「ゆらぎ」という概念をどう生活に活かす⁉️


全ての現象や、ものは

「ゆらぎ」から出来ています。

それが法則です。
・相対の法則
・酸化、還元の法則
・段階の原理原則
・相似理論

これが「ゆらぎ」です。

だからなんなの?と言われそうですが(⌒-⌒; )

「ゆらぎ」という概念を生活にどう活かすのか?

例えば
仕事も人間関係も悩みはつきません。
特に夫婦関係は思い通りには、いかないものですよね。
ここで、全てには「ゆらぎ」があると考えたとします。

夫婦は男女一対の相対です。
人間関係も自分と他人が有ってですし
上手くいく時も、上手くいかない時もあります。
経済も、ものの売り買いです。
全部、相対です。
これらの相対が繰り返し、交わり動いています。
片方だけでは動いていないし「ゆらぎ」が無いと同じことなのです。

上手くいかないことが続くと誰でも腐ります。
科学で例えると酸化です。
でも酸化が無いと還元もありません。

暑い日に外で汗だくで仕事をしていたとします。
休憩の時、クーラーの効いた喫茶店に入った時の
ことを想像してください。
酸化が強いほど還元も強いことが分かりますよね。
かといって、還元と言えるクーラーの効いたところ一日中いると
かえって体がだるくなり酸化します。

ずっと酸化も、ずっと還元もないのです。

このことから、

相対のどちらかを選ぶとしたら

酸化を選び、あとから還元があった方
喜びも大きいことが理解できます。
酸化は還元と引き換えにできるのです。

根性論では無く物理的法則から考えても
当然の理(ことわり)ですよね。

でも、これがなかなか実行に移せないのが現実です。
そんなとき

「ゆらぎ」という概念で捉えてみましょう。

すべてのもの、現象には相対があって
それらが交わり、繰り返し
何かが生まれ、気づき、閃き、変わる
こうしてステップアップしていきます。
みんな同じ動き、働きをしています。

これが「ゆらぎ」です。

「ゆらぎ」という概念で捉えると
見えているところが全てだと思っていたことが
そうではなく見えていないところ
豊かに生きられるヒントを見つけることができて
気づき、閃きがどんどん湧いてくるようになります。