恕(ゆる)しは「ゆらぎ」⑹

真面目過ぎると恕(ゆる)しが無くなる?

もし世の中に「ゆらぎ」が無くなったら
現代がまさにそうで、信じられないことが起きています。
テロ、宗教戦争
身近な話では自分の勝手な価値観を押し付けるクレーマー
最近の運動会では、平等主義かけっこに順位をつけてはダメだという教育者

笑い話しですが本当にあった話

ポーランドの地方で、クマのプーさんはパンツをはいていないから、半裸わいせつ物として
放送も出版も禁止になったとか(笑)

伝統であるスペインの闘牛も動物愛護団体からの反対で2012禁止になり
今では本物の牛ではなく、牛の張りぼてで闘牛ショーになったそうです。

合わないから排除する 無くする ゆるさない!

とにかく「ゆらぎ」という考え方、価値観がなくなると
「確かにそうだよね」「そういう考え方もあるよね」が無くなります。

「白か黒かハッキリしよう」「その考え方はあり得ない」
「それは認めない」「排除します」のように
相対が無いから「ゆらぎ」がありません。

「ゆらぎ」がないといずれ滅びる

常に変化していることが自然界の法則です。
変わらないこと(信念)は変わり続ける事です。
私たちの体は60兆個の細胞のうち
1日約5,000億個の細胞が新しく入れ替わる事で
体の機能を維持しています。
体も常に変わらないと酸化し続けます。

続く