エネルギー理論 挫折感(酸化)はエネルギー⑻

常に相反的、排他的なものの見方をすると

白か黒か、正しいのか正しくないのか、敵か味方か。
いつも敵をつくり、敵がいることで自分の存在感があると考えます。
(隣の国みたいに⋯)そうなると⋯
自ら相対で摩擦を生み、その摩擦熱が妄想、心配のタネが湧き出て来て、
いつもイライラして不安で憂うつになります。

でも⋯そういう人は
味方の時は好感が持てる良い人ですが⋯
一旦、敵になると手のひらを返したかのように豹変します。
要注意です^_^;

自ら相対で摩擦を生まないためには

相対で戦わないことです。それは⋯

右か左か⋯右でも左でもない、どちらでもない考え方もある。

正しいか間違っているのか⋯そのときは間違っていても
後に正しかったと言われる事もある。

敵か味方か⋯敵に見えても見方を変えると
敵は自分を構成してくれる成長因子にもなります。

順調か逆境か⋯
逆境こそが重要な成長因子で順調な時の方が危ういのです。
逆境は「このままではダメだ」と必死で考え、多くの学びを得ますが、
順調な時は心配も無いため「そのままでいい」と思ってしまい安心してしまいます。

二つ(相対)を一つとして考えるのが「ゆらぎ」


不二一体の思想こそが、自らの心の中で敵か味方をつくらない
そうすれば摩擦熱も起きませんし、心配事も起きたら起きたで改善のタネになります。
そう考えられるのが「ゆらぎ」というものです。
そして今の世の中は「ゆらぎ」によって創られています。

続く⋯

【不二一体の思想】とは⋯一つに見えるが全ては二つで出来ていること