「ゆらぎ」という概念で健康になれる?

量子力学で自然治癒力を最大に高める健康法


https://goo.gl/tKTaoFアマゾンKindle出版
よく「ゆらぎ」という概念で健康になれるのですか?という質問を受けます。
私は即答で自信満々「ハイっ!間違いなくなれます」と答えます。

「健康」という漢字は日本で出来た造語

元々は中国の、心が康らかなれば体も健やか…の漢文
「健体康心」が日本で省略されて「健康」になりました。
大事な心と体を抜いてしまったのは大誤算です。
だから心はさておき、片方の体だけに着目した
健康法、各種療法が一般的になってしまったのです。

心と体はつながっていて一対(いっつい)です。
しかし、体を扱う最高の資格の医師も
一部の医師を除いて、ほとんどが心について
あまり重視していないのが現状です。

性格習慣病

しかし、現代になって心に向けられるようになり
病気は生活習慣が3割(食、動、休)で、あとの7割が考え方、心が原因
といわれ出しました。
中には99%病気は心から起因している。という医師もいます。
「だったら、どう考えたらいいの?」
それが「ゆらぎ」という概念を持つことです。
パソコンを人に例えます。

パソコンはWindowsやAppleなどのOS(オペレーティングシステム)を搭載していないと
起動しないし、各ソフトも使えません。

自分を大事にする「ゆるし」という「ゆらぎ」


パソコンでいうOSにあたるものが

「ゆらぎ」という概念です。

「ゆらぎ」という概念で捉えると
見えているところが全てだと思っていたことが
そうではなく見えていないところ
豊かに生きられるヒントを見つけることができようになり
気づき、閃きがどんどん湧いてくるようになるのです。

そんな内容になっています。https://goo.gl/tKTaoFアマゾンKindle出版
『量子力学で自然治癒力を最大に高める健康法』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。