エネルギー理論 挫折感(酸化)はエネルギー⑻

目次 常に相反的、排他的なものの見方をすると自ら相対で摩擦を生まないためには二つ(相対)を一つとして考えるのが「ゆらぎ」 常に相反的、排他的なものの見方をすると 白か黒か、正しいのか正しくないのか、敵か味方か。いつも敵を … 続きを読む エネルギー理論 挫折感(酸化)はエネルギー⑻