イメージが現実になる

これを聞いて疑う人も最近少なくなって来ました。
スポーツの世界では常識ですし、
インタビューで「この瞬間をイメージしていた⋯」と言っています。
芸能界でも著名人も芸能人が「なりたかった自分」について話しています。
確かに彼たちは自分自身が売り込む商品ですから
セルフイメージが出来ていないと売り込むことが出来ません。

セルフイメージとは

自分自身を第三者となって観て思うことです。
いつも「自分はもう一人の他人」として見る目を持つと
「バカなこと言っているな」「そんな言い方したら誤解される」など
自分だけでは見えないことが見えて来ます。

「成れたらいいな」からイメージ

感じの良い人や憧れてる人を見て
こんな人に成りたい。近づきたいと思うことが
セルフイメージの第一歩です。

私は引き締まった腹筋に憧れます。
しかし現状はというと⋯目を背けたくなるような、たるんだ腹⋯

そこで
「まぁいいかぁ」とあきらめるのか
少しでも「何とかしたい!」と思うのか
セルフイメージの自分現実の自分のギャップを
少しでも近づけることを
しているのかしていないのか

明るくて健康的で知的なセルフイメージを持ちたいものです。