思考は現実になる

思考(心)と行動(体)は相対です。
相対の法則でいう、相対の繰り返しがエネルギーをつくる。

相対が交わり、混沌とした状態から無から有を生み出す
波「ゆらぎ」があるといいます。
相対の片方だけ、思考だけでは何も生まないのです。
逆に何も考えがなく行動しても価値のあるものは生まれません。
苦労して得たもの、何も苦労しないで得たものと価値が違います。

酸化があればこそ還元の質が違います。

酸化はエネルギーです。
先人の「苦労は買ってでも⋯」は本当ですね。
何か困難があったときは喜ぶ⁈べきと⋯
根性論、精神論に聞こえますがエネルギー理論は科学です。