一般社団法人マザーハンドプルーフ     日本セルフケアゆらぎ学会 発足

一般社団法人マザーハンドプルーフ 日本セルフケアゆらぎ学会

科学の原理原則「ゆらぎ」的概念で
自他共に、心身共に健康になれるのか
子育てに活かせるのか
人間関係、家族関係、夫婦関係が円滑になれるのか
これらを実証、検証していくことを目的に設立されました。

マザーハンドプルーフの原点

世界の至る国にある「おまじない」
お母さんの手が持つ力「痛いの痛いの飛んでいけ」や
治療の原点の「手当て」に「ゆらぎ」という概念があることを証明(プルーフ)していきます。

「ゆらぎ」とは、全てを生み出す働きである

科学の法則と照らし合わせ立証していき、
誰でも理解して、生活に活かせるようなコンテンツづくりを行い、
これらの情報発信を行います。

これらのの活動を行い、検証、立証、実証、証明していき、
実例を定期的に論文を作成し公表します。

『研究員募集』

これらに協力してくれる方を募ります。
施術者として、被験者として、アドバイザーとして
参加してくれる方を募集します。
・募集要項
1.年齢性別問わず検証、立証に協力してくださる方
2.治療家、各種療法セラピスト、またはこれからセラピストになりたいという方
3.一般社団法人マザーハンドプルーフ 日本セルフケア学会の研究員として参加できる方
4.一部の活動を除きボランティアで活動できる方
5.当法人の指針の「ゆらぎ」という概念を理解して参加してくださる方
minamino1818hazime@gmail.com
08032877777 皆実之一(みなみのはじめ)

附帯する活動として

マザーハンドセラピスト(家族の中の心と体のセラピスト)の育成、
メンターセラピスト(指導者)の育成を通じ
自立型健康志向の世の中を目指します。

「ゆらぎ」という概念に賛同していただける法人、団体、社団法人等との協力、連携や関連するサービス等の提携。