思いは伝わるのか?

それを検証し実証していくのが
日本セルフケアゆらぎ学会です。
『癒し、治癒力とは身体が本来持つ気づきであり「ゆらぎ」である』

触れるだけ(手当て)で楽になる。痛みが軽減する。癒されるということが
『心から相手を思うこと』で「ゆらぎ」を起こすことができるのか。
治療の原点の手当てが「思い」と関係するのか?

【検証事例】まずはアンケート

施術者が被験者の体に触れる際、(施術中)
施術者自身が何を考えているか(気持ち)、
または身体の状態によって、
施術者の手から、どう感じるのかを
被験者の状態と感想を参考に検証します。

施術者が…

1.被験者の要望に対し集中して施術をおこなう。
または会話して受け応えしながら施術する。

2.全く考えず(他ごとを考え)手だけを動かす、作業的におこなう。
または会話もほとんどせず、ラジオまたはテレビを見ながら施術する。

3.YouTubeでの不快だと感じる映像やニュースを観ながら施術する。(被験者には分からないように)施術者を酸化させた状態で

これを聞いて、どう答えますか

1はっきり分かると思う
2分かると思う
3多少は分かると思う
4違いはないと思う
これだけでもいいのでアンケート1,000名集めたいと思います。そこから

実際に受けてみたい方募集

100名募集します。今のところ私1人ですので
問題点もいろいろありますが
そこはゆらぎ的概念で考えてやれば必ず良い方向に行くと思います。

○技術的なレベルは変わらなくても、1.2.3の違いがあるのか、被験者に伝わるかの検証することと
体に触れて
○施術者の心(その時考えること、状態)が被験者に伝わるのかという検証です。

お互い(施術者と被験者)の思いがいかに大事なのか検証

実際に自然治癒力というのは
本人の本来持っている能力であることと
施術者はそれをどう引き出すのかと考えます。
そして体が楽になる、良くなる、治癒力が高まる時に
体で何が起きているのかをゆらぎ的概念と照らし合わせ立証していきます。

施術者、被験者は基本的にボランティアでおこないます。
協力したいという施術者と被験者を募集いたします。