酸化というエネルギー

困難や逆境があればあるほど乗り越えた時の喜びが大きい

酸化と還元の落差があればあるほど
喜びが大きいことを知ると酸化があってこそ面白い生き方が出来ると考えられるのです。

酸化をどう捉えるのか。そこが重要!

酸化をエネルギーと捉えると引き寄せます。

私たちの身体は原子の集合体で
陽子(+)は意思、潜在的意識、潜在的願望です。
中性子(+-)は意識、顕在意識です。
電子(-)は現象を創ります。

全部自分で引き寄せている

今の自分、現状、人間関係、仕事も全て
自分が引き寄せたのです。
目に見える現象、物質は素粒子(電子)の集まりです。
街や建物、家、人や物も素粒子(電子)です。

「こうなれば便利なのに」
「こんな物があったら楽なのに」
「これが実現したら良くなる」
これは誰かの意思『酸化(+)』から始まって現実に出来上がっています。
良い例が
今持っているスマホも10数年前はスティーブンジョブズの頭の中にあったのです。
彼は酸化の塊で『エネルギーの塊』でした。
目標を成し遂げても満足しません。理解を得られず
仲間たちからも孤立し会社から追い出されます。
しかし数年後、やっぱり彼が正しかったことに
みんなが気づきAppleに復帰します。
でも酸化というエネルギーも上手く使わないと病気になってしまいます。
彼も最後に自分の体を大事にしなかったことを後悔して亡くなっていきました。