「ゆらぎ」エネルギー理論⑸

問題を酸化と捉えると酸化はエネルギーとなり還元(解決)します。

何か問題が起きたときに、
問題を問題と捉えては解決も成長も出来ません。
問題は次の段階に進むエネルギーですから良いことなのです。
とは言っても⋯その時は辛いですよね。
でも、後になって振り返ると
「大変だったけど、あの経験は貴重だった」と感じることがあります。
そう思えるのはその時よりは成長したからです。
「あの頃は良かった⋯」より辛い時期の方が意味を持つのです。

酸化と還元の法則【電子(素粒子)の輪廻転生】

全てのものはこの法則で生み出されました。
輪廻転生?と聞くと
生まれ代わり?前世はなんだった?信じるか信じないか?
のような話になりますが
「電子(素粒子)の輪廻転生」とは
物質を構成する基本的素粒子、電子でその違いが分かれるもので
スピリチュアルではなく科学なのです。
実は人間も動植物も空気も、いわゆる物質の三体(宇宙も)は
元素の約90%水素、酸素、炭素、窒素の4種類で出来ていて組み合わせが違うだけです。

実は全て原子(元)で
同じものから出来ているのです。
人間も水素、酸素、炭素、窒素にリン、硫黄の6種類で98%
あとの23種類の微量元素の2%
計29種類の原子の集まりです。

同じ人間でも違いがあります。
身体が大きい、小さい
強い、弱い
健康、不健康
美しい、醜い
賢い、愚か
豊か、貧しいなど
「なぜ違いがあるの?」
それは
電子(素粒子)の性質が理解出来ると目からウロコが取れるように⋯

続く