酸化を日常に置き換えると

満たされない。不安。不安定。逆境。 困難。足りないなどですが、
それらを解消できたことが還元になります。
 

相対 2つの異なるもの

酸化と還元
吸引と反発
昼と夜
負と正
悪と善
不安と安心
不便と便利
不満と満足
不快と快適
苦と楽
遅いと早い
緊張とリラックス
(+)と(−)
陰と陽
失敗と成功
病気と健康
自分と他人
男と女など
全て二つ相対から新しいものが生まれ
世の中は相対で出来ているのです。

すべて「ゆらぎ」という概念で進化している

異なるもの同士から新しい何かに生まれるのは
相対が
「交わり」「繰り返す」「比較」によって「ゆらぎ」が働きます。

交わるから浸しい仲になり
繰り返すから成長し、比較するから頑張れます。
片側だけでは何も生まれないのです。

相対があるから
病気をして健康のありがたさを感じられて、感謝が生まれます。
感じの悪い人との出会いで、良い人の出会いが大きな喜びになります。
失敗があるから成功の質も高まり、より良いものが生まれます。
間違いがあるから、正しさが明確になります。
悔しい、苦しい思いをするから、人は努力しようと頑張れるのであって
酸化から「ゆらぎ」が働き喜びを得られるのです。

ただキツいだけ、しんどい、疲れるだけでは続きません。
でも、そこに「酸化を還元」した喜びで「ゆらぎ」が働き
次の酸化に向かいます。
この道理が「ゆらぎ」という概念の子育てです。