お金はそもそもエネルギー

石を特殊な形に削ったものを物と交換出来るようにしたのが貨幣のルーツで
貝殻や鉄銭、銅銭や金貨、銀貨、紙幣に進化しましたが


現在に至るまで
「これは問題があるぞ⋯」「だったらこうしよう」「また問題が起きた」「じゃあ、これで解決しよう」
問題(酸化)を解決(還元)して、また次の課題を克服する繰り返しでここまで来ました。
不便や問題があった時、「なんとかしたい」「解決策があったらいいな」と「酸化を還元したい」と思うのが人間の本能です。

今やネット社会で世界がつながっています。

世界中で共通した通貨があったら便利だよねという思いと
特定の金融機関や政治が絡まない。
どこにも縛られないインターネット上の暗号通貨ビットコインが誕生しました。
多くの酸化と還元を繰り返して出来た暗号通貨は次世代の通貨です。

これからも国によって法律、税の改正などで圧力もあるでしょう。
そうだとしても
「だったらこうしましょう」と問題(酸化)に対して解消(還元)して次に活かします。
これが「ゆらぎ」という働き
酸化と還元を繰り返して酸化をエネルギーに替えて強くなっていくしくみです。