雷が発生するしくみ

雷が発生するしくみは、暖かい空気と冷たい空気がぶつかったとき
急激に空気が膨張して空気中の水素、酸素、炭素、窒素の
陽子(+)と電子(-)が引き離されたとき反発して電気が発生します。
この時にゴロゴロという音が聞こえてきます。
陽子は電子が引き離されると強力な吸引が働き出すので
自由電子を引き寄せ電子がぶつかり合って電気が発生します。
雷も電気の発生するしくみも同じことで
電子がスピンアウト(酸化)した吸引と反発の原理なのです。

これがエネルギーが発生するしくみです。

酸化と還元 吸引と反発 自然の法則

やる気、意欲というエネルギーも
酸化(負荷)に立ち向かえば必ず成果という還元が来ます。
これが自然の法則なのです。
成功者はこれを知っています。

還元からはエネルギーを生まない

先に楽な方に力を向ければ向けるほど
これも自然の法則で望まない酸化(負荷)が追ってきます。

これに、はまることは負のスパイラルに入ってしまうことです。
先に楽を選ぶのか苦を選ぶのか
エネルギーが変わるのです。
それでも先に楽な方から選びますか?