お世話になります 「ゆらぎ」という概念

日本特有の挨拶

「お世話になります」「おかげさまで」という挨拶は特有の意味合いを持ち
外国人に通用しません。
「お世話?何もしてません⋯」「おかげ⋯なんですか?」と思われます。
日本は直接、利害関係が無くても巡り巡ってつながっている縁を大事にしますので、
今は見えてなくても、形に無くても「おかげさま」という存在で
出逢った人に敬意を示す
素晴らしい文化を持っているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本は「ゆらぎ」そのもの

諸外国、特に西洋から日本人は「何を考えてるのか分からない」「YES かNOかハッキリしない」と思われています。
しかし日本の国、日本人には阿吽の呼吸や侘び寂びと言った
風土、文化があります。
これは日本の恵まれた海に囲まれた地形と自然から
相対の法則、全てのものは二つで一つで出来ている「ゆらぎ」の概念を持っていて
西洋の YES かNOかハッキリさせる感覚とは違うのです。

【「ゆらぎ」は科学です】

実際には誰も見ていなくても決まりをも守るのも日本人です。
信号のある横断歩道で人がいなくても止まっている車を見て外国人は
「バカじゃないの」と思うそうです。
無人の野菜販売所も日本だけです。

Exif_JPEG_PICTURE

日本人の心のどこかに仏教の「仏様が見てござる⋯」の精神
「おかげさまで」「お世話になります」があるのでしょう。