五情の怒り、喜び、憂い、悲しみ、恐れは酸化という科学反応


私は
五臓(五つの臓器)と五情(五つの感情)の関係なんてよく理解してませんでした。
怒り💢肝臓
喜び✨心臓
憂い🌧脾臓、膵臓
悲しみ💦肺
恐れ😱腎臓
なんのこと⁉️そう思われた方も多いでしょう。

しかし感情(心)が臓器(体、物質)に与える影響は量子論が理解出来れば答えは簡単です。

五情の怒るから、悲しむから、恐れるから得られるものがあれば、逆に失ってしまうものもあります。
五臓はどっちも備えているのです。

すべてをエネルギーに変えてしまう力を持っているのが全知全能である五つの臓器なのです。

これこそが酸化するから還元出来る。量子論の酸化と還元の法則そのものです。
マザーハンドプルーフでは日常で起こる出来事、人間関係や仕事の問題を酸化と還元に置き換えて、再現性のある科学の法則で考えて問題解決できるスキルを身につけるセミナー、講習を行なっています。

五情の怒り、喜び、憂い、悲しみ、恐れは酸化と捉えれば、必ず還元に向かう
ことができます。

恐れは無意味にビクビクすると取越し苦労をして心が疲れてしまいますが、
大きなことを成し遂げた人ほどビビりだと言います。

大業を成し遂げたビビり代表は天下人徳川家康です。
自らを臆病者と公言するほどのビビりだったのは有名です。
もし徳川家康が度胸が有って命知らずだったら、徳川家は存続していません。
五情をエネルギーに換えて酸化を還元に引きかえできるのです。

続きはまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。