ここにも「ゆらぎ」の法則が ピンチがチャンスになる瞬間

映画やドラマで感動するのは

シーンの中で必ず
良い人と悪い人が登場します。
また、最終的に仲が良くなる人同士は

最初は仲が悪いところから始まって次第に打ち解け、仲良くなります。
その二人が仲が良くなる過程に「ゆらぎ」が入れられています。

主人公にも低迷した時期があったり、良い時期があったり
酸化と還元の繰り返しで段々良い方向に向かうように創られています。

また真面目なシーンの中に「あそび」もあります。
おっちょこちょいな人が登場して笑いも入ります。
ずっと真面目なシーンが続くと疲れてしまいますから。

テレビやドラマの中にも、こうした
相対の法則
酸化、還元の法則
段階の法則
相似の法則
を観ることが出来ます。

楽しく生きるのであれば

そのままこれを受け入れて生きることですね。
必ず良くなるきっかけは酸化からだということも
見逃せません。