運動をしていたら、
それと家族や周りの人たちに感謝する心に気づけたら。

仕事や人間関係も同じことで失敗して、この酸化から学び改善して良い方向(還元)に向かう。
このように酸化と還元の繰り返しステージを上げていき成長してくこと

逆にならない生き方をしたいものです。