エネルギー理論 挫折感(酸化)はエネルギー⑶

前回の続き⋯

満たされない。足りない。不安定。困難。逆境をエネルギー理論で捉えると


ネガティブ(酸化)にしか、感じられなかったことがポジティブ(還元)に、
怒り、絶望、恐れ(酸化)としか、思えなかったことが
希望と勇気、喜び(還元)につながっていることが、
エネルギー理論で理解できたのです。

知っているのか、知らないかのとでは大きな違い

確かに⋯
ずっと自由で豊かさと何もかも満たされた中(還元)に、楽しさと幸せ感(還元)は無く
不自由、不満、不安、苦境、困難の(酸化)の向こうにしか、感謝、喜び(還元)は無いのです。
科学で考えても還元には還元はありません。
還元は酸化、酸化は還元になります。

酸化還元反応=電子(e-)の授受反応

電子を与える、失う物質がある(酸化)ということは必ず、電子を受け取る、奪う物質があり(還元)つまり、
酸化が生じたら、どこかで必ず還元が生じているということ⋯

「でも、ずっと酸化続きだけど⋯」という人は
法則に逆らっていて何かが間違っていると考えた方がいいかもしれません。

続く